« Letters from Iwo Jima | トップページ | BanBan Log Feb07 »

2007年2月27日 (火)

バリアツリー

西海岸からは桜の便りが、ニューオリンズからはつつじの開花も伝え聞く今日この頃。ダラスでは70何度なんて数字も出ているようですね〜。

Pict2814一方こちらはまた雪です。前回のがやっと消え始めたかと思いきや、月曜の朝には一面の銀世界。きれいなのはいいんですけどね〜。コネチカの冬はここからが正念場です(>_<)






Pict2815 そんなわけで雪見バンバンの写真もどんどん増殖中。ほんと最近の姫はベランダがマイブームで、雪だろうと雨だろうと元気に出かけて行きますね。

さてはお隣の茶トラネコと逢い引きしてんじゃ!?と気が気でない私達ですが、どうやら本当の目的は、ベランダに来るこんな人やこんな人を見る、もとい、襲うため。。。

Pict2553 Pict2554






Pict2561 実はですね。

去年のホリデーにJさんに頂いたクリスマスツリー「寒いところに置いておくと長持ちする」eikoさんが仰っていたのを思い出し、シーズンが終わってからはベランダに出してるんです。

そしたらバンバン、ツリーを敵から隠れるバリアに見立て、そっと陰にひそんで待ち伏せ作戦。。。自陣に獲物がやって来たところを得意のバタックで仕留めようという魂胆らしいのです。




んもう〜バンバンったら賢いんだからぁ〜!

手放しで褒めるFとY(親バカ)。

でも、ここだとやっぱり寒いみたいで、数日後にはこんな技を開発!

Pict2610 じゃじゃーん!
ボイラー室の中、雪かきスコップの陰に隠れる姫でございます。





そうねえ、ここなら風も当たらないし敵からも完全死角だねえ。エライねえ〜。


バンバン12歳。日々新たな進化を遂げております。

肝心の獲物の方ですが、本物の狩りは飼い主によって固く禁じられているゆえ、未だ成果無し。アメリカは狂犬病も怖いですしね〜。せっかくの張り込みもある程度時間が経ったらお部屋に強制送還です(寒いので自主的に帰って来ることがほとんどですが)。Indoor catの宿命とはいえ、もっとお外の生活を楽しませてあげたかったりもする、複雑な親心ですね。


★今日のおまけ
Happychan1 Ikukoさんの従姉妹さんで、やはり私の中高の先輩にあたるMさん@高知在住が、この度こんなかわいい子を迎えられたそうです!名前をハッピーちゃん。仔猫の頃の写真を見て、ちょっと色は薄めだけど、バンバンも小さい頃はこんなんだったのかなあ
と目を細めておりました。



Image001そのハッピーちゃん。あっという間に大きくなって、こないだ避妊手術を受けて来たそうです!が、術中なんと心停止するトラブルに見舞われたとか。

無事一命をとりとめたハッピーちゃん。Mさんさぞかし心配されたことと思いますが、無事で本当に良かったですね〜!難局を乗り越え、これからは元気一杯、ハッピー一杯な毎日を過ごしてね!ハッピーちゃん!(^^)

|

« Letters from Iwo Jima | トップページ | BanBan Log Feb07 »

コメント

まだあのツリーが活躍していたとは。物持ちのいい人、好きです。(^^)
バンバン、すっかり寒さに適応していますね。ウチのヘタレどもは、雪に足跡なんて絶対残してくれないと思います。

そうなんです、ダラスはもう春を通り越して夏になろうかという勢いです。クレイジーな人たちはもうすっかり半そでです。まだそこまでは暑くないと思うんですが。でも、今日行ったオーケストラの練習では冷房が入っていました。
こんなダラスでも、ちゃんと最高気温が氷点下なんていう日もあるわけですが(決して常夏ではない)、寒い日があんまり長続きしないわけで、もうワタシ、テキサスから動けないかもとか思っちゃいます。冬が生ぬるいんだよ~~~!

ハッピーちゃん、とってもキャわいいですが、手術後の写真は「ニャにするんだよ~!」とにらんでますねえ。それもかわいい。

投稿: J | 2007年2月28日 (水) 00時04分

Jさん

ちょっとドライフラワーちっくになって来ましたが、ツリーはまだまだ健在です!雪景色にツリーはまた格別の趣でして。。。う〜んマンダム。寒くても、寒さを楽しむアイテムがあることで随分気分が違いますよ〜。改めて、ありがとうございます!

