« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

ぶらぶら散歩

今回は、我が家のご近所、ぶらぶら散歩コースをご紹介します。

まず出発して3分後。
湖(というか、クリーク)に出ました。Pict4458

 

目指すはここ!この山(というか、丘)の頂上です。Pict4459

 

そこから公園を経由してPict4460

 

カヤッキングを楽しむ人を横目に見ながらPict4461

 

いざ頂上まで!Pict4463

 

ここ、車では何度も上ったことあったのですが、歩きは初めて。日頃運動不足のFYにはちょっと厳しいかなあと想像してたのですが、これがどっこい。意外と勾配も緩いし、距離も適度。森林浴しながらひっじょーに快適なハイキングでした。

頂上からの眺め。我が家はこの真ん中ぐらいにあります!Pict4464_1

向こうに見えるビル群がNew Havenのオフィス街で、それをちょっと越えた辺りが我々の職場です。

頂上のモニュメントもパチリ。Pict4467

 

ふもとにはこんな野球場もあったりして、ここで後ほどキャッチボールを楽しんじゃいました。ベースランニングしたらもう息上がりまくり(汗)。Pict4468

 

下りはこんな崖道を降りてって

Pict4471

往復2時間のプチハイキング。
その後居酒屋で飲んだビールのおいしかったこと!(ここも我が家から2ブロックのご近所さんです)

車に乗らずにここまで楽しめるなんて、まるでアメリカじゃないみたい、ですよね!?


★そうそう、車に乗らないと言えば、、、

F氏、遂に自転車購入!

というか、購入はしてたのですがタイヤのパンクをやっと直しまして。昨日の土曜日、チャリンコで初めて職場まで往復しましたよ〜。

今まで土日は車で行ってたのですが(週末は駐車場が無料開放されるから。シャトルバスも週末はエスコートサービス(電話してdoor to doorで送ってもらう)のみになるので、何となく車の方が気軽なんですよね)、特に土曜は駐車場が混みがちなのと、あとは健康のためと、CO2削減のため(!?)

でも、いきなり帰り雨に降られたみたいで(やはり雨男か!? 笑)

傘さし運転で帰って来たみたいですが、うーん、やっぱ妻としてはシャトルを使って欲しかったなあ。

でも、こっちはチャリンコはすぐ盗まれてしまうので、F氏としても一晩置きっぱなしにしとくのが忍びなかったようです。

ならば次からは傘をやめてレインポンチョ携帯でね。
よろしく頼むニャ〜!

| | コメント (2)

2007年7月28日 (土)

トコトコ&夏はよさこい!

バンバンムービー第3弾!!!

今日はポーチに向かうバンバンをストーキングしてみました。

ただ歩いてるだけなのにこんなにかわいいなんて!!!
何回も再生しては「むふふ〜♪」となってる怪しいバ飼い主です(^^)

でもこれでAnimal Planet投稿はさすがに無理かしらね?(汗)


★今日のニュース!
高知はなんと38℃ですってね!みんな大丈夫ですか?

高知の夏と言えばよさこい祭り!
今年は私の小学校の同級生Tちゃんちのお嬢さん、Mちゃんが踊り子として参加することになりましたー(こないだの里帰りで一緒にうどんを食べたあのTちゃんご一家のお姉ちゃんです)。

チームは「上町よさこい鳴子連」
毎年優勝候補にあがる、とても練習の厳しい連のようですよ。

頑張れ、Mちゃん!
Mちゃんがきれいにお化粧してよさこいを舞う姿、オバサンも楽しみにしてるね〜!(上のリンクから去年の衣装が見られます。練習風景の写真にはMちゃんも発見!)

| | コメント (0)

2007年7月27日 (金)

ポタポタアタック

バンバンの秘蔵ムービー第2弾!

これはまだ前のアパートにいた頃のものです。

お風呂のポタポタにネコパンチしたり、はてにはがぶっと食べようとしたり。。。

これ、あんまわいかわいいので、Animal PlanetABCのAFV(Amrica's Funniest Home Videos)に投稿しようかと思ってるんですけど、どうですかねえ。

ちなみにAFVは優勝賞金ウン万ドルとか!?

以前ワンコが優勝してたのを見て俄然やる気になった私。

バンバン姫よ、一芸ビデオでエサ代稼いでおくれ〜!(できれば人間の分もよろしく♪ 笑)

| | コメント (2)

2007年7月25日 (水)

FBプロレス対決!

これ、最近の日課になってます(笑)

姫ったら、F氏が帰って来ると、私の時以上にスリスリ甘えておもむろにゴロン!「遊ぶニャ〜♪」とおねだりするんですよ。

あくまで勝負は「素手パンチング」で。
と言ってもF氏はパンチせず、もっぱらよけるのみ。
そしてバンバンの素手には「本気爪」が出ています(笑)。

「それはずるい!」とF氏は防御用にブラッシングコームを持ち出したりするのですが、そしたらバンバン、「うーーーー!」と唸って、「それは反則ニャ!素手で勝負ニャ!」と要求してきます。

よって、渋々(いや、実は嬉しい?)素手勝負のF氏。

今のところ勝負は全くの互角!

特にテレビでヤンキース戦やってる日はF氏の集中力が格段に落ちるので(笑)、そんな日は決まってバンバンのネコパンチがクリーンヒットしてますね。

そして日々右手に生傷絶えないF氏。。。

でも、毎晩スリスリゴロンされたら、それはそれは嬉しそうに勝負に臨んでますね〜。そんな二人の仲睦まじい様子に若干嫉妬すらしてしまう?(いやでも生傷は避けたい 笑)複雑な心境Yなのでした〜。

| | コメント (2)

2007年7月23日 (月)

kumakumachanより☆特集☆片頭痛

以前お話しましたが、うちは母娘3人揃っての片頭痛持ちです。
私も疲れてたり寝不足が続くと発作が起きますが、母や姉は私よりももっとひどそう。

なので今回は、片頭痛の緊急特集。

私の自慢の教え子、現役ナースkumakumachan(彼女も相当ひどい片頭痛持ちさんです)がご自身のブログでまとめてくれた情報を、kumakumachanの承諾を得まして、ここに転載させて頂きますね(#kumakumachanのブログはアクセス制限があってリンクが張れないので、転載という方法をとらせて頂きました)。

kumakumachan、本当にありがとう!!!

