« Painting disasterと嬉しいバレンタイン | トップページ | お久しぶりです! »

2008年2月29日 (金)

バンバン血液検査結果

バンバンの血検の結果が返って来ました。

>体重の変化と合わせて、血液検査も変化の中で評価しましょう。

という獣医Tちゃんのお言葉を肝に銘じつつ、過去2年分のデータと一緒に一挙公開!(クリックでもう少し大きくなります)

Banban_bloodworklog022108

今回のは太字の列、2.21.08のところを見て下さいね〜。

心配してた肝臓の数値は良好。
しかしビタミンB12が低かったのでまた皮下注での補充療法(背中にブスッ)を再開することにしました。

こちらが昨日もらって来たお薬たち。Imgp1120

かわいい袋でしょ〜?
B12は週1回を4週の後、月1回を2回で計6本。70ドルなり。
もう一つ右の袋はステロイド(prednisolone)の錠剤でこちらは14ドル。今は4分の1錠(1.25 mg)を1−2日に1回(バンウンの状態を見ながら加減してます)、これで数ヶ月はもつはずです。

これは何ニャとチェックに余念のないバンバン(かわいい〜♪)

Imgp1126

あと、トリグリが高いと出たので低脂肪食を勧められたのですが、折角Hill'sのSensitive Stomachでコントロールできてるので(ここに至るまで、Hill'sのrd、wd、ユーカヌバのlow residue、ウォルサムの消化器サポート、ロイヤルカナンのセンシィティビティーVRなど、いずれもお腹に合わず、敗北してったフードは数知れず)、今から何かに変えるのってすごく抵抗があります。でも、トリグリのここ2回の劇的な変化は無視するわけにはいかず、、、

M先生曰く、空腹時のデータを見ないとどれぐらいシビアなのかわからないけど、高TGは(いくらコレステロールが低くても)neurologicな症状につながることもあるからとのこと。かと言ってこれぞという至適フードがあるわけでもなく、、、先生も私も頭を悩ませている状態です。

ご存知のように、Hill'sのSensitive Stomachは処方食でもない普通のペットショップで手に入るごはんですが、Hill'sさん、高くてもいいからSensitive Stomachの低脂肪バージョン作ってくれないかしら?


さて、もう一つ、今日は先日Y実家から送られて来た救援物資も一挙公開しちゃおうと思いますー。

まず箱の乗り心地を検証するバンバンとImgp0983

文旦以外にもこんなにたくさん贈ってもらいましたーの図!Pict0182

遅ればせながらの母からのクリスマスプレゼントも〜。Pict0181

私がここで何度も「風邪引きました」とぼやいてるのを見て、「風邪予防はまず防寒から」とあったか裏起毛の下着セットを贈ってくれました。

お母さん、本当にありがとう!靴用カイロも一緒に早速大活躍しゆうでー。

F氏用にはごはんの友グッズ(海苔、ふりかけなど)Pict0175

バンバン用の浄水器もリクエストしちゃいましたー。
小夏羊羹はわが故郷の銘菓です。Pict0184


バンバン用の?かつおぶしやお餅もおいしく頂いてまーす。Pict0180

かわいいネコグッズも「おおー!」と絶叫してしまいました。
あ、でもこのカレンダーは丁度全く同じ物をバンバンの前の飼い主さんから頂戴したんですよね。嬉しい偶然!なのでこちらは家と職場で使用・和ませてもらってます〜。Pict0183


こちらは前回のエントリでバンバンがおざぶにしていた「ワンニャンHOTマット」。

Pict0186

なんでもNASAのハイテク技術を使用して、電気いらずでニャンコの体を温めてくれるそうなんですー。Pict0187

S兄さんからは我が実家のヤングコンビ、Qちゃんぽぽちゃんの写真も頂きましたよー。

こちらがQちゃんP10400101

こちらはぽぽちゃんP10400111

仲良し姉妹はすくすく元気に成長したようです。
特にQちゃんとは6月に帰省した時いっぱい遊んで仲良しになったんだけど、まだ私のこと覚えてくれてるかなあ。

あと、こんなネコバカ写真も!
実家で新しくネコドアを設置したそうなのですが、勝手口にこんな立派なネコドアをビルドイン!
これは工事も随分な手間だったんじゃないでしょうか〜?P10400041 P10400051


うちの父やS兄さんなら簡単な日曜大工はお手の物だと思うのですが、このネコドアはさすがにプロに任せたのかなあ?
だとしたらほんまにネコバカやでー。笑


いやいや、本当に、こんなにもたくさんの日本の風。高知の味。
どうもありがとうございましたっ。


あとこちらはなんとF氏に教えてもらったYoutube、2月22日猫の日特集でーす。
「頂戴をするネコ」に大爆笑!
めっちゃかわいい!癒されますよぉ〜♪

|

« Painting disasterと嬉しいバレンタイン | トップページ | お久しぶりです! »

