« 大陸縦断記3(4月5日:いよいよ出発 その前にゴミ捨て編) | トップページ | 大陸縦断記5(4月6日:セントルイス〜ピッツバーグ編) »

2007年5月19日 (土)

大陸縦断記4(4月5日:いよいよ出発 本編)

閑話休題、いよいよ出発編のお写真です。

出発前、何やら不審そうに?Jさんの動きを見守る海ちゃんと陽ちゃん。Pict3131


この後、Composure Liquidという鎮静効果のあるサプリメント(緑茶でお馴染みのテアニンが主成分。GABAに変換されて鎮静作用を発揮するんだとか)を飲んでもらって、2匹ずつワンコ用の大型キャリーに。2匹の組み合わせは、

1:海ちゃんと陸ちゃん(お兄ちゃんと妹ペア)
Pict3154

2:空ちゃんと陽ちゃん(グレーボーイズ)Pict3240

海ちゃんと空ちゃんが多少折り合いが悪いことがあるそうで、この組み合わせは以降もずっと変えずに行きました。実際、大成功のマッチングでしたね。

SUV(トヨタ・ハイランダー)の外観はこちら。Pict3150



荷積み前Pict3107_1











荷積み後(もちろん細密充填です。車のバックミラーは使い物になりませんね)Pict3137







ニャンsは運転席のすぐ後ろに。Pict3136




最後にゴミの山とハイランダーのツーショット。Pict3147


そしてゴミ越しに見るJさん邸。Pict3149

緑豊かな本当に素敵なお宅でした。住み慣れた我が家を去るJさん、やっぱりちょっと寂しそうだったかな。




それでは、ほんとにほんとに行っちゃいますよぉ〜!

いざ、ニューヨークへしゅっぱーーーつ!!!

今日はミズーリ州セントルイスまでの予定。出発は12時過ぎ。ま、なんとか今日中に着けば、という感じです。

Directionはこちら。まず35号をがーっと北上してオクラホマシティまで行き、その後44号でひたすら北東に向かいます。シンプルで迷いようがない感じですが、ノンストップでも10時間40分。とにかく長いですね。Dallas_to_st_louis


ニャンsが車酔いしないか、あるいはパニックになって暴れたりしないか、ごはんやトイレは大丈夫か。いろいろ心配でしたが、まあしかし、ニャンsはみんな良い子にしてましたね〜。陽ちゃんがちょっとガクガクブルブルしてたのがかわいそうでしたが、とにかく誰も気持ち悪そうにしてないし、途中からみんなふて寝を決め込んでくれたしで、私達もホッと一安心。順調な滑り出しです。

途中の景色など。

テキサス1:高速脇にはテキサスの州花、ブルーボネットが。あ〜これがテキサスの春ですねえ。Pict3157

テキサス2:ダラスから北に2−30分のDentonという街で途中下車して、Jさんのお友達にご挨拶をして行きました。Pict3159

テキサス3:写真ではわかりにくいですが、とにかく見渡す限りの平原です。緑の絨毯に黒い点々、何だろ?と思ったらモーモーさんやお馬さんでした。オクラホマにかけてこういうのどかな景色が永遠に続きます。Pict3158

オクラホマ1:ちょっとアップダウンが出て来ました。Pict3169_1

オクラホマ2:これ、山火事の跡ですよね?Pict3168

オクラホマ3:久々にお街の景色になりました。オクラホマシティ。Pict3171

ここで初の給油。しかしここのガソリンスタンドって、ばかでかいトレーラーやキャンピングカーが多かったですね。コンビニにはシャワールームも常設されてるし(驚)言われてみればなんですけど、この辺ってアメリカのまさにど真ん中なんですよね〜。誰もがどこかを目指すMiddle of Nowhere、大陸縦断(&横断)民族の憩いの場、とでも形容したくなる場所でした。

ほどなくミズーリ突入。高速脇になぜか温泉?のようなものを発見。Pict3176


この44号は見通しも良く適度にアップダウンがあって楽しいですね。ちょっと緑が減って来たかな(季節を逆行中)Pict3175

しかーーーし!