お母さんお姉ちゃん、その他方頭痛持ちの皆さん。
どうか参考にして下さいね!


大変おまたせしました?

今日は先月行った頭痛外来で入手した情報も含めまして片頭痛特集です。
片頭痛の方もそうでない方も、もし周りで辛い思いをしている人がいたら教えてあげてくださいね〜。

診断
画像ではわからないため、問診が中心。
片頭痛の特徴は、日常生活に影響がある。動くとガンガン響いてつらい。吐き気がする、吐いてしまう。光、音、匂いに過敏になる。など。

遺伝
母親から遺伝する率が一番高い

症状
予兆→肩凝り、生あくび
前兆→閃輝暗点(目の前にチカチカした光が出る)、片側の手足がしびれたり、一時的に動きが悪くなる、頭痛(年齢によって痛みの形が変わる)
随伴症状→嘔気、嘔吐、下痢、光や音、においなどに敏感になる。

※ちなみにkumakumachanは上記症状の下痢、音、匂い以外はすべてあるそうですが、私は下痢、音、匂い、手足のしびれはないし、吐いてしまったこともないです。でも、生あくびと閃輝暗点(というか、字が二重に見える)が始まると「ああ、来たな」という感じ。その後はもう日常生活に支障来しまくり。とにかく30分でも1時間でも横にならないと使いものになりません。発作の時はトイレにこもってただ目を閉じるか、余裕があったら家に帰って寝ます。こないだもあんまりつらかったのでバファリンを飲みましたが、効果が出るまで数時間かかりました。

発症機序
血管説→脳の血管がいったん収縮した後、急に拡張するという血管の変化が主な原因とする説。
神経説→セロトニンやサブスタンスPなどの神経炎症物質を主な原因とする説。         
その他、血管のアレルギーやウイルス、もしくはホルモン説なども。
脳の血管の構造が明らかになってきた現在、もっとも有力な説は三叉神経血管説→血管説と神経説を統合した説。

治療
予防的治療→三ヶ月毎日予防薬(薬名略)を飲む(できるだけ発作を起き難くくしたり、一回の発作の強さを弱くする)
急性期治療→高濃度酸素吸入療法(6リットル〜10リットルマスク30分くらい)、局所冷却法(外耳孔の約1cm前の皮膚の上から拍動触れる浅側頭動脈の辺りを冷やす)、薬物療法(非ステロイド系炎症鎮痛剤、エルゴタミン製剤、トリプタン製剤。欧米ではトリプタン製剤が主流で注射剤やOD錠もある)
       
性差:女性は男性の4倍の有病率。(その他血圧低い人)
年齢:10歳から40歳
誘因:暑い夏、温度差(低温→高温へ)、寝不足・寝過ぎ、生理前後(女性ホルモンが関係)、食生活(チラミンを多く含むもの→例:チョコレートや柑橘類、発酵乳製品→例:チーズ、バター、ヨーグルト、添加物の多い赤ワイン、保存料の入ったソーセージ、グルタミン酸ソーダ等の化学調味料)、血糖値の急激な変化、休日などストレスから開放された時、光・音・におい

日常生活気をつけること:お気づきの方も多いと思いますが上記誘因は言い換えれば「血管が拡張すること」と言えるかもしれません。上記誘因を増やすと発作がおきやすくなるので誘因を増やさないことが大事です。例えば夏クーラーの効いた部屋から熱い野外へ出る時は、少し体を慣らしてからとか。朝ご飯食べなかったり、一度にたくさん食べるのも良くない、小分けにしてに食べるのが良いそうです。

<片頭痛は脳梗塞の前段階のリスク>
片頭痛が起こるたびに脳の血管の周りの神経に炎症が起こって、脳の血管にダメージを与えているそうです。
何回も繰り返すと脳の血管がだんだんもろくなって脳梗塞を起こすことがわかっているそうです。片頭痛の人はふつうの脳梗塞よりも若年で発症しやすい。
→脳梗塞の予防にはトリプタン製剤
 海外の15年間のデータではトリプタン製剤を使っている人とそうでない人には明らかに脳梗塞の発症率に差がでている。
  
 トリプタン製剤はただ飲めば良いのではなく服薬時期など細かい指導をしてもらう必要があります。
 

その他、妊娠中は発作が起きないこと。kumakumachanのように光過敏の人はサングラスをするといいそうです。最近出ている薄ピンクのものがいい結果が出てるらしいです。
あと、先生とお仲間の共通意見として片頭痛の患者さんはもともと頭のいい人ときれいな方が多いそうですよ。(笑)
う〜ん。慰めでしょうか?
とにかく正しい治療をして上手に片頭痛と付き合っていきましょう〜。

☆頭痛専門医、清水俊彦先生(医学博士)の本
「頭痛くらい」で病院にへ行こう(頭痛持ちの福音書)、他 



★おまけの写真
頭痛とは全く無縁の生活をしてそうなバンバン。
姫の辞書に「睡眠不足」とか「疲労」とかいう字は果たして存在するのだろうか?(なんて、野暮な質問ですね。ごめんチャイ)

Pict4406 Pict4408

| | コメント (0)

2007年7月21日 (土)

里帰りの思い出3(ニャンコ編)

今回はネコ部全開で行きますよ〜!

