« お久しぶりです! | トップページ | MKB »

2008年3月26日 (水)

思考の浄化

最近また改めて、命の大切さというものについて考えさせられることがいろいろありました。
それに関連して、こないだJさんに借りて読んだ手塚治虫の「ブッダ」より、心に響いた段落を転載したいと思います。



「おまえたち鹿よ おまえたちは自分が生きていくために」「自分のことの心配しかしていない だけどそれはまちがいなのだ 自分が生きていくためには」
 「他人が生きていく手伝いもしてやりなさい」
 「それがきっと自分の一生にむくいられてくるはずだ」


 「鹿のなやみは猟師に追われることだ」「では人間のなやみは?」
 「それは病気のなやみ お金のなやみ 肉親のなやみ 仕事のなやみ」
 「いろいろあるけどそれはみんな」「鼻でかいだり」
 「味わったり」
 「ふれたり」
 「見たり聞いたりして起こるなやみだろう」
 「このわざわいからのがれるには 八つの正しい方法がある」「それは正しく見 正しく思い 正しく話し 正しい仕事をし 正しくくらし 正しくつとめ 正しく祈り 正しい生涯を送ることだ」



 「どんな仕事をしていようと」「どういう身分であろうと」「悟ることができるのだ いつもつぎのことを考えなさい」
 「いま 自分は何をしているのか」「自分のしていることは自分にとって大事なことなのか」「人にとって大事なことなのか」「そして大勢の人にとって大事なことなのか!」
 「国じゅうの人にとって大事なことなのか」
 「世界の人にとって大事なことなのか」
 「この自然にとって あらゆる生きものにとって 大事なことなのかよく考えなさい」
 「そして もしそうでないと思ったらやめるがよい」「なぜならこの世のものはみんなひとつにつながっているからだよ」



そしてもう一つ、私の心のバイブル、あるお坊さんのサイトから気に入った言葉を。
http://www.hpmix.com/home/sourumeito/E27.htm


一生の終わりに残るものは、集めたものではなく、与えたものである。
あなたは何を与えられましたか?
生涯に残るものを与えられたことでしょう。
では、あなたはこれから何を与えますか?



自分は正しく生きているだろうか。
自分のしていることは「大事なこと」なのだろうか。
自分はこれから何を与えて行けるだろうか。

毎日が勉強であり、実践でもありますね。






今日のおまけは、もう有名すぎる映像ですが、スティーブジョブスとセヴァンスズキの伝説のスピーチ。

「ブッダ」やお坊さんの言葉と同様、時々見て、思考の浄化をしています。

Have the courage to follow your heart and intuition.

この春卒業のKちゃんにも、ジョブスの言葉をプレゼントしたいなあ。

|

« お久しぶりです! | トップページ | MKB »

コメント

中学生の頃にやはり手塚治虫のブッダを読み、

「このわざわいからのがれるには 八つの正しい方法がある」「それは正しく見 正しく思い 正しく話し 正しい仕事をし 正しくくらし 正しくつとめ 正しく祈り 正しい生涯を送ることだ」

の台詞に感銘を受けました。
もちろん、理想と現実はちがうけど、
自分もこのように生きたいといつも思っています。

Yねえ。先日はメッセージありがとうございました。

投稿: hof | 2008年3月27日 (木) 21時35分

いろいろと忙しそうで、きっとお疲れだよね。変化のとき・・ドキドキしながら発表を待ってるよ〜。
そしていつも一生懸命に自分のことや周りのみんなのことを考えているYちゃんの心を揺さぶらせることもあったみたいで・・、心配しています。
がんばりすぎずにねー。
美味しいもの食べてボンヤリしてね。

投稿: A | 2008年3月28日 (金) 09時08分

私のブログでも紹介しましたが、
是非「モリー先生との火曜日」を読んでみてください。
あ・・・でも、アメリカだとなかなか入手が難しいですね。。。原著で読んでみてもいいかもしれません。

