« お知らせ | トップページ | 2周年! »

2007年6月19日 (火)

おばあちゃんお見送りして来ました

Shrine

17日間の日本滞在を終え、アメリカに戻って来ました。
と言ってもまだ乗り継ぎのニューアーク空港。ここから1時間かけてコネチカ・ハートフォード空港まで帰ります。F氏が車で迎えに来てくれますよ。気をつけて来てね〜。

おばあちゃんは、3日にお通夜、4日にお葬式。私は3日の夜に高知入りしたのでお通夜には間に合いませんでしたが、最後の夜、姉と一緒におばあちゃんの隣で眠ることができました。ほとんど一睡もしませんでしたけどね。姉とも、静かに眠るおばあちゃんとも、たくさんのことを語り合いました。

途中、乗り継ぎの羽田空港で時間があったので、ラウンジでパソコンを開き、おばあちゃんの過去の写真、と言っても私がデジカメを始めた2000年からのものしかありませんでしたが、それらを集め、おばあちゃんへのありがとうアルバムを作製。元気だった頃に撮ったムービーも交えて、豪華スライドショーに仕上げましたよ。作りながら何度泣いたことか。。。CDに焼いて今もおばあちゃんの祭壇にお供えしてあります。

最後のスライドに寄せた文章。

おばあちゃん

おしめ替えから遠足のお弁当まで
本当にお世話になりました。

宇佐の海水浴場も伊野の花火も一緒に行ったね。
おじいちゃんとおばあちゃんの間で寝て、二人の
耳たぶを触るがが好きでした。

東京にも遊びに来てくれたし、私が帰省する度に
上のお宮に行って、私の無事を祈ってくれたね。
出発の日にいつも赤飯を炊いて持たせてくれたことも
ずっと忘れません。

庭からこけてケガしたり、バイクの交通事故では
本当に心配したで。

でも、何度も危機を乗り越えて、私らあにたくさんの
喜びと勇気を与えてくれました。

88年間、本当にお疲れ様。そしてありがとう。

天国ではまたおじいちゃんとゲートボールの
最強コンビを組んで頑張ってね。

私らあもいつか会いに行くき、どうかそれまでの間、
今度は天国から、皆の無事を祈っていてね。

おばあちゃんの孫に生まれたことを心から誇りに思う、
Yより


この文章の隣に、今日のトップの写真を貼りました。
いつも一緒にお参りに行ってた神社(”上のお宮”とはこのことです)。

スーツケースにも、おばあちゃんの形見の品々をいっぱい詰めて来ましたよ。「離れて暮らしてる者はいくらでも持って行っていいよ」と姉に言われてね。

アメリカ土産にプレゼントしたカバンや帽子。
手書きの名前が入った文房具やうちわ。
一緒にお参りに行く時いつも持ってた水玉模様のお賽銭入れ。。。

ゲートボールをしている老夫婦がモデルの小さい置物は、私が子供の頃足摺岬に行った時のお土産ですね。金婚式おめでとうの電報と一緒に、おじいちゃんおばあちゃん、ずっと枕元に飾ってくれてました。その電報ももらって来たよ。F氏と私も金婚式目指して頑張らないとね。

また、今回の一時帰国では、たくさんの家族・大好きな人達にお会いすることができました。

皆様のお気持ち、皆様の笑顔。

喜び、悩み、新しい命の誕生、成長、そして老いていく営み。。。

命はこうしてつながって行くんだなって。大好きな皆様との一瞬一瞬が私に力を与えてくれました。
まさにおばあちゃんがくれた最高のプレゼント。

F氏とバンバンも待っててくれますからね〜。
元気な二人の元に、たくさんの笑顔で帰りたいと思っています。

個別の御礼もぼちぼちと。
滞在中に撮ったニャンコ写真なんかも、また追々ここでご紹介しますね。

大のネコ好きだったおばあちゃんのためにも、ネコ部通信、ますますパワーアップして行きますよお〜(ちゃんと仕事もしろって!?)。

それでは皆様、これからもどうかよろしくお願い致します!

皆様と出会えたことを心から誇りに思う、Yより

|

« お知らせ | トップページ | 2周年! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お知らせ | トップページ | 2周年! »