まずはこの1年半のうちに虹の橋に旅立ってしまった、ミーコ、リリー、ハナちゃん、3匹の魂に祈りを捧げました。

現行メンバーも何とか把握。
すみれちゃん(7歳)を筆頭に、うーたん(男の子 縄張り闘争に巻き込まれてるのか、月1でしか帰って来ないそうです)、ドロちゃん、チビちゃん、シャムちゃん、ぽぽちゃん、Qちゃん。あと畑の小屋にめめちゃん、の計8匹。

このうち今回はドロちゃん、ぽぽちゃん、Qちゃんの3匹をご紹介します。

こちらがドロちゃん。どこからともなく現れて我が家に住み着いてしまったドロちゃんは、まるで泥棒ヒゲのような模様からその名前が付けられました。女の子なのにね(笑)。
Pict3993

普通より舌が長いみたいでなかなか口に収まらず、9割方はこの舌出しポーズ。愛嬌あるでしょ?この数日後仔猫を出産したのですが、小さい体に負担だったのか、全員死産で。。。(涙)往診の獣医さんが里親さん見つけてくれてたんですけどね。ドロちゃんもしばらく出血したりして調子が悪そうでした。幸い1週間ぐらいで復活しましたが、このままでは母体に負担がかかるからと、早々に避妊手術をすることに決定!(もうしたのかな?)なのでドロちゃんの妊婦姿はこれで見納めということになります。

一方のぽぽちゃんとQちゃんはの11月30日の記事でもご紹介した姉妹ネコ。このうちの1匹が里子に出て(さすが三毛猫は人気だ!)、キジ白模様の2匹が我が家に残留。こんなに大きくなりました!

ぽぽちゃんは最初はたんぽぽだったのですが、長いからとぽぽちゃんに。
Pict4117

Qちゃんはチョロチョロ動き回るからチョロQとあだ名がついて、これまた長いからとQちゃんになりました。
Pict4112

2匹とも避妊手術をしたばかり。私がいる間に抜糸をすることになり、先の獣医さん登場。なんと我が家の玄関先でパチパチとワイルドに抜糸です。

洗濯ネットで捕獲の後
Pict4097

母と姉に羽交い締めにされてパチパチ。ものの1ー2分で終了しました。必死の形相の2匹。かわいいですねえ〜。
Pict4094Pict4100


そして2匹ともこの後目にもとまらぬ早さで消え去ったのは言うまでもありません(笑)。ちなみに、後でご紹介するMさんちのハッピーちゃんは、やはり避妊手術の際、「自然に溶けてなくなる」吸収性の縫合糸を使ったところ、後で膿んじゃって大変なことになったそうです。ぽぽQちゃんのは非吸収性の縫合糸。パチパチもそんな負担じゃなかったから、万一の拒絶反応のことを思えば非吸収糸の方が安心かもしれませんね。

閑話休題。ニューフェイスのぽぽQちゃんはかなり人見知りするキャラでして、私に会う度パチパチされた時と同じぐらいのスピードで逃げられる始末。このままではYがかわいそう、と、「2匹と親睦を深めてもらうために」、姉が猫じゃらしを買ってきてくれました。棒の先に白い大きな羽がついてるだけのシンプルなおもちゃですが、これがQちゃんに受ける受ける!それまで私を警戒しまくってたのに、この遊びのお陰ですっかり「Yラブ」になってくれたQちゃん。2週目には、自分から「遊ぶニャ」とせがんで来るようになりました。じっと見つめてニャ〜!と言われたら、そりゃあもう〜遊ばないわけにはいきませんよね。私が帰ってからもしばらく「あれ?あの人は?」みたいに探してたそうです。「そんなにYが好きやったらスーツケースに入ってコネチカ行くかえ〜?」と言われてましたけどね。バンバンに小さな妹ができるのも面白かったかもしれない?いやでも、あの底なし仔猫パワーに果たしてバンバンはついていけただろうか?(きっと答えはNo 笑)(写真は遊び疲れて大あくびのQちゃんです)Pict4179



母の実家に行った際には、今年でなんと19歳になるハナちゃんに会えました!(生憎写真は撮れず・・・)ハナちゃんもうちから里子に行ったネコですが、とても19歳とは思えない位、元気で美人!! 私達が行くと「どうも〜」ってな具合で挨拶に来て、「それじゃ」ってな具合でゆったり自分の寝床に戻って行きました。病気知らずの元気なハナばあちゃん。20歳の大台も軽くクリアーしそうですね!

ところで、母から聞いた老猫こぼれ話を一つ。母の行きつけの美容師さんが飼ってる高齢ネコちゃん。最近風邪をこじらせたのかご飯食べないはじっと寝たきりだわ、このままだと本当に危ない、って事態になったらしいんです。万策尽きたかと思ったある日、試しにリ○ビタンDを飲ませたら、、、ペロペロと飲むわ飲むわで、、、数日で見事元気回復!完全復活を遂げたそうなんです〜。もしこの話を知ってたら、5月に亡くなった我が家のハナちゃんにも飲ませちょったにね、と、しんみりしましたが、、、とにかく、老猫介護にはいろんな秘策・裏技?があるんですね。もちろん獣医さんの指示に従うことも大事ですが、ずっと側で見てるのは家族。臨機応変に対処するのも大事なんだなあと思いました。


お次はいよいよMさんちのハッピーちゃんです!
Mさんご夫婦は、昨年、高知のご実家に戻られたのを機にハッピーちゃんを養子に迎えられました。先の避妊手術の際は、オペ中に心停止するという、あな恐ろしや!なトラブルにも見舞われたハッピーちゃん。数々の危機を乗り越え、こんなに元気にかわいく成長しましたっ!
Pict4147

普段はとってもいたずらっ子らしいんですけどね。私達がお邪魔したときは微塵もその様子は感じられず、、、これぞ究極の猫かぶりだって!?!?!?(笑)

Pict4159 こちらはなんとハッピーちゃんの乳歯!ピンぼけでわかりにくいですが、ネコも乳歯が抜けるんですね〜。びっくり!