彼の言葉で、
「自分が人にあげられるものを提供すること 」
というのがあって
私も考えさせられました。

簡単なようで、とても難しいことだと思います。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2008年3月31日 (月) 05時25分

Yさん、こんばんは。お忙しいのにコメントを残してくださってどうもありがとう。
私も、ふと自分の生き方に色々と思う事がありますヨ。ぶっちゃけた話、人間ってまず自分の事を一番に考えますよね。でも、それと同じに他人の事も思えるようにならないとね。。。って、それはいつも胸においてますけど、実際どうよ?って考え込んでしまったり。
Yさんのところへ伺うと、色々と改めて勉強させていただきます。ほんとに。こう言う気持ちは、犬猫に対しても同じですよね。

投稿: ユキティ | 2008年3月31日 (月) 09時25分

★hofどの〜

いえー、hofどのなんて、まさにこの八つの方法を実践している人だと思いますよ!
だからこそ、たくさんの人に慕われるんだと思います。

でも、現実の世界は難しいというのもわかる気がする。
競争的社会にいると特にね。
私も凹んだ時はこの八つの方法を思い出して、「とにかく自分が正しいと思ったことをしよう」「相手が正しいと思ってやっていることを理解しよう」と努めてます。

人にはいろんな価値観があるもんね。
個々人の「正しい」がなるべくうまく摺り合わせられる社会が健全で生産的な社会なんだと思います。

★Aちゃん

美味しい物食べてボンヤリ。。。
うーん、さすがAちゃんだなあ!
Aちゃんの励ましのおお言葉、いつも本当に救われてるよ。
本当にありがとうね。

私はなんていうか、悲しい思いをしている人が近くにいると、すごくpersonalにとらえてしまうというか、ああこんなに悲しい人がいるのに笑えないなあ、って、なんかいてもたってもいられない気持ちになるんだよね。あくまで職場とかでのことだから、むしろ私達外野は笑って接してあげてる方がいいんだと思うけど、そうすることに罪悪感というか違和感を覚えてしまって、自分も辛くなるのよね。

そういうの、みんなはどう処理してるんだろうなあ。

とにかく、美味しいもの食べてボンヤリするね〜。
そう言えば先週末はWhole Foodsで奇妙なフルーツなんかをいっぱい買い出しして、楽しかった&おいしかったよ!


★Sもちさん

ブログ見た見たー!


「自分が人にあげられるものを提供すること 」

英語にしたら

「know how to give what you can give yourself」

となるのかな。

「いかに死ぬかを学べば、いかに生きるかも学べるんだよ」

という一文も印象的でした。
是非、こっちで探して読んでみようと思います!
Sもちさんにもいつも刺激をもらってるなあ。
本当にありがとうね。

そういえばこないだT先生から新年会の写真見せてもらったよー。
Sもちさんも発見!
Indyちゃんがすごく大きくてびっくりしました。
しかしT先生、はなまるマーケットデビューだなんて、すごいね!(阿川さんとはどういう知り合いなんだっけ?)


★ユキティさん

いえいえ、ユキティさんこそ、お忙しい時にありがとうございます!
オーガニックフェスタ、私も東京にいたら行くのになあ!

最近あったいろいろのうち、一つはペットの不幸も含まれます。この子が無事やって来たら、ユキティさんのおやつを是非お祝いに!と思ってたのに、、、命というのは本当にはかないです。

人生、まずは自分のことをしっかり考えて行動しないといけませんが、自分を支えてくれている人達、犬猫達(^^)のことも十分配慮できてこそ、初めて達成感が得られるんじゃないかなあと思います。

そういう意味で、ユキティさんこそ私の目標ですぅー!
いつもブログを拝見してて思うのですが、ユキティさんの、ご主人さまやバービーちゃんハウディちゃん、虹の橋のリバティちゃんへのたゆまぬ愛情を感じます。それでいてご自身のビジネスも頑張ってらっしゃる。本当にかっこいいです!

投稿: 飼い主Y | 2008年4月 5日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お久しぶりです! | トップページ | MKB »