どんどん雲行きが怪しくなって来ました。雨かと思いきや、これってもしかしてみぞれ交じりの雪じゃないですか!!!???(写真だとわかりにくいですけど、べちゃっとした感じの雪です)Pict3179



はああー、竜巻の次は雪ですかー。
あのブルーボネットは幻だったのだろうか?


まさかまさか、ダラスから半日で雪景色を目にするとは思ってもみませんでしたよ〜。早速興奮気味にF氏に携帯メールを打つ私。

実際、外に出たらめっちゃ寒い!コネチカ人の私はダウンもこもこの重装備で来ていたので大丈夫でしたけど、Jさんはダラス仕様の薄着であまりに寒そう。。。上着も持って来てらっしゃったみたいですが、ぬわんと、衣装ケースごと細密充填の一番底にしまってあるそうなんです!もう暗くなってたこともあり、ガソリンスタンドで細密充填をばらすわけにもいかず(治安的によろしくないですもんね)、セーターの重ね着で何とかしのいでらっしゃいました。

ああ、Jさん、私達は北に向かってるんですねえ。


ここで一首。

ダラスゆ、うち出でてみれば真白にぞ、ミズーリの高嶺に雪は降りける
 

ただ、幸いにもセントルイスに着く頃には雪も雨も上がってました。
結局ホテルに入ったのは12時(でしたよね?)
ニャンsはケージごとバスルームに入ってもらい、そこで初めて解放されました〜!こうするよう、獣医さんに勧められたそうなんですよね。確かに、お部屋の方で放したら、ベッドの下とかに潜り込んで出て来なくなるかもしれないし、多少汚れても掃除が楽という点でも、バスルームなら安心ですね。

バスルームでの写真は残念ながら撮れませんでしたが、夜な夜なニャンsの徘徊する音が聞こえて来ましたね。ああ、みんな羽伸ばしてるなあ、と、夢うつつにホッ♪としてました。でも、Jさんによるとご飯(Jさんの手作りニャンコご飯)はみんな残しちゃったみたいです。バンバンもそうでしたが、ネコってストレスがかかると途端に飲まない食べない出さないモードになりますよね〜。でも、あんまりもりもり食べても車酔いが心配だし、数日ならこれぐらいが丁度いいのかもしれませんね。

ニャンsよ、実はこれをまだあと2日やるのにゃ。
暫く不自由な思いをさせるけど、あと少しの辛抱。
4ニャンともどうか健康で乗り切ってにゃ〜〜〜!!!

Pict3183

 

|

« 大陸縦断記3(4月5日:いよいよ出発 その前にゴミ捨て編) | トップページ | 大陸縦断記5(4月6日:セントルイス〜ピッツバーグ編) »

コメント

ああ、ゴミの回(?)に写真が出て来なかったから見逃してもらえたかと思ったら、しっかり出ましたねえ、ゴミの山。わはは。しかし、回収に来なかったですねえ。それでラッキーだったわけですが。不思議なのはですねえ、このゴミ回収分の費用が徴収されていないんですねえ。う〜〜〜ん。イヤな予感。ひょっとすると、次の週のゴミ収集の日まであのままだったのかもしれません。立つ鳥思い切りいろいろ残しまくりになったのかも。ご近所さん、申し訳ありません。電話はかけたんですよ、ちゃんと。

雪は想定外でした。テキサスより寒いであろうことはもちろんわかっていましたし、万が一を考えて(NYで寒波が来るかもと)ダウンジャケットを当面の衣類のなかに入れておきましたが、まさか旅行中に(しかもオクラホマやミズーリ辺りで)スノーストームに鉢合わせようとは。だって、ダラスでは半袖で汗だくだったんですよ。長袖のシャツを着てその上にフリースのセーターでも持っていれば十分だと思いましたよ。会社に初出勤の日もめちゃめちゃ寒くて、「なんじゃこれは?」状態だったのですが、人事担当者に「まず言っておきますが、いつもはこんなに寒くありません」と最初に言われました。「文句を言うつもりだったのに」と言ったら「僕らだって文句言いたいです」。2月の初めにインタビューに来た時も「普段はこんなに寒くない」と言われるほど寒かったんですよね。テキサスから来たというのに、私は雪女ですか(いかん、雪女と言うと美人のイメージがありますな)。