070321_16080001 Mさんからは後日こんな写真も送られて来ました。Mさんの膝でご機嫌!あまりの気持ちよさにお目々半開きだにゃ〜♪のハッピーちゃんです。










東京ではIkukoさんちのノンちゃん・ピッチちゃんにも謁見し(7月4日の記事参照♪)、あと、中高の同級生Kちゃんとお茶した際、愛猫うりちゃんの写真ももらって来ちゃいました〜!大きな縞模様がとても美しいうりちゃん。うりぼうみたいだからと名付けられたそうですが、アメショーと日本ネコのミックス、見た目はほとんど純粋アメショーですよね。
Pict4438_1  


うりちゃんはKちゃんが別の同級生のAちゃんから譲り受け(Aちゃん元気にしてるかなあ)、今は高知の実家でご両親に面倒見てもらってるそう。Kちゃんとは最近はもっぱら東京でしか会わないせいもあり、まだ生うりちゃんに会ったことはないんですけどね。でも、ヨーグルトが大好きとか、3年前ぐらいに腎臓悪くしてピンチだったけど無事復活!って話とか、いっぱい聞かせてもらってます!

傑作なのが、うりちゃん的「家族ランキング」!

1位お母さん(ごはんくれるから)
2位うりちゃん(お母さんの次にエライのだ!)
以下順不同でお父さんとKちゃん

つまりお父さんとKちゃんはうりちゃんの下僕なわけですね(笑)。

バンバンと同じ94年生まれ同士。これからもますます元気でかわいく、長生きしてニャ!うりちゃん!


★今日のおまけ
「世界一短いペットへの手紙」コンテスト、結果発表!

天国のキミへ
キミに一つだけお願い

などなど・・・
心の響く名作揃いです。

私なら、そして皆さんなら、あの子にどんな手紙を書きますか?

| | コメント (0)

2007年7月19日 (木)

里帰りの思い出2(名曲編)

名古屋で会った後輩Sさんファミリー。
こんな素敵な歌を思い出させてくれました。

誰でも知ってる名曲。
大切なあの人を思いながら声に出して歌ってみて下さい。

泣けます。
そして温かい気持ちになれます。

日本時間の今日(19日)はおばあちゃんの五十日祭。

私からおばあちゃんに、この歌を届けよう。
今まで本当にありがとう。
お礼がわりにこの歌を。。。

広い世界にたった一人の
私の好きなあなたへ。。。


| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

地震

先日お天気バーを設置したばかりのバンバンブログですが、F氏に「いいでしょいいでしょ?」と見せていたら、なんと、

新潟、長野で震度6強

のテロップが!!!

こちらの日曜夜だったので、早速福井の実家や、柏崎に親戚のおられるIkukoさんに連絡。皆さん無事でホッとしましたが、柏崎のお宅は家具が倒れたりして滅茶苦茶らしいです。被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

あと、うちのボスも心配してましたが、原発の事故。微量とはいえ放射能が漏れたという発表に背筋が凍る思いです。「日本は建物をしっかり建ててるから大丈夫なんだろ?」とボスに聞かれましたが、「うーん、、、」必ずしもそう胸を張って言えるYではなかったですね。

コネチカは、地元民に言わせると「全米一自然災害の少ない州」らしくて、地震はもちろん、竜巻もハリケーンもありません。雪害も雪の量が大したことないから無視できる程度。まあ、文句を言うとしたら「冬がただただ寒い」ということぐらいでしょうか。

日本では高知に18年、東京・千葉に12年住んでた私。アメリカに来てから(ダラス含む)「地震の心配をしなくてすむのはなんて楽なんだろう」と、つくづく感じましたね。F氏も京都で阪神大震災を体験して以来敏感になったそうで、日本時代ちょっとでも揺れようものならすぐさま「大丈夫?」とメールや電話くれてました。一緒にいた友達に「すごいねえ!」と感心?されてたっけ?

ちなみにバンバンは、サンダーストームは予知できるのですが(10分前には流しの下に隠れます 笑)地震はダメでしたね〜。一度千葉で震度5を一緒に体験したのですが、揺れるまで爆睡でしたもん。ぐらぐら揺れてビックリしたみたいで(もちろんYもビックリ)二人でオロオロしてましたね。その時はちょっと物が落ちたぐらいですみましたが、うちのマンションは海からすぐだったので、1階だし津波でも来たらどうしよう?バンバンをキャリアーに入れてダッシュで逃げるのか、いや、キャリアーだと機動力に劣るからネコリュックみたいなのを買うか、いやいやいや、果たしてうちの姫がそんなのに入ってくれるだろうか?などと、いろいろ頭を悩ませてました。

どうか皆様。
ネコ飼いの皆様も、そうでない皆様も、災害にはくれぐれも備えておいて下さいね。

ちなみに私は、東京時代に準備した「避難用非常袋」をダラスにもコネチカにも持って来てます!キャンプの時とかこのまま持って行けたりもするので便利ですよ!アメリカではなかなか手に入らない「軍手」もここに入っていて重宝しました!