コメント

Y先生
バンバンのデータすごいですね!!!人間並み!
うちの猫&犬たちも実家から車で45分の隣々々々々町の有名な病院まで、通っているのですが、うん○や吐○を持参すると、顕微鏡で覗いて
「○○ちゃんの腸は、脂肪をまったく吸収していないみたいですねー」
「○○ちゃんの胃には菌がいて、消化が出来ずに胃もたれしているみたいですねー(ヘリコか??)」などなど、言われてきます。
なんと言ってもバカにならないのが お薬代!ガズモチン エクセラーゼ やら ニトロペン、抗不安薬まで出されているんですよぉ!そして、母はすぐ薬が無くなるので、毎週のように通っています。。。
 そして思わず反応してしまったのは Hill’sのwd です!(緑色)
実家にもあります!下痢をする犬&猫に、よく勧められていますね。
猫は 腎臓の悪い子 wd 老猫用 の3種類。でも、本当に猫も十猫十色。
シャーと下○をしてお尻にくっつき足跡ならぬ、うん○跡とつけてくれる子(長毛)、
カーテンレールの上から嘔吐してくれる子、(実家は中世ヨーロッパではありません)
膀胱炎を起こして砂が固まらないおしっこをする子。。。

 あと、ご実家からの荷物!すごい!
(美味しそう★★★)主人と、いいなぁ~、いいなぁ~と連呼してしまいました。
四国はお餅丸いんですね!主人(山口県出身)も「お餅は丸いよー」と言っています。
私、丸いのは、大福だけだと思っていました!
NASAのマットも、ロフトのペットショップでみかけましたー。
 
 なんだか、いつも思うのですが、先生のお家は日本以上に日本らしいですね!素敵です★

投稿: ねばねば | 2008年3月 1日 (土) 05時26分

こんばんは〜。バンちゃんも色々と手がかかる子ですから、苦 Yさんも大変でしょうけど、でも我が家でもあちこち手のかかる子が居るので、親近感と言うか。苦 バービーも、日本へ来てから今まで処方されてたお薬が日本でまだ認可されてないとか、治療法も微妙に違うので「お国変われば・・・」悩む事ばかりです。が、どうにかこうにか良い方向へ・・・それだけです。バンちゃんも、一生懸命なママに感謝しましょうね〜。日本からの贈り物って、開ける前からわくわくして、玉手箱を開ける様な気分ですよね♪

投稿: ユキティ | 2008年3月 1日 (土) 07時11分

いつもいつも、バンバン姫の健康管理をしている飼い主Y先生にはとても感心させられています。これまでも本当にいろいろ試行錯誤されてきた様子はバンバンへの大きな愛を感じます。きっとまた良い方向へ行くと信じています。

日本からの贈り物、本当に宝箱みたいですね!
文旦大好きです!
場所柄か日本の物も購入出来るものが多いのですが、さすがに文旦はまだ見た事がありません。私も日本からの贈り物にはテンションがあがります!日本の匂いも入っている気がしますよね。

投稿: 飼い主Y先生へ | 2008年3月 7日 (金) 18時23分

ごめんなさい。↑名前の入力を間違えてしまいました。。(照)

投稿: MarK | 2008年3月 7日 (金) 18時26分

さらに、書き忘れましたが、「頂戴をする猫」カメラ目線が何とも言えません!!

投稿: MarK | 2008年3月 7日 (金) 18時28分

★ねばねばちゃん

お返事遅くなってしまいました。
ねばねばちゃんちも、お母さん、献身的にお世話なさってるんだね〜。
ココちゃんももりもりご飯食べて頑張っていますか?

バンバンは、うんP・しっこの検査はしてもらったけど、吐瀉物を見てもらったことはないです。wdは本来は軽度肥満猫のための体重管理用の食餌だそうで(脂肪分が少なく繊維質が多い)大腸に問題のあるIBD猫には効果が期待できるそうだけど、
http://www.geocities.jp/felineibd2003/mypage4meal.htm
バンバンは恐らく小腸性のIBDのようで、wdは効果がなかったです(うんPの量が多くなり、しばらくしたら血便が!不溶性の繊維質が腸を刺激し過ぎたのかしらねえ)。