いまさらながら、Yさんの写真を見てひやっとしたのが、ニャンs用のキャリー、まるであつらえたように車にぴったりですねえ。キャリーを買う時も、車を借りる時も、全く測ったりしなかったんですよ(いいかげん)。車を借りて帰って、キャリーが乗らなかったらどうなっていたんでしょう???いやもう、綱渡りの連続だったんですねえ(にぶい)。

道中のドライブは、なんか楽しかったですよ。給油以外にはストップしませんでしたが、Yさんがお疲れだったのではといまさらながらに・・・(にぶい)。そして、この夜は夕食をどうしたのか、全く記憶に無い私。どうしたんでしたっけ?ちゃんと食べていないことだけは確かなんですが(ごめんなさい)。

ニャンsが暴れたりしなかったのが本当に助かりました。ニャンコ歴の長い若いお姉さんが居てくれて、安心だったのでしょうか。

しかしYさん、もうひと月以上経つのに、記憶が鮮明ですね。私はもうなんかいろいろうろ覚えです(トシ)。

投稿: J | 2007年5月21日 (月) 19時09分

いやいや、本当にお疲れ様でした。
道中日記は楽しんで読ませていただいております。Yさんの鮮明な表現の文章、そして文明の賜り者のデジカメのおかげで、しっかり珍道中の感じが想像できます。ホホーってうなずきまくりです。

Jさんちの感じとか、4ニャンとの生活、そして詰め込まれた車と・・・そしてゴミまで!優れもののYさんリポートはあっぱれでごじゃいます。

Jさんちのニャン達も、きゃわゆ~いですね。海ちゃんってうちのチャーチ君の顔に似てる!陽ちゃんは?後ろ足が悪いのかしら?このトップの写真みたいな体勢の写真が多い
ですね~。

また、続きを楽しみにしているでやんす。

ふんぎゃ♪

投稿: きむ | 2007年5月23日 (水) 00時12分

☆Jさん

ゴミはずっとあのままだったかもしれない???にゃあ〜んとまあ!!!
これもまた、伝説ですね〜。

ゴミの山の写真はどうしようかと思ったのですが、このスケールのでっかさを是非記録に残したいと思いまして!うちの実家の母とかがたまげてるんじゃないかと思います〜。さすがアメリカは違う!みたいな(^^)

今朝、うちのご近所に粗大ゴミ回収車が来ててF氏と見ていたのですが、面白かったですよ〜。トラック、ユンボ、セーフティーカーの3台組でやって来て、粗大ゴミ(ソファーとかの大物)をユンボでがーっとすくい上げ、トラックの荷台にドボン。途中ソファーの上に乗っかってた帽子が荷台に入らず道に落ちてしまったのですが、それもまたユンボでがーっ。そんなの手で拾いんしゃい!と突っ込み入れてました。

雪は本当に想定外でしたねえ。Jさん雪女説、うちでも提唱してましたが(笑)、あの2日後ぐらいにテキサスでも雪降ったみたいですからね〜。ほんと、今年の4月は異常でした。

ニャンsのキャリー、確かにまるで測ったみたいにピッタリでしたね。よく考えたら、あれもまた、ミラクルでした。前の運転席・助手席が丁度ストッパーみたいにはまりましたし、あれでニャンsも随分乗り心地良かったんじゃないかと思います。

初日の夜ご飯は、結局ドーナツの残りとか、私が持って来てたドライフィグとかをむしゃむしゃして済ませたんですよね。一旦ニャンsを部屋に搬入してから、近くのファストフードに行こうかという話もあったのですが、寒かったのと眠かったので、私がダウンしちゃいました。いやでも、私はほんと3食カロリーメイトでも大丈夫な人なので(これは私の学生時代の友人の多くが証言してくれることでしょう)、Jさんにいろいろ気にして頂いてかえって申し訳ないくらいでしたよ。でも、日本のコンビニが無性に恋しくなったのは確かですねえ〜。