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

里帰りの思い出1(郷愁編)

高知のおばあちゃんの五十日祭(神式なので)まであと数日に迫って来ました。
帰国はできませんが、気持ちだけでもと思い、この1週間完全菜食で精進しています。F氏も付き合ってくれてますよ〜。バンバンは、、、肉食獣なので免除です(^^)。

これから何号かは、里帰り時の思い出について綴ってみようと思います。
写真もいっぱいね。
おばあちゃんも一緒に見てね。

まずは郷愁編

おばあちゃんに見せたい田舎の景色、久々に会った人達、食べたもの達を振り返ります。。。

こちらは実家の裏山からの景色。
Pict3970_1

ここにお墓がありまして、今はおじいちゃんだけ眠ってるのですが、おばあちゃんももうすぐ一緒になります。ここからの景色は家族みんな大好きで、生前おじいちゃんが分家のうち用にお墓を別に作りたい、作るならここがいい、と選んだ場所。集落の奥の方にはIkukoさんんちやMさんちやTちゃんちも見えるかなあ?文字通り、私の子供の頃の思い出がいっぱい詰まった景色がこれなんです。

これも実家では有名な笑い話なんですけどね。子供の頃、姉と二人でよくこの裏山にお弁当持って遊びに行ってたんです。「遊山(ゆうさん)に行く」と表現してました。夏休みのある日、例によって姉と遊山してると、草むらになんと緑色の蛇がいるではあーりませんか!!!緑色なのでハブとか危ない蛇ではないと思うのですが、子供にとってみれば(いや、今でもか)そりゃあもう毒蛇同然!

「ぎゃぁぁぁぁ〜〜〜!!!」と絶叫しながら祖父母のところに助けを求めたのです!その時たまたまおばあちゃんしかいなかったのか、元々おばあちゃんがそういうの得意だったのか?(実際得意です♪)すぐさま長い竹の棒を持って山に行き、私達がこわごわ見守る前で大蛇をさっと棒でひっかけ、ひゅ〜〜〜ん!と崖下の方にうっちゃったのですーーー!!!

おおおーーー、さすがおばあちゃん!
すーごーいーーー!!!

九死に一生を得た我々姉妹はホッと安堵に胸なで下ろしたのでしたぁ〜。めでたしめでたし!

ところが、後日学校が始まって提出した「夏のこども」の絵日記。

私はそこに、おばあちゃんが棒で蛇をひゅ〜〜〜〜ん!する絵を描きながら、文のとこにはなんと

「おばあちゃんが無事蛇を殺しました」

と来たもんだ。

ええーーー!!!???おばあちゃんは蛇殺してないでーーーー!!!

後から家族に爆笑?失笑?されたことは言うまでもありません。

子供Yよ、事実誤認はいかんぞね。


こちらも裏山地方から。
Pict3984

ここは文旦畑ですね。多分うちのじゃなくて誰かんちの(笑)。
木々の緑が眩しい!これも田舎ならではの、おばあちゃんもきっと愛してやまない景色。。。

P506ic0000196888_2 母方のおじいちゃんも去年の8月に亡くなったので、お墓参りに行ってきました。母・姉と、二人のお気に入りの喫茶店でケーキを食べながら、4人のおじいちゃんおばあちゃんの思い出話に花を咲かせました。こうして言葉をたくさん交わすこと、思い出をたくさん語ること。。。エピソードが多ければ多いほど、悲しみも徐々に癒され、楽になって行く気がしましたね。

P506ic0000655643 2つ目のケーキは、子供の頃家族でよく行ったレストラン(ゲンダイさん)のチョコバナナケーキです。よく行った、と言っても滅多に外食なんてしませんでしたからね。だから、このチョコバナナケーキを食べると、家族のお祝いや、特別な思い出が即リンクして思い出されます。含まれる成分以上の深い味わいが、このチョコバナナケーキにはあるんですね。


お次の写真は小学校の同級生、Tちゃんご家族と1日ドライブした帰り。南国市にある四国八十八カ所第三十二番札所、禅師峰寺(ぜんしぶじ)(別名:峰寺(みねんじ))から見た眺めです。
Pict4125

正面に見えるのが桂浜ですね。雄大な土佐湾の群青色とビニールハウスの反射。あーーー高知やなあ、という景色です。おじいちゃんおばあちゃんもお遍路さん行ってたから、いつか一緒に眺めた景色でしょうね。お遍路さん、私もいつか必ず挑戦したいです!

Tちゃんご家族とは安芸市まで足を伸ばし、おいしいうどんとアイスを堪能しました。

こちらがうどんの国虎屋さん
Pict4122 Pict4121 Pict4119 Pict4118 Pict4120

行列必至とのことでしたが、早く出かけたので何とか大丈夫でしたね。私は釜揚げうどん、Tちゃんは鴨南蛮、旦那さんはざる、ちびっ子達はたぬきをチョイス。うどんは適度なコシがあり(この「適度な」がなかなかないんですよね)、薄味スープに薬味が効いて、もう絶妙!のおいしさでした。

アイスはこちら。
Pict4124

青々とした田んぼの中に突如として出現するしゃーべっと茶屋さんです。
焼きなす、ピーマン、にんじん、トマト、やまもも、ゆずなど、高知を代表する農産物がそのままアイス・シャーベットになってます!私はやまももを頂きました〜。丁度やまももはシーズン直前でしたからね。本物には間に合いませんでしたが、シャーベットで甘ずっぱい初夏の味を満喫しましたよ。

こちらはなんと私の出身小学校!
Pict4177

私が現役の頃は、俗に「ニワトリ小屋」と呼ばれた木造平屋建てのおんぼろ学校でしたが(もちろん、地元民は愛情込めてそう呼んでました)、去年の春に改築されたそうです。新しい校舎は2階建てになったものの(もうニワトリ小屋とは呼ばせんで! 笑)木造建築は維持したようで、それも全て高知産の木材を集めて作ったそうです。いいなあーーー今の子供達!

