« 里帰りの思い出1(郷愁編) | トップページ | 里帰りの思い出2(名曲編) »

2007年7月17日 (火)

地震

先日お天気バーを設置したばかりのバンバンブログですが、F氏に「いいでしょいいでしょ?」と見せていたら、なんと、

新潟、長野で震度6強

のテロップが!!!

こちらの日曜夜だったので、早速福井の実家や、柏崎に親戚のおられるIkukoさんに連絡。皆さん無事でホッとしましたが、柏崎のお宅は家具が倒れたりして滅茶苦茶らしいです。被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

あと、うちのボスも心配してましたが、原発の事故。微量とはいえ放射能が漏れたという発表に背筋が凍る思いです。「日本は建物をしっかり建ててるから大丈夫なんだろ?」とボスに聞かれましたが、「うーん、、、」必ずしもそう胸を張って言えるYではなかったですね。

コネチカは、地元民に言わせると「全米一自然災害の少ない州」らしくて、地震はもちろん、竜巻もハリケーンもありません。雪害も雪の量が大したことないから無視できる程度。まあ、文句を言うとしたら「冬がただただ寒い」ということぐらいでしょうか。

日本では高知に18年、東京・千葉に12年住んでた私。アメリカに来てから(ダラス含む)「地震の心配をしなくてすむのはなんて楽なんだろう」と、つくづく感じましたね。F氏も京都で阪神大震災を体験して以来敏感になったそうで、日本時代ちょっとでも揺れようものならすぐさま「大丈夫?」とメールや電話くれてました。一緒にいた友達に「すごいねえ!」と感心?されてたっけ?

ちなみにバンバンは、サンダーストームは予知できるのですが(10分前には流しの下に隠れます 笑)地震はダメでしたね〜。一度千葉で震度5を一緒に体験したのですが、揺れるまで爆睡でしたもん。ぐらぐら揺れてビックリしたみたいで(もちろんYもビックリ)二人でオロオロしてましたね。その時はちょっと物が落ちたぐらいですみましたが、うちのマンションは海からすぐだったので、1階だし津波でも来たらどうしよう?バンバンをキャリアーに入れてダッシュで逃げるのか、いや、キャリアーだと機動力に劣るからネコリュックみたいなのを買うか、いやいやいや、果たしてうちの姫がそんなのに入ってくれるだろうか?などと、いろいろ頭を悩ませてました。

どうか皆様。
ネコ飼いの皆様も、そうでない皆様も、災害にはくれぐれも備えておいて下さいね。

ちなみに私は、東京時代に準備した「避難用非常袋」をダラスにもコネチカにも持って来てます!キャンプの時とかこのまま持って行けたりもするので便利ですよ!アメリカではなかなか手に入らない「軍手」もここに入っていて重宝しました!

|

« 里帰りの思い出1(郷愁編) | トップページ | 里帰りの思い出2(名曲編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里帰りの思い出1(郷愁編) | トップページ | 里帰りの思い出2(名曲編) »