半袖、冷房、、、さすがダラスですね!(極端)
ちなみにニャンsの毛っけは・・・さすがにまだ冬モードでしょうか?(^^)

バンバンもすっかり北国の暮らしが板に付いてきました。思えば先日アップしたダラス時代のヤングバンバン。あんなに小顔でスリムに見えたのは、きっと夏で毛っけが一番薄かったんじゃないかと思います。F氏は「同じネコとは思えない!」と舌巻いてましたからね〜。今は常にふっさふさのもふもふ毛皮です。

ハッピーちゃん。こんなに美人だと我が実家のボーイズ達がほっとかないだろうなあ(ご近所さんなんです)。Mさん、うちの若いモンがお嬢様にちょっかいかけるかもしれませんが、どうか大目に見てやって下さいね〜(^^;)

投稿: 飼い主Y | 2007年2月28日 (水) 18時02分

こんばんは~
バンちゃん、狩がしたいんですね。
リバティもいつも窓際で鳥さんを
見つめてました。時々ポーチに脱走して
ジャンプして鳥を捕まえようとしてたし。笑
バンちゃんも、バルコニーから落ちないように
気をつけてくださいね~。しかし、寒そうな
景色ですが、ピキッとした空気を感じられますね。いいなー

投稿: ユキティ | 2007年3月 1日 (木) 07時12分

さすがコロラド帰りのユキティさん!
この景色を「いいなー」と言って頂けるなんて!
お陰でまたもうしばらく頑張れそうです。
ああでも、早く春にならないかなぁ〜。

リバティちゃんも鳥さんハンティング頑張ってたんですね。
ジャンプして捕まえようとするとは、結構いいセン行ってたのでは?(^^)
うちはまだまだ、どうやら空中戦は苦手のようで、最近はもっぱらリス狙い?です。

窓際で鳥を見つめるにゃあさん。
かわいかったでしょうねえ。。。

また、にゃあさんの思い出話、いっぱい聞かせて下さいね。
お写真もいっぱい、楽しみにしています。
(でも、首輪のお写真にはまた泣けてしまいました・・・)

投稿: 飼い主Y | 2007年3月 1日 (木) 11時26分

あ、「窓、狩り」で思い出しました。
まだ海が小さかった頃(1歳になる前)、彼は私のベッドの上から窓の外のバックヤードを見ていました。ちょうど窓の目の前のポーチへ鳥さんが。海は鳥さんへ向かって、大ジャンプ。窓ガラスに思い切りブチ当たっていました。「ゴ〜〜〜ン!」と大きな音がしたので、脳に障害でも出るんじゃないかと、とても心配しました。

投稿: J | 2007年3月 1日 (木) 17時28分

Jさん

がははは〜!!!

海ちゃんったら、めちゃめちゃドジ〜!
んで、めちゃめちゃかわいい〜〜〜!!!

しかし、その一部始終を見ていたJさん。さぞかし驚かれたでしょうねーーー。
ビデオ撮れてたらFunniest Animal Showで最優秀賞間違いなし!

でもホントに子供って何をしでかすかわからないですね。
とにかく海ちゃんが無事で良かったですぅ。ホッ♪

投稿: 飼い主Y | 2007年3月 1日 (木) 20時55分

いやあ、鳥さんを見て「かかかっ」って言っていたので、「これで飛んだら、マンガだよなあ」と思っていたところへ「ゴ~~~ン!」。まさかやるとは思わなかったので、びっくりするやら情けないやら(おバカ)。ぶつかった後は、笑うよりも、心配でオロオロしておりました。
彼は小さい頃はお笑い担当で、彼がくれる笑いにずいぶん救われました。

投稿: J | 2007年3月 1日 (木) 22時14分

Jさん

「かかかっ」って、あのニャンコが鳥さんに語りかける小刻みな「ニャ」と同じものでしょうか?

うちではこれを「鳥語」と呼んでます。「ちゅんちゅん」のつもりで言ってると思われますが、「いやいやバンバン、「ちゅん」のつもりでも「にゃ」になってますから〜!」と、波田陽区ばりの突っ込みを入れて遊んでます(あの人はどこ?)。

お笑い担当の海ちゃん、たくさんJさんを癒してくれたんですね〜。

グッジョブ、海ちゃん!!!

これからも3ニャンと共にJさんをよろしく頼んだよぉ〜♪(^^)

投稿: 飼い主Y | 2007年3月 3日 (土) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Letters from Iwo Jima | トップページ | BanBan Log Feb07 »