でも、一つ気になったのが・・・今までは校庭が手前・校舎が奥にあったのを、校庭を奥にし、校舎と、子供達が寝っ転がって遊べる芝生の庭(これが見事でした!)を手前にデザインしたらしいんですよね。でも、昔の校庭には我が校のシンボル、栴檀(せんだん)の木がたくさん植わっていたはず。校歌にも出て来るあの栴檀の木は校舎移設にあたって切られたりしなかっただろうか、、、それだけがオバサンはとっても気がかりでしたよ。

また食べ物になりますが、こちらはいとこ達と出かけた居酒屋(魚頭大熊さん)での様子。
Pict4138 Pict4139 Pict4140 Pict4141

おばあちゃんの5人のひ孫の一人、Hちゃんも参加してました!ふぐの箸置きを隠すゲームを始めたらおおはしゃぎで(笑)、あんなに騒いだら、次の日寝坊して学校遅刻せんかったかえ〜?って心配するくらい、元気一杯でしたね。なかなか会えないYおばちゃんの名前も最後の方にはやっと覚えてくれてたみたい(できればお姉さんと呼ばせたかったが無理でした 笑)。たこしゃぶやカツオのたたき(薬味+塩+ゆず絞りで頂く一風変わった食べ方でした)、海鮮たっぷりの巻きずしもおいしかったなあ!あとそうそう、黒1点で参加したS兄さん、結局最後は全員でご馳走になってしまって。ありがとうございました!

Pict4167 いとこのMちゃん(先のHちゃんのお母さん)は、なかなか私に会えないから、と、もう一度機を改めて会いに来てくれました。私のたっての希望?で、Mちゃんと姉によるお料理教室を開催!お題のコロッケはY仕様のシーフードバージョンです。いきなり油でやけどをするという、まるで狙ったんじゃないかというようなベタなハプニングを起こしてしまった私でしたが(苦笑)、コロッケの出来上がりはまずまず!おじいちゃんおばあちゃんにもお供えして。喜んでもらえたかな?F氏にもそのうちご馳走するからね〜。期待半分に待っててちょ♪


受験の時東京でお世話になったおばさん(父のいとこにあたる方)や、中高の同級生、あとIkukoさんのいとこのMさんにもお会いしました。Mさんとこのネコちゃん(ハッピーちゃん)はまた次号でご紹介しますね。

まだまだ会いたかったけど会えなかった方達、次の里帰りの際には何とか!と思っています。

長くなりましたが、最後は母自慢の白アジサイ。白アジサイはFY結婚式のお花でもありましたね。バンバンはきっと「花よりかつ節」だろうけどね〜。(当然姫にもたくさんお土産買うちゃったきにー! ^^)
Pict4175

| | コメント (0)

2007年7月14日 (土)

お天気情報

日本では台風の被害が出ているそうですね。
皆様、お気をつけ下さい!

なかなか普段日本のお天気までチェックできないので、ここに日本の天気情報貼ってみました!New Havenのも一緒に、サイドバーの下の方、ご覧下さいね。

もちろんNew Havenの現況はネコ温度計でも確認できます。
バンバンのリアルネコ温度計も正確に作動中。
今はパソコンデスクの上でベターっとつちのこになってまーす!(これは"warm"、25℃ぐらいの表示ですニャ)

| | コメント (0)

2007年7月11日 (水)

アメリカンvsちょいちょいBBQ

この週末は、土曜はMさんち、日曜は日本人のお友達と公園で、ダブルBBQを楽しみました。

Mさんはまだ学生さんなんですが、フィアンセのTさんと毎年夏にアパートのバックヤードでBBQを開催、職場の仲間からクラスメートまで幅広くご招待してくれます。Mさんがグリルでジュージュー担当。Tさんが飲み物とオードブル担当。大体ビールで、ちょこっとワインな人もいますね。もちろん立食ですが、適当に島を移動しながらみんなとお話して、本気で食べたい人はそこらの芝生の上であぐらかく(女性もあぐらが基本です)。はぁ〜これぞアメリカン!的ノリのパーティーです。

あとこの手のパーティーで面白いのが、必ずご近所さんも招待すること。今回も「どうも〜」と話し始めたおばあさん。最初はてっきりMさんのご家族かと思ってたのですが、聞くと「私は同じ階の住人なのよ〜」。へえー!そんなの日本じゃありえないですよね。もとい、日本でも田舎だとあるか。”東京とか都会だとありえない”、に訂正します。

しかしこれ、なかなかいい習慣だなあと。もちろん、日本だって、例えば私の高知の実家だと、冠婚葬祭やちょっとしたお祝い事にもご近所さんを呼ぶのは常識です。でも、都会だとそういう近所づきあいってないですよね〜。年も仕事もてんで違う人達とのお付き合いがあってこそ、視野が広がったり、また子供達の教育にもメリット大だと思います。

古き佳き時代の縁側茶飲み文化、とでも申しましょうか。
国は変われど良いものは良い!そう思いましたね。

次に日曜日。
こちらはいつものメンバー?、総勢5人で行って来ました。
首謀者のNさんという方が日本人離れした遊びの天才でして(それでお仕事もできるからすごい!)、彼の発案で「お気軽ちょいちょいBBQ」をすることに。Nさんがコンロと炭を調達、うちがおにぎり二ギ二ギ、もう一家族Yさんがビールやお肉を買って来てくれました。

公園なので他にもたくさんBBQ民族がいます。大体がちびっ子連れで、水着のままジュージューしたり、水遊びはもちろんのこと野球やフットボールに興じてみたり、シニアな方達はラジカセの音楽に合わせて踊ったり。インド人のファミリーはなぜか縄跳びに興じてましたね。

一方の私達はジュージューの後はのんびりゴロゴロしてました。
お酒の方もビールにワインにとしこたま楽しみましたが、こんなに飲んでるのは我々だけだったかもしれません。みんな飲み食いよりはその場の雰囲気を楽しみに来てる、って感じでしたね。勝手気まま、思い思いのスタイルで、これもまたアメリカン!なんでしょうね。