十ニャン十色、本当にその通りです。
しかしお薬いっぱい処方されてるんだねー。ワンニャンへの投薬は結構大変だと思うけど、お母様はどうされてるのかしら?
うちはいろいろ試した結果、錠剤をクラッシュしてウェットフードに混ぜるのが一番怪しまれず、効果的です。
ビタミンB12の皮下注も毎週土曜日にブスッとやってますよ〜。すぐ終わるし痛くもないみたいで、週1ぐらいなら苦にならないです。とは言いつつも、毎回ブスッとやる時はF氏と二人、すごく緊張してるけどねー。大事なバンバンの体に針を入れるのは、やっぱりちょっと抵抗がありますね。

そうそう、高知のお餅は丸いです!
今回もらったのは市販のものだけど、昔は祖父母の手作りのお餅以外は食べたことがありませんでした。
冬の夕方になると、きまって祖父が「餅食わんかよ」と、焼いておやつに出してくれてたなあ。お餅つきのお手伝いもすっごく楽しかったです!

NASAのマットは私もちょこっと使ってみましたー 笑。
じんわり温かくなって、いいですよ。
今はバンバンのお昼寝スポット(キッチンの日当たりのいい場所)に置いてあげてます。こっちはまだあと1ヶ月は寒いので、マットに頑張ってもらわねば!

ねばねばちゃんももうすぐ旅行の春、到来ですね!
また、様子を教えて下さぁ〜い♪

★ユキティさん

遅くなりましたが、お誕生日おめでとうございます!
バタバタしておりまして、なかなかそちらに伺えず、すみません。。。でも密かにバービーちゃんのバースデーケーキに悶絶しておりました〜。バレンタインのケーキも凄すぎて・・・こちらも夫と二人で悶絶。ご主人様は本当に幸せ者です!!!

お薬、日本で認可されてないんですかあ。。。アレルギーは自分に合った治療法を見つけるのが一番、というか、逆にそこに辿り着くまでが大変だと伺ってます。バービーちゃんも、ジャパンで一日も早く、自分に合った治療法が見つかるといいですね。

日本からの贈りものは玉手箱。
確かに仰るとおりですね!
ユキティさんの名言だなあと思います。


★Markちゃん

お返事遅くなってごめんね〜。

今はこんなにバンバン健康おたくな私ですが、バンバンが調子を崩す前までは(2006年春)、決して良い飼い主ではありませんでした。長期で家を空けたりしたこともあったし(もちろんキャットシットはお願いしましたが)、血液検査なんて5年ぶり(バンバンをもらってすぐにやって以来)。アメリカに引っ越して体重計がなかったのをいいことに、半年間バンバンの体重すらはかってなかったのよね。。。2005年10月から2006年2月の間に2ポンド近く体重が落ちてたのに、それに気づかなかった自分に猛省。。。

獣医Tちゃんに「健康管理はまずは食事量と体重をしっかりモニターすること」「老猫は半年に1回、最低でも1年に1回は健診を」とのお言葉を頂き、以来励行しています。

病気から教わることって本当に大きいよね。病院やお薬を頑張るバンバンの姿にも本当に多くの勇気を与えてもらってます。

Markちゃんも文旦好きなんだね!
昔はうちの実家でも作ってたんだけど、祖父が他界して以来やめてしまい、、、今は親戚のおじさんが作ってるのをわけてもらってます。まだちょっと寒い文旦畑(山)に登って、とり立ての文旦を木の下でパクパク食べるのが最高ですね!あと、家では文旦をまるごと剥いて(一房ずつ)、ボウルにてんこ盛りにしてからパクパク食べる、というのも気に入ってやってました。何でも食べるの遅い私ですが、文旦だけは誰にも負けない自信あり!F氏にも毎回「はっやー!」と驚かれてたよ 笑。あと、文旦に限らず、スーパーとかで「美味しい柑橘類」(熟れててジューシーなやつ)を選ばせても私の右に出る人はそうそういないと思います!笑

でも、西海岸にもさすがに文旦はないんだ〜。
私達も今年の分はもう食べきってしまったけど、来年良かったらお裾分けしましょうか〜?

それで思い出したけど、一度こっちのコリアンマーケットで、文旦を更に一回り大きくしたような、もう、バスケのボールぐらいにそれはそれは大きなミカンを見たことがあります。あれは一体何だったんだろう?怖くて手が出なかったけど、今度見かけたら買ってみようかな。


頂戴猫のチェリーちゃん。ホントこのおねだり目線はやばいですぅ〜!バンバンも缶詰を開けてる時とか、F氏と遊んでる時とかによくこういうかわいこちゃん〜悩殺目線〜になってます。私も真似したいけど、到底無理だわぁ〜♪汗

投稿: 飼い主Y | 2008年3月17日 (月) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Painting disasterと嬉しいバレンタイン | トップページ | お久しぶりです! »