☆きむさん

ふんぎゃ!
そう仰って頂けると、書き手冥利に尽きますですよぉ〜ん♪
毎回膨大な&爆笑の?(^^)コメントでフォロー下さってるJさんにも大感謝!そう言えばそんなこともあった!とか、へ〜そんな落ちもあったのね、などと私も大変楽しませて頂いてます。こういう形式の旅行記ってちょっと斬新かも?

Jさんちは本当に素敵なお宅でした!そうそう、きむさん不動産のお仕事されてるから、きっと興味深くご覧下さるかなあと思ってましたよ。お宅の全景とかバックヤードとか、もっと素敵な写真はいっぱいあるのですが、Jさんのプライバシーもありますので、あれぐらいで我慢。。。でも、ゴミはでかでかと!Jさん、大丈夫でしたか?

そうそう、海ちゃんはチャーチくんに似てますよね。4歳と17歳ですから、幼稚園児と高校生?大先輩ですね〜、チャーチくん!(チャーチくん、お誕生日おめでとうございます!ふんぎゃ!)

陽ちゃん、実はそうなんです、後ろ足が少し悪いんです。詳細は私ではなくJさんのお言葉を待ちたいと思いますが、今は全然そうとはわからないくらいにまで復活したそうですよ(本当に良かったニャ!)。その証拠に、4ニャンの中で一番アクティブなのは陽ちゃんなんですもの!

ちなみに、スコ座り(陽ちゃんの座り方)はバンバンもやります!
特に暑い時。昨日もなってましたよ〜。
テキサスネコの特徴かも!?

投稿: 飼い主Y | 2007年5月23日 (水) 11時57分

オクラホマですか。ケンの父ちゃんの出身地なんです。実はお爺ちゃんの親がドイツから移民で来たようですね。爺ちゃんはまだ赤ちゃんだったらしいけど。

お百姓さんでとても苦労されたそうです。お婆ちゃんは元々イギリス系で学校の先生でしたが、晩婚であの時代にどうも40ぐらいで出産したせいなのか、ずっと病気だったことをケン、覚えてます。

だから、彼のお父さんは一人っ子だし、ちょっと寂しかったでしょうね。

そしてケンが生まれたのはジェファーソンシティ(ミズーリー)。私が知らない本当(?)のアメリカがそこにある、なんて。いつか行ってみたい。

あのニャンちゃんの座り方、見た事なかったですよ〜。

投稿: eiko | 2007年5月24日 (木) 15時26分

☆eikoさん

オクラホマとミズーリー、ケンさんのゆかりの地だったんですね。

オクラホマは、テキサスよりも緑が多い気がしましたね。あともう少し起伏に富んでたかな(テキサスは真っ平ら)。高速脇には雄大な牧場がぱーっと広がり、見渡す限りの緑と牛・・・それはのどかなところでしたね。こういうところに住んだら人生観変わるだろうなあって思いました。

ミズーリーはユキティさんも一時住まわれてたとかで、とてもいいとこらしいですね〜。フランス系の移民も多く、ワインがおいしいんだとか?

スコ座り、キャットシッターで数々のニャンsを見ているeikoさんですら初めてだったとは!まるで寝そべって新聞を読む人間みたいですよね。バンバンも後ろ足をこんな感じで伸ばすことはよくあるのですが、その時はもれなく上半身?もべたーっとフラットになります。後ろはびよーんで前はスフィンクス、これは陽ちゃんにしかできない技かもしれませんね。

投稿: 飼い主Y | 2007年5月24日 (木) 17時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大陸縦断記3(4月5日:いよいよ出発 その前にゴミ捨て編) | トップページ | 大陸縦断記5(4月6日:セントルイス〜ピッツバーグ編) »