今日のお写真は日本人BBQより。

スペアリブはYさん自家製のソースで一晩つけ込んだそうです。Rimg1043


ステーキは胃袋のサイズに合わせて「Thin」を選んでね。Rimg1045


とうもろこしは皮のまま蒸し焼きにしたら、シャキシャキしておいしかった!Rimg1044


焼きバナナはシナモンをふりかけて。プリンみたいにトロットロでしたよ〜。Rimg1050


最後は焼きマシュマロのクッキー挟み。マシュマロは串差しにして軽く炙り焼きにします。そのまま食べてもふんわりおいしいです!Rimg1052

| | コメント (0)

2007年7月 7日 (土)

BanBan IBD Log

概ね爽やかな好天が続いているコネチカですが、7月4日の独立記念日は生憎の夕立。花火は今日に延期になってしまいました。でも今日は今日で同僚のMさんちでのBBQパーティー。フィアンセのTさんもボストンから駆けつけるそうなので是非とも参加しようと思ってるのですが、花火が見れないのはちょっと残念かな。でもひょっとしたらMさんちの庭から見えるかな?

さて、今日は久々、バンバンのIBD情報です。
先日のマグノリアさんのコメントに刺激されて、ここ5ヶ月あまりの記録をまとめてみました。

元データは、毎日F氏と協力してつけてる「BanBanLog」。エクセルに毎日のウンウンの状況、嘔吐の有無、体重、投薬、ごはん、食欲や元気度の変化など記録しています。バンウン写真も毎日はいつくばって撮ってますよ〜。

1月下旬からの経過を体重変化とともにまとめてみたのがこちら(クリックで少し大きくなります)。
Banbansummary


まず1月下旬〜2月。この頃は下痢や血便続きで、ウンウンが全く安定してませんでしたね。M先生にまずはFlagylを処方され、苦労しながらえいやっ!で投与するも副作用が出てストップ。Prednisoloneに切り替えました。と同時に血液検査でB12が低いことが判明。それから毎週1回のB12皮下注射を6週間頑張りました。B12は1回目翌日から元気もりもり!とても効果があったと思います。一方のpredは効果が出るまで時間がかかった気がしますね。与えてたWellness缶がバンバンには合わなかったせいかも、と今にしてみれば思います(食いつきは良かったのですがウンウンがずっと白っぽく、量も多めでしたね)。この後ご飯をEukanubaの処方食Low ResidueドライとNatural Balanceのチキン缶に替えてから、ウンウンも安定、体重もじわじわ増えました。イェイ!

ところが、3月下旬にまた下痢P・血便子出現。4月頭には激しい嘔吐の発作にも見舞われました(涙)。何が原因かはわかりません。突如として再燃するのがIBDの病態かもしれないのですが、私が一つ怪しいとにらんでるのが、3月下旬にナチュバラの質が変わったこと。箱買いしてた缶フードがなくなったので新しいのを買ったのですが、肉汁は少ないし固くてぱさぱさした感じで、どうも変。ロット差でこんなに変わるとは驚きでしたよ。丁度世間はリコール騒動の渦中だったので不安でしたねえ。嘔吐発作の際にはM先生のところに駆け込んで、150 ccの輸液+Pepcid+Reglanの皮下投与を行ってもらったものの、帰宅後ふらつき(disorientation)=reglanの副作用と思われる=が出てまた慌てて来院・・・と大騒ぎでしたね。幸い副作用もすぐ落ち着いて、 それから暫くはHill'sのi/d缶とlow residueドライ、お薬はpredにpepcid、B12(この頃には2週に1回のペースになってました)のラインナップで様子を見ました(缶フードはlow residueでも良かったのですが、M先生の手持ちがなかったのでi/dに)。

でも、このラインナップでもウンウンが今ひとつ。Wellnessの時は白っぽかったですが、今度は白+黒の変なまだら色でした。i/dもあまりお腹に合ってないのかな、low residueもリコール大丈夫か?などと、もう何を食べさせれば良いのやら???状態。。。それから1ヶ月はいろんなフードを取っ替え引っ替え買い漁る怪しいオバサンと化してましたねえ。リコールにかかってない、良質でgrainlessの缶フードは全て試したんじゃないでしょうか。それはdesperateでpatheticで、辛い1ヶ月でした。

Fel_d_senstom_150_en_1 そんな折、Petcoでふと買ってみたのがHill'sのSensitive Stomach。そもそもそれまで「IBDにはウェット」という定説?から、なるべくドライは与えないようにしてた我が家。このブランドはドライしかないし処方食でもないのですっかり私の選択肢から消えてたのですが、思い起こせば去年の春、それはバンバンIBD発症したての頃、、、まだM先生にかかる前の獣医さんに薦められて与えたらそこそこ効果があったフードだったんですよね。

てことで、物は試しで与えてみたら、、、これがスーパークリーンヒットーーー!!!

何と言ってもウンウンに迅速かつ顕著な変化が現れました。以来、1日1ウンか2ウン、分節のある焦げ茶色の見事な作品を生み出してくれてます!体重もまた12.2〜4ポンドまで盛り返して来ましたよぉ〜!ということで、この5ヶ月で得た結論としては、

お薬とフードが車の両輪となって初めて症状がコントロールできるのだ!

