« ”元”我が家 | トップページ | 大陸縦断記1(4月3日:出発前々夜) »

2007年5月 5日 (土)

In memories of ミーコ&リリー

先日、Yの実家の7歳になるネコ、リリーちゃんが、交通事故で急死したという知らせを受けました。1年前には6歳のミーコも交通事故で亡くなってます。その時はまだネコ部通信をやってなかったので、急遽今回は、ミーコとリリー、2匹の追悼号とさせて頂きますね。

Yの実家は、たまにここでもご紹介している通り十数匹の超多頭飼いなのですが(正確な数は把握できず?)、全員out door catで、その分いろんな事故が絶えません。信号もない(多分「ド」をつけてもいいくらい)田舎なのに。。。(泣) 数年前のバイパス工事(すんごい小規模だけど)で、交通量がぐんと減ってからは事故も起きてなかったんですけどね。この1年ちょっとで2件。由々しき事態です。

うちの実家は未だかつて鍵をまともに閉めたことがないくらい、常時あけっぱです。だからネコ達も出入り自由。今日は裏山、明日は畑、とまさに野山を駆けめぐって、ネズミや鳥、たまにモグラやヘビまで(さすがにヘビはやめてくれ〜 笑)、狩りを楽しんだりして、それはそれでネコらしい生き方をしてると思うんです。

ただ、時代とともに交通量が増え、比例して事故に遭うコの数も増えて来ました。人間の都合で発明した自動車は、人間以外の生き物にはただの凶器でしかない。悲しいですが、これが現実ですよね(脱線しますが、私が日本時代断固として自動車免許をとらなかった理由の一つは、”自動車の存在そのものに対するアンチテーゼ”でもあったんですよね)。

とにかく、今更全員をin doorにするのは難しいと思うけど、行き交う車に「ネコを見たら止まって」とお願いするのももっと難しい。うーん、何かいい解決策はないですかねえ。

追悼号を準備するに当たって、ネコsの世話を一手に引き受けてる我が姉に、ミーコとリリー、2匹の思い出を綴ってもらいました。土佐弁丸出しですが、この方が味わい深いし、とにかく名文なので、ほぼ原文のまま掲載しますね。


021_1

まずはみーこから、平成11年4月生まれで平成18年2月に交通事故で死んでしまいました。もうすぐ7歳って時やき、リリーちゃんと一緒やね。

みーこは人が食べる物は何でも好きで、魚は勿論、あんぱん、シュークリーム、エビフライが大好物。おかずがエビフライの時はエビフライのしっぽを集めてみーこ用に置いちょったりしたし、外食した時もお土産にって持って帰って来たしね。あと魚焼きグリルで魚を焼いたら必ず帰って来たがやき。どこから盗んで来たか分からんけど、ちくわをくわえて帰って来た事もあったで。

それからご飯のおねだりの時私の足にスリスリしてすぐにご飯をやらんと足をガブッと甘噛み。私にだけ噛みついてきて、私によく怒られよったけど、そんな事にめげるみーこじゃないがよね〜。そうそうごみ捨てにもよう付いて来たね〜。猫タワーに上がって外を見るがも好きやったね。

Pb180016_1

次にリリーの思い出

平成12年6月生まれ、平成19年4月交通事故で、もうすぐ7歳でした。生まれた時ジュリちゃんがもう子育てをする力が無くて、ガリガリの仔猫をくわえて帰って来たがをおばあちゃんが見付けてそれから女3人**で牛乳で育てて大きくなったリリーちゃん。もうその時に一生分の牛乳を飲んだきいらんって、大人になってからは一滴も飲まんかったね。缶詰大好きで、おねだりする時はくねくね、スリスリ。ほとんど鳴かん猫で、抱っこしたら「いやニャン」ってなきよったね。カリカリを食べたらよう吐いて、あちこちから干からびたカリカリが出て来たりしたで。

得意技は引き戸開けと布団潜り。座敷のふすまとか入り口の引き戸、おばあちゃんの部屋の入り口、二階の押し入れ、何でも開けて寝よったで。それに寒い日は布団に潜って寝るき、気付かんずつ踏まれる事もようあったね。それからリリーちゃんと言えば、不死身のリリーちゃん。生まれた時もそうやけど1歳半〜2歳頃、上の畑でお父さんが仕掛けた狸の罠にかかって大変な事に。ワイヤーを輪にして、そこを通ったらワイヤーが締まるという仕掛け。丁度首の所が締まって…でも運よくおばあちゃんが近くにおって助けられ大事には至りませんでした。

そのショックで首輪を付けるがをすごい嫌がったね。それから去年やったっけ?ハメに首の所を噛まれてすごい状態で帰って来て…でも犬猫はハメの毒は 大丈夫だそうで、獣医さんにも特に治療はいらんって言われたし、食欲も全然落ちんかって、噛まれた所の毛が抜けただけで傷もわりと早う直ったね。
それから知らん人が苦手やき、誰か来たら廊下をダッシュして逃げて行きよったけど、テレビまで反応して、テレビの中で「おはようございます」って声掛けてレポーターの人があるお宅を訪問する場面でダッシュで逃げて行きよったで。

(Y注)
ジュリちゃん:リリーのママ。頭突きネコとして一度ご紹介したことがあります。この時14歳?で相当弱っていたので、産んだ仔猫もリリー1匹のみ。若い頃はしっかりしたお母さんだったのですが、当時はもう、子育ても体力的に無理だったようです。

**女3人:祖母、母、姉のこと。私のネコ好きは祖母の代からの筋金入りなんです。

ハメ:ハブ(蛇)のことです。



姉はこれを、携帯メールで5通に分けて送ってくれました。

本当にありがとう。

そして、ミーコとリリー、虹の橋でどうぞ私らあを待ちよってね。

今度高知に帰ったら、エビフライと缶詰持って、お参りに行くきね。

|

« ”元”我が家 | トップページ | 大陸縦断記1(4月3日:出発前々夜) »

コメント

ネコの平均寿命がいくつなのかわかりませんが、7歳くらいではないかと思います。
現在、高知の実家ではスミー一家(スミレ、ポポ、キュウ)は幅をきかせており、居間を占拠しています。
 また、ここ3日くらい最高齢のハナちゃんが帰ってきてません。どこかに閉じこめられたのかな・・・・。大丈夫かな。

投稿: ハナの親分S | 2007年5月 5日 (土) 16時17分

☆S兄さん

家ネコの平均寿命、最近だと14〜5歳はあるそうですよ。野良とか外猫だともっと短くなるみたいです。全部平均すると7歳くらいになるかもしれませんね。

うちは、ジュリちゃん以降なかなか10歳の大台越えが出なかったけど、ハナちゃんは今11歳だっけ?風邪も無事に治ったみたいで安心してたのに、どこに行ったんでしょうね〜。早く帰っておいで!!!

#S兄さんとハナちゃんのツーショット、最高でした!(^^)

投稿: 飼い主Y | 2007年5月 5日 (土) 19時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ”元”我が家 | トップページ | 大陸縦断記1(4月3日:出発前々夜) »