ということです。バンバンの場合は春になって(そう、コネチカの春は5月からです)気温が上がったのも好条件だったかもしれませんけどね(去年も夏は好調で、10月から調子を崩しましたから・・・)。

最近は、M先生に処方してもらったRoyal Caninの処方食Venison Formulaの缶フードを時々与えてたりもしますが、あくまでsensitive stomachが基本路線です。moomamaさんちのめいちゃんのお腹に合ったというWaltham Intestinalも日本土産で買って来ました!(アメリカ産のはリコールにひっかかってるのですが、日本のはフランスで作ってるらしく、汚染を免れたようです)。

お薬は、B12は終了(血中濃度も合格!)。
pepcidは、今でも時々毛玉やフードを吐くので、副作用も少ないし毎日与えるようにしてます。predは以前の半量(2.5 mg)を2日に1回まで減らしました。完全にpred絶ちするかどうかはM先生と相談しないといけませんが、マグノリアさんちのSugarちゃんの様子を拝見してる限り、これぐらい低用量なら続けてもいいのかな、いやむしろ続けた方がいいのかな、と思ってます。

そんなこんなの5ヶ月報告でした!

バンバン、どうかこれからもこの調子でね。

明日あさっては90度越えの予報のコネチカ。
夏女バンバン、テキサスネコの本領発揮で行こうニャ〜!!!




Chu2w 追記:4月3日現在のバンバン血液検査結果も掲載します。尿素窒素、アルブミン、ALT、アミラーゼ、トリグリセリド、CPKが高値でリンパ球が低値。いろいろ悪いのはpredの副作用でしょうか?今はこの頃の4分の1量でコントロールできてるので、数値も改善してくれてるといいなぁ♪定期検診もぼちぼち計画しないと!Labreport040307






おまけの写真はF氏コレクションから。私が里帰りしている間にそれはまあたくさん撮り貯めたみたいです。どれも愛情(親バカ!?)溢れる名作ですね〜♪
Rimg0762
Rimg08191
Rimg0844
Rimg08771
Rimg0885

| | コメント (5)

2007年7月 4日 (水)

今日は

アメリカ独立記念日

そして我が東京の母、Ikukoさんちのノンちゃん、ピッチちゃんの誕生日でありまーす!

ノンちゃんは今年で16歳、ピッチちゃんはバンバンと同じ13歳(で合ってますか?>Ikukoさん) 気が付くとバンバン同様立派な老猫仲間ですね!

先月の里帰りの際、Ikukoさんのお宅にお邪魔して2匹にも謁見して参りました〜。

その時の様子がこちら♪
Pict4312


大好きなIkukoママの上に陣取って幸せそう〜。手前がIkukoさんのお腹側。向こうが足側。

早く来た方がIkukoさんのお腹の上をゲットできるんだそうです。

今日はピッチちゃんの勝ちだったようで♪勝者の余裕か?至福の表情がたまりません!!!

負けて悔しいノンちゃん?にはムービーでご登場頂きましょう!

ノンちゃん、遊びに行ったベランダからの「あけてにゃ」コールです。


きゃぁぁぁわゆ〜〜〜い♪♪♪

あんまりかわいいので暫く開けてあげなかったら、後からF氏に「ひどい!」とたしなめられました(^^;) ノンちゃんと言えば、FY二人でIkukoさんちにお邪魔した時、初対面にもかかわらず、いきなりF氏にスリスリ〜♪ゴロニャ〜ン♪すんごーくなついてましたからね。 

はいはい、私が悪うございましたニャ。
ノンちゃん、F氏に免じて(?)どうか許してニャ〜♪

2匹とも新しい1年もどうか元気で、Ikukoさんご一家にますますの幸せをもたらしてあげてね。


★さらにおまけ
Ikukoさんから送られて来たお写真も載せちゃいマース。アジの開きならぬピッたんの開き、これはバンバンもよくやるポースですね(こうして見ると2匹はほんとソックリです!)。お水のみノンたん、おかあたんの膝に顔を埋めて寝るノンたん、すやすや赤ちゃんのようなピッたんもほんとーーーにかわいい!!!

2匹を見つめるIkukoさんのニコニコ嬉しそうな表情まで目に浮かびます♪200706212324000200706211040000200706242242000200603311333_1

 

| | コメント (2)

2007年7月 2日 (月)

3年目も

Pict4379

日曜日、618のアニバーサリーディナーに行って来ました。

お店は昔住んでたHamdenという町にあるイタリアン
サマータイムで外は明るくても、落ち着いた内装に暗めの照明でしっかりディナー気分が味わえます。

客層も落ち着いていて、中にはドレスアップした団体客もいました。

Pict4380 シャンパンで乾杯した後、前菜に春巻き。イタリアンな春巻きってどんなの?と思い選んだのですが、シーフードをたっぷり厚めの皮で揚げたものを醤油ベースのソースで頂く。このソースがピリ辛でおいしかったですね。イタリアンというよりも何となくジャパニーズ?



Pict4381 サラダの後はメイン。
私はリゾット、F氏はペスカトーレ。
ものすごい量に今更ながら驚きました。やっぱりここはアメリカだった!
でも、お味は薄味でおいしかったですよ〜。半分はお持ち帰りで、今晩のおかずになりました♪









恒例のFYB1年の10大ニュースも選定しました!
カードに箇条書きにして、チェキで撮った2人と1匹の写真を貼って出来上がり!

3年目も3人でたくさん楽しい想い出作ろうね〜。
元気で仲良く、どうかよろしくお願いします♪

★虹の橋
Pict4368

出発前、我が家のクリスタルが虹の橋を作ってくれてるのを発見!
頂き物のクリスタルですが、こんなきれいな虹は初めて見ました。

あの子もこの子も会いに来てくれてるかなあ?と思っていたら、夜、夢で、亡くなってから初めておばあちゃんに会えました。私達がまだ子供の頃の風景。おばあちゃんも若くてニコニコ元気そう。なのに「おばあちゃん!」って肩を抱くと急におばあちゃんが眠そうになって、、、っていう夢でした。

でも、夢の中でも、おばあちゃんに会えて嬉しかった!虹の橋からの贈りものだったのかな。

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »