« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

バリアツリー

西海岸からは桜の便りが、ニューオリンズからはつつじの開花も伝え聞く今日この頃。ダラスでは70何度なんて数字も出ているようですね〜。

Pict2814一方こちらはまた雪です。前回のがやっと消え始めたかと思いきや、月曜の朝には一面の銀世界。きれいなのはいいんですけどね〜。コネチカの冬はここからが正念場です(>_<)






Pict2815 そんなわけで雪見バンバンの写真もどんどん増殖中。ほんと最近の姫はベランダがマイブームで、雪だろうと雨だろうと元気に出かけて行きますね。

さてはお隣の茶トラネコと逢い引きしてんじゃ!?と気が気でない私達ですが、どうやら本当の目的は、ベランダに来るこんな人やこんな人を見る、もとい、襲うため。。。

Pict2553 Pict2554






Pict2561 実はですね。

去年のホリデーにJさんに頂いたクリスマスツリー「寒いところに置いておくと長持ちする」eikoさんが仰っていたのを思い出し、シーズンが終わってからはベランダに出してるんです。

そしたらバンバン、ツリーを敵から隠れるバリアに見立て、そっと陰にひそんで待ち伏せ作戦。。。自陣に獲物がやって来たところを得意のバタックで仕留めようという魂胆らしいのです。




んもう〜バンバンったら賢いんだからぁ〜!

手放しで褒めるFとY(親バカ)。

でも、ここだとやっぱり寒いみたいで、数日後にはこんな技を開発!

Pict2610 じゃじゃーん!
ボイラー室の中、雪かきスコップの陰に隠れる姫でございます。





そうねえ、ここなら風も当たらないし敵からも完全死角だねえ。エライねえ〜。


バンバン12歳。日々新たな進化を遂げております。

肝心の獲物の方ですが、本物の狩りは飼い主によって固く禁じられているゆえ、未だ成果無し。アメリカは狂犬病も怖いですしね〜。せっかくの張り込みもある程度時間が経ったらお部屋に強制送還です(寒いので自主的に帰って来ることがほとんどですが)。Indoor catの宿命とはいえ、もっとお外の生活を楽しませてあげたかったりもする、複雑な親心ですね。


★今日のおまけ
Happychan1 Ikukoさんの従姉妹さんで、やはり私の中高の先輩にあたるMさん@高知在住が、この度こんなかわいい子を迎えられたそうです!名前をハッピーちゃん。仔猫の頃の写真を見て、ちょっと色は薄めだけど、バンバンも小さい頃はこんなんだったのかなあ
と目を細めておりました。



Image001そのハッピーちゃん。あっという間に大きくなって、こないだ避妊手術を受けて来たそうです!が、術中なんと心停止するトラブルに見舞われたとか。

無事一命をとりとめたハッピーちゃん。Mさんさぞかし心配されたことと思いますが、無事で本当に良かったですね〜!難局を乗り越え、これからは元気一杯、ハッピー一杯な毎日を過ごしてね!ハッピーちゃん!(^^)

| | コメント (8)

Letters from Iwo Jima

残念ながら作品賞は逃してしまいましたね。
でも、応援してましたよ〜、Iwo Jima。

私達も少し前に観て来ました。
最寄りのシアターではやってなかったので、20分ほどドライブして大きなシネコンに。

ちなみにですね、うちの近所には太平洋戦争に関連したモニュメントが2つあります。一つ目が、

「Pearl Harbor Memorial Bridge」

上のシネコンに行くのに95号という高速に乗るのですが、その途中にある何の変哲もない橋。なぜmemorialなのかはわかりませんが、毎度複雑な心境になる私達です。

更にもう一つ。
去年の夏にハートフォードに出かけた際、高速の出口で「Iwo Jimaなんとかかんとか」という標識を見かけたんです。当時は何のことだかわからなかったのですが、調べたら、

「National Iwo Jima Memorial Monument」

というのがあるそうで。

DCのアーリントン記念墓地に本家の銅像があるのですが、こちらは1995年2月23日、丁度硫黄島の戦いから50周年にあたるのを記念に作られたもの。建立に際してハートフォード近郊出身のベテラン有志が寄付をしたそうで、それでここに設置されたんですね。911テロの際、WTCに星条旗を掲げる消防士の姿が硫黄島になぞらえられたことも記憶に新しいです(ここでも複雑な心境だったワタクシ・・・)。

さて、映画の感想です。

まず、会場は今までで一番の入りでしたね〜(それでも3割ぐらいですが)。
客層はほとんどが白髪の老紳士・老夫婦たち。
年齢的にはベトナムのベテランさんぐらいでしょうか。そんな中、若者東洋人な我々は激しく浮いてたかもしれません。

映画は全く予習なしに観たものですから、あんなに日本語オンリーだとは思いませんでした。後で見たら「全編外国語映画」なんですね。台詞の英語訳を字幕で見ていて思ったのは、本当に日本語って曖昧な言語だな、と。主語目的語どんどん省略されますもんね〜。こういう曖昧かつ自己を抑えた日本語の表現は、アメリカ人に一体どこまで伝わっているのかしら?と思いました。

それでも、ハリウッド映画で良くある「おいおい」な場面(時代考証不十分)はほとんどなく、まるで日本人が撮った日本映画のよう。イーストウッド監督あっぱれ、ですね。俳優さんも良い演技をしてました。Ken Watanabeも良かったですが、私的には加瀬亮さん(憲兵隊清水さん役)の抑えた演技が素晴らしかったです。嵐の二宮くんは最後エンドクレジットを見るまでわからなくって・・・(汗)。駆け出しの舞台役者さんかなと思ってましたよ。

オスカーを受賞した音響効果も確かに良かったですね。
ズドン、ズドン、と洞窟の中に響く砲弾の音は今思い出しても胸騒ぎがします。全編モノクロに近い映像も、砲弾の火の色や血の赤を際立たせて、より苦しくせつない思いにさせます。

中身についての感想はネタバレになるので控えさせて頂きますが、とにかく私達の世代は何が何でも必見だと思います。そしてあの時代、あの過酷な状況で散っていった命の数々(日本人アメリカ人を問わず)に思いを馳せて欲しい。あの戦争を生き抜いて、今の日本を一から作り上げてくれたおじいちゃんおばあちゃんの世代へ、ねぎらいと尊敬の気持ちを新たにして欲しい。そして最後に、こんな愚かな戦争はもう二度と繰り返してはならない、そういう思いを強くした一時でした。

#このあと無性に、天国のおじいちゃんにもう一度会いたくなりましたね。会って当時のことをもっともっと聞きたい。でもきっとおじいちゃんは話したくないこともいっぱいあるんだろうけど。きっとあまりに辛くてこの映画は正視できないんじゃないかと思うけど。。。


★今日の嬉しい!!!
数日に1度のバンバン体重測定。F氏の担当で、毎回バンバンを抱っこして体重計に乗り、後で自分の分を引き算して測ってます。が、ぬわんと今日の測定で、久々の11.6lbsを記録!!!今月初めには11.0まで落ちてたので、嬉しい0.6lbsの回復です!!!実際、「6」を見るのは年末以来。ビヨ〜ンと伸びる姿にも昔のぽってり感が戻って来たような気がしますよぉ〜!!!(嬉しくて「!」がいっぱいです!!!)
Pict2744 Pict2749

| | コメント (2)

2007年2月24日 (土)

歯磨き?

なんとなく土曜は動画の日、定着しつつありますね。

本日お届けするのは、題して

バンバンとF氏のラブラブ歯磨きタイム

で〜す。毎晩お食事後は、バンバンの方からせがんで来るんですよ!(^^)ちなみにこのコームは、前の飼い主Iさんから譲り受けたもの。相当使い込んでボロボロですが、お姫様、他のじゃヤっておっしゃるんですよね〜♪

| | コメント (3)

2007年2月22日 (木)

にゃんにゃんにゃん

ということで、今日はネコの日でございます。

何か特別企画をと、あれこれ思案してるところに格好のネタが!

Jさんから「バンバンに似てるかも、ホモロジーサーチしてみて」とのことで、かわいい陸姫様の写真を3枚も送って頂いたんですぅ〜!

毛っけが長いゴージャス陸ちゃんですが、確かに表情とか色合いがバンバンに似てますね。同じダラス出身ですし、もしかしたら遠縁にあたるのかも???

バンバンアルバムをひっくり返し、それぞれに最も良く似た写真を探してみました。

3セット、一挙にご覧下さい!

(1)ホモロジー:70%
12607_021_rikuPc070136(ちょっと伏し目がちな表情が似てますね!)

 

(2)ホモロジー:60%51406_035_riku P7070246

(ちょっと上向きスタイルの陸姫様。対して5年前のヤングバンバン。細面なのがちと惜しい?)

(3)ホモロジー:80%51406_040_rikuP6020118

(表情はそんなに似てないですが、全体的な迫力感で最高ポイント獲得!(2)と同様、借景になってる海ちゃんもめちゃかわいいですね!「ぼくも撮って〜!」って言ってるみたい♪)

さて、皆さんのお好きな陸姫・バン子姫はどれですか?(^^)

| | コメント (6)

2007年2月21日 (水)

スキー!

行って来ました!アメリカ初スキー。

Rimg0624

私にとっては人生5回目。
てことで、まだまだ初心者。ボーゲンオンリーちゃんです。

行ったのはうちから車で30分のMt Southingtonスキー場。規模は小さいですが、私的には十分お腹いっぱいの広さでした。前回は2年前の軽井沢で結構混んでましたが、それに比べたら人も少ないし、その時にはまだ結構感じてた「恐怖感」も今回はほとんどなかったです。相変わらずリフトの乗り降りでは毎度テンション上がりますけどね。

リフトと言えば、今回「バーリフト」なるものに初挑戦しましたよ。結果は敢えなく惨敗(3回連続で失敗してそのまま断念・・・苦)。何て言うか、滑り出しの感覚が難しいですね。慣れてしまえば面白そうなんだけど・・・あとちなみに、リフトはどれもカバーがなくて寒かったです。天気が良かったので耐えられましたが、これで吹雪だったりしたら泣いてただろうなあ。

F氏は北陸生まれなのでスキーうまいですね。もう、毎日学校へスキーはいて通ってたでしょ?ってぐらい。彼ならバーリフトも軽く乗りこなしたでしょう。

私はスキーはレンタルしましたが、F氏はマイスキー&マイブーツ。
いずれもこっちでおニューで購入したものです。

Pict2471日本ではファンスキーと呼ぶ短いタイプで、ストック持たずに滑ります。英語ではSnowbladeと言いますが、まだあまり浸透してないみたいで、どこに買いに行けばいいのかわからず苦労しました(Sports Authorityとかじゃ駄目。専門店もうちから高速で30分のところにやっと1軒あるぐらい)。でも、買ったのが1月で遅かったせいか、40%のディスカウント!相場は日本とそんなに変わらないですね。

ちなみにこれ、よく子供用スキーと間違えられるみたいで、リフト待ちのおやっさんに「They look like 6-year-old's skis!」と話しかけられてました(笑)。

あとそうそう、英語と言えば、ストックって英語じゃないんですよ!(ドイツ語?)正しくはpoleと言います。うーん、ややこしい・・・

ウェアもウェアとは言いません。ジャケットとかコートとか、パンツとか、部品名(?)で呼びますね。ちなみに我々のジャケット&パンツは、送料の方が安くつくだろうということで、日本のお義母さんに送って頂きました。私のは義妹さんのお古。大事に使わせて頂きますね!

F氏によると日本のウェアはいろいろ流行りがあるそうですが、それに比べたらこっちは適当な格好の人が多いみたい。途中で日本人の親子を2組ぐらい見かけたのですが、一方のお母さんが着てたウェアが、何と言いますか、20年前ぐらいに流行った(らしい)派手派手ボディコン系のやつで、物持ちのいい方なんだなあ〜と感心しました。赴任の際に一切合切持ってらしたんでしょうね。

そんなこんなで面白かったです!スキー!
うちの近くには小さいスキー場しかないですが、1−2時間かけると結構大きいのがあるみたいで(バーモント州とか?)、次回はその辺を攻めてみたいですね。あ、でも、それまでにこの全身筋肉痛を何とかせねば・・・!(汗)


★おまけの写真

F氏のデジカメからこんなかわいいバンバン発掘!いつの間に撮ったんでしょう?

おぬし、なかなかやるな(^_-)

その姫の方ですが、昨日2回目のB12ショットを無事終えました〜。飼い主の方も手慣れたもんですね。ただ、今朝方久々に下痢P子出現(しかも血便混じり 涙)。「IBD猫の傷ついた腸の具合というのは、簡単にはよくならないそうなので、時々下痢がぶり返してもあまり心配しないようにって。」というマグノリアさんの言葉に励まされつつ、これからも慎重に経過を見守りたいと思います。

Rimg0610

| | コメント (10)

2007年2月19日 (月)

Happy Valentine!

先週はバレンタインウィーク。

こちらでは、恋人同士が花束やカードを贈ったりして過ごします。が、どっちかって言うと男性から女性にプレゼントする場合が多いですね。うちの職場でも、ボスが奥さんに花束買ったと言ってたし、Zさんという女性の元には某氏よりバラの花束のデリバリー。Kくんという学生さんはフィアンセの女性にディナーを作ってあげるんだと言っていました。

日本の習慣を説明すると大抵びっくりされるのですが、「代わりにホワイトデーのお返しってものがあって、、、」と付け加えると「ああそれならいいわね」と納得してもらえます。

ということで、我が家は今年も日本風バレンタイン。
去年はチョコケーキでしたが、今年は抹茶ロールケーキに挑戦しました!

Pict2697

しかーし、、、こう、生地が全然ふわふわにならず、、、失敗、、、(苦)
卵の泡立て方が甘かったのと、粉の分量が不正確だったのが敗因かと(うちは秤がないので毎回目分量なんです)。あずきクリームはおいしかったんですけどねえ。バンバンもペロペロ試食してましたよ(クリーム系には目がない姫なのです)。

とにもかくにも、

F氏、いつもいつもありがとう!!!\(^o^)/

ホワイトデーのお返しも期待しつつ!?(^^)今年も楽しい1年にしましょっ♪

 BY(我が家の女性陣)より
Pict2607

| | コメント (12)

2007年2月17日 (土)

雪景色

水曜木曜と、この冬一番の雪になったコネチカ。
はしゃいであれこれ写真を撮ってみました〜。

アパートの前の森
Pict2657

アパート

Pict2616_1

Pict2615_1

職場近くの公園
Pict2624 Pict2625

 

Chu2w__4 ちなみに、、、こないだマグノリアさんに言われて、「はて、そもそも正常なニャンコのウンってどんな形?」と自問したワタクシ。ままるねこさんのサイトにも詳しい記載がありますが、今一度獣医さんに尋ねてみました。すると、

「親指くらいの太さで、節があったり何個かに分かれていて、堅すぎず軟らか過ぎずの便が良い便ですね」

とのこと。やはり「分節のある」ウンは良いウンのようです。バンバンの場合、先日見られたウンはこのタイプ。昨日も今日も節のあるタイプのウンウンを披露してくれましたー!(^^)

とは言っても、2回に1回はまだ、節のない、小指サイズの柔らかウンだったりします。私が今まで軟便と言っていたのは、これよりももっと柔らかいプ リンタイプ。小指サイズは「まあまあOK」としていました。が、もしかしたらこの小指タイプも軟便に分類すべきなのかもしれませんね。

色についてですが、分節のあるウンは色も濃い目(観測数n=3)。華奢で柔らかいウンは色も薄い(n=10以上)です。


Pict2650_1

今日は久々に真冬日から脱出!バンバンも窓辺でぽかぽか日向ぼっこを満喫してました。最後にそんな姫の大あくびショットもおまけします。ウンウンも固くなって来て、良かったね〜、バンバン!

(>moomamaさん、これがバンバンの「くちびる黒ゴムパッキン」です。上あごの黒白黒模様もおわかり頂けますかぁ?^^)

| | コメント (4)

BanBan on the Snow

Pict2672_1 少し(だけ)暖かくなった今日。

勇気を振り絞ってベランダに出てみたニャ。

でも、雪があんまり冷たくて、肉球が冷えてぶるっ!となったニャ。

それでもやっぱり、お外は楽しいのニャァ〜♪

by バンバン

| | コメント (0)

2007年2月15日 (木)

おうちでお注射&pred増量

Pict2582 火曜の朝、B12を6回分もらって来ました。

既にシリンジに分注されてて、楽チンですね。1 mg/mlを0.5 mlずつ、つまり0.5 mgの投与です(写真手前は使用後のもの)。よく見るTexas A & Mのプロトコール(この半量をもう少し長期間与えるもの)とは少し違いますが、水溶性ビタミンだし大した問題ではないかなあと。

お注射も思ったより簡単でした。
バンバンをテーブルに乗せ、F氏が両手で首の周りを軽く保定。その隙に私が肩甲骨の間(皮を持ち上げた際にできるポケット部分)にプスッ!皮下で針先が動くことを確認してから2−3秒かけて注射しました。

でも、この2−3秒がちょっと長すぎたのかな?最後の方で「ンニャ!」と少し動かれてしまい、慌てて針を抜いた私。注射液が少し漏れてバンバンの毛っけについてしまいました。でも、どちらにも怪我はなかったし、B12も8割方は入ったと思います。ということで、ひとまず成功!恒例のgive me five!

どうでもいいことですが、cat in the hatという映画、ご覧になりました?マイク・マイヤーズ扮する猫が人間の子供とハイタッチするシーンがあるのですが、give me five!と言った後、「あ、オレの場合give me fourだわ」と訂正するんです。あれ、日本語版ではどういう訳になってるのかな?

Pict2572 さて、お注射後のバンバンの様子です(写真はままるねこさんのリクエスト?にお応えして、姫の耳先クローズアップ!このちょいちょいとした毛っけ、長毛種の血が入ってる子によく見られるそうですよ)。

先週ほどハイパーにはなりませんでしたが、とにかくご飯をよく食べる!普段はWellnessの缶詰を1日1缶(プラスWildside Salmonをお茶碗半分くらい)しか食べないのですが、お代わりするニャするニャとせがまれて、気が付けば1晩で1.5缶。昨日も同じく1.5缶。その分ウンウンも多めに出ているのですが、形はまずます。量も昔に比べたら減ったかなあという感じです。

それでもまだ、ウンウンの形が安定しないので、M先生と相談して、predを5 mgに増量することにしました。心配していた副作用も今のところないですし、元々は5 mgで始める予定でしたからね。きっと良くなると信じてます!

丁度ホワイトバレンタインデーとなったコネチカ。ベランダにも結構積もったので、念願のこれ!撮れましたー!
Pict2600

Pict2596 本ニャンはベランダに出たい出たいと言いながらも、いざ雪の上に前足をつけてみて、そのあまりの冷たさに「やっぱりやめるニャ」とずるずる後ずさり(笑)なのでこの足跡は全部姫の前足のものです。うーん、肉球フェチ的にはたまりません!(^^)
Pict2599

| | コメント (2)

2007年2月12日 (月)

B12結果

Pict2550

血液検査の結果が返って来ました。

Banbanb12folate
ご覧の通り、バンバンのB12はやっぱり低かった!

どうりで先週のお注射がよく効いたわけですね。もちろんそれまでも元気そうにはしてましたが、お注射後と比べると明らかに元気度が違いましたもん。具体的に言うと、

B12前:私達が猫じゃらしを振って遊びに誘えば遊ぶかな、という状態から、

B12後:誘わなくても勝手にダッシュしたり(バンダッシュ)、おもちゃをお手玉にしてアタック攻撃したり(バタック)、寒いベランダにも積極的に出て行ったり。バンダッシュ・バタックはシッポポンポンのたぬき状態で(自己たぬき化反応)、言われてみたらこんなバンバン見るの久しぶりかなあという感じでした。

#トップの写真はベランダに来た鳥さんを見て興奮中のバンバンです。写真が間に合わずたぬきシッポがしぼんでしまった後なんですけどね。

ということで、これからしばらくB12のお注射続けてみます。
M先生からのメール:

The B12 levels are low, so we should continue the injections weekly for 6 weeks then once a month.
Repeat the values in 6 weeks.
The increase in folate is consistent with bacterial overgrowth which is common with IBD.

とあるように、6週続けた後再検査の予定です。
おうちでお注射、はてさてうまくいくのかしら???

Chu2w__2 それでですね、ワタクシこの機会に、IBDとB12の吸収不足の関係を真面目に勉強してみました。

そもそもIBDの原因の一つとして、腸内での共生菌(ビフィズス菌、乳酸桿菌などの善玉菌)が減少し、代わりに有害細菌(大腸菌、ウェルシュ菌などの悪玉菌)が増殖することが発端となる可能性が示唆されてるらしいんですよね。免疫系が正常に機能すれば悪玉菌も早々にやっつけられるのですが、何らかの原因で免疫系が破綻した結果(ここからは遺伝的な素因も影響するのでしょうか)IBDに至ってしまうのかもしれません。

話をB12に戻すと、小腸で異常増殖した細菌(SIBO、small intestine bacterial overgrowth)はB12を栄養源として消費してしまうので、体内に吸収できるB12量が不足してしまうんだそう。

同様のメカニズムで葉酸も低値を示すのかなと思っていたのですが、バンバンの場合は逆、高葉酸血症を示しました(程度は低いですが)。「んー、どういうことじゃい?」と不思議に思い、文献を探してみたところ、何でも小腸の細菌で葉酸を生成するタイプがいるらしく、そいつが異常増殖した結果もたらされた可能性があるとか。実際ワンコのSIBOの研究で、低コバラミン高葉酸の症例が報告されているようです(リンクはこちらこちら)。

ニャンコの文献は確認できませんでしたが、学会レベルでは報告があるのかな?

それじゃあ元々どうして腸内細菌叢のバランスが崩れるかと言うと、食事、ストレス、加齢、抗生物質などの薬の摂取、病原菌などの感染など、いろんな可能性があるみたいですね。思えば私も食事やストレスで下痢Pになることありますもん。ただそれが持続するかしないかの違いなんでしょうけどね。

いずれにしても、IBDの根本原因が何かを突き止めるのは非常に困難。とにかく今はpredで腸の炎症を抑えつつ、B12を補って全身症状を改善する(=腸粘膜細胞の自己修復能力を高めることにもなるらしいです)。そして長期的には、腸内フローラを正常に保つことと、強い免疫系を維持すること、が課題になって来るでしょうか(って口で言うのは簡単だけど、具体的に何をするかはホントに難しいですよねえ)。

・・・とにかく、バンバンには1日も早く寛解してもらわないと!!!

ちなみにですね、今朝方、久々に良好なウンウンを披露してくれた姫!

今までは、良くてもこう、フカフカ柔らかくて切れ目のないのが1本って感じだったんですが、今朝のはそれが、ちょっと固めの途中で分節があるタイプになってたんです!(この説明でわかりますかねえ?)まだ色が薄めなのが気になりますが、とにかく一歩前進!嬉しいです!!!

| | コメント (6)

2007年2月10日 (土)

prednisolone開始

バンバン、火曜日にM先生に診てもらって来ました!

小腸のmalabsorptionの程度を見る血液検査(ビタミンB12と葉酸レベルを測ります)をしてもらい、結果前ではありますが、B12の皮下注射もしてもらいました。

もらったというか実はこれ、私が自分でお注射したんです!

もし血中のB12が下がっていたら、今後週1で皮下注をすることになるかもしれず、家でできるようにとドクターが練習させてくれたんですよね。病院では毎回フーギャーと大暴れのバンバンなので、看護師さん(キャットスペシャリストのCさん)にしっかり保定してもらったうえでのお注射でしたが、痛みもないようで「まずまず合格」(by M先生) (^^)v。

ただ、背中の肩甲骨の間の皮膚をむぎゅっと持ち上げて、体と平行に針を入れるのですが(こうすることによって、万一バンバンが暴れた際の針の誤刺を防ぎます)、私のはちょっと斜めに刺さってたみたいで、今後注意せねば。。。というか、それ以前にバンバンの保定をするF氏の方が重労働になりそうですけどね。やっぱり家では無理となったら毎週病院に連れてくことになるのですが、それもまたバンバンにとってストレスになるし、、、うーん、、、ま、ひとまずはB12の結果が良いことを祈るとしましょう。

ちなみに教科書的には、B12や葉酸不足になった場合、悪性貧血、食欲不振、体重減少などが見られるようです。バンバンは元々食欲は落ちてませんでしたが、なんとなく元気がないかもな〜と思ってました。ところが!B12の注射をしてもらった翌日からすんごく元気になっちゃって!飛んだり跳ねたり、とてもアクティブに遊んでますよ〜。

触診の結果も異常なし(ここでもバンバンはフーシャーの柄悪子でしたが・・・汗)。Prednisoloneももらって帰って来て、水曜の夜から投与を始めました。

Pict2539 これがpredです。5mgの錠剤を、本当は1錠ずつあげる予定だったのですが、バンバンは以前aziumという違う種類のステロイド(デキサメタゾン)で副作用が出てしまったことがあるので(この時はback painの治療にと:当時は別の獣医さんに通っていましたが:処方してもらいました)、半分の2.5 mgから始めてます。粉状にクラッシュしてフードに混ぜれば普通に食べてくれるので楽チーン!(^^)今のところ副作用もなく、少しずつ下痢Pが治まって来てる気がしますね。ちゃんとした効果が現れるまで最低1−2週間はかかるそうなので、慎重に経過を見守りたいと思います。

人間の場合、コルチゾールは朝投与が一般的ですが(内在性ステロイド分泌の日内変動に合わせるため)、ネコは夜行性なので夕方投与。これはM先生からの指導ではなくままるねこさんのサイトで勉強させて頂きました。いつもいつも本当にありがとうございます!)

ご飯は、Wellness缶Metamucilを朝晩1/8 teaspoonずつ混ぜてあげてます。が、バンバンのIBDの原因が何か明らかになってない今、食物アレルゲンのリスク分散の意味も込め、他の缶詰や手作りニャンコご飯を試してみてます。缶詰はNatural Balancechicken & liver pate formulaが気に入った様子。Grain freeでIBD猫のお腹に優しいのでは?ちなみにvenison & green pea formulaも試してみましたが、こっちはプイッでした(汗)。まあ、野生の猫は鶏は食べても鹿は食べないでしょうからね。ここでまたmouse & rat formulaに思いを馳せる私だったりしますが(笑)、まあ、ペットフード会社も人間にいい印象を与えるものしか作れないんでしょう。うむむ。

それじゃあ手作りニャンコご飯でmouse & rat formulaにすれば?なんて妄想もしないではないけど、軟弱な飼い主Y(なんせ私自身がベジタリアン)は、ひとまずチキンから始めています。生まれて初めてスーパーのお肉コーナーで品物を吟味したり、手羽先(wing)やもも肉(thigh)に骨が入っていて仰天したり(じょ、常識ですか?)、、、とまあ、なんとも情けないんですけどね。バンバンは煮たりフードプロセッサーでぐちゅぐちゅにするよりかは、シンプルに焼いたり揚げたりしたのが好きみたいで、温かいうちに身をほぐしてあげると、おいしそうにはふはふ食べています。

Pict2447 Pict2450
写真左は私が初めて揚げた手羽先の唐揚げ(>Aちゃん、フライヤー活躍してるよ〜!)。これは味付け済みのもので、F氏にサーブ。右がバンバンにあげた味付けなしのものでーす。はふはふムービーも撮ったので見てみて下さいね!(この鼻のとこに寄る縦じわがかわいい〜〜〜♪)

| | コメント (6)

2007年2月 6日 (火)

再会

Pict2524日曜日、3年半ぶりにある方と再会しました。

東海岸にいるせいでしょうか。
思いもかけずこういうチャンスに恵まれ、本当に感動の一言!

離れていても、ずっと気遣って下さる方。
ほんとに3年半ぶり?ってぐらい変わらなくて(お互い?)あれもこれもとマシンガントーク(^^)
別れ際も、また明日!とでも言いたくなるような、そんな安心感がありました。

まるで田舎の家族に会ったような・・・
3年半前の自分に再会できたような・・・

心の滋養強壮!?とでも言いたくなるような、本当に素敵な一時でした。

トップの写真はお土産に頂いた地図(実は地図フェチです 笑)と、バンバン文鎮です。足で指し示してるところがバンバンの出生地なのかもしれませんよ(?)


★バンバンの下痢Pはまだ治まりません。。。食欲はあるのですが、こんな調子じゃ栄養が全然身に付かないですよね。Flagylも副作用が出たみたいで昨日からストップしました(足下がふらつくような感じ。今朝にはもう落ち着いて、ジャンプやダッシュもしてたので、大丈夫だと思います!)。

念のため今晩ドクターを受診する予定。全身チェックと腸の吸収具合を見る血液のパネル検査をやってみます。いよいよpredonisoloneも始めることになりそう。

あと、ドクターからはご飯にサイリウム(水溶性繊維質)を加えてみては?とのアドバイスもありました。商品名Metamucil。ウンウンを物理的に固めようとの作戦でしょうか。早速昨晩薬局で買って来て試してますよ〜。

Pict2506 写真は日曜日のバンバンですが、これでも随分痩せた気がします(ウエストライン、昔は全然なかったもんね)。体重は先週より少し持ち直して11.2 lbs(5.1 kg)。まだおデブに戻るのも問題でしょうから、何とか現状維持ぐらいでいきたいですね。

| | コメント (0)

2007年2月 4日 (日)

ねこだま2冊目

Pict2404 先日ご紹介したお義母さんからの救援物資。
今回もねこだま入れて下さってましたー!
またまたありがとうございます!>お義母さん♪

中から気になる話題を2つ、ご紹介しますね。



Chu2w__1まずは成毛厚子(なるもあつこ)さんによるエッセイ。19歳になる姉妹猫、ホタルちゃん・サヨリちゃんと暮らす漫画家さんです。

漫画家の前世は猫だったのではないかと思っている。生活パターンも気質も、ほぼ一致しているからだ。

という鮮烈な書き出しから始まるこのエッセイ。それでは猫と漫画家はどう一致してるかというと・・・

眠いときに寝たいだけ寝る、電話が鳴ろうと人が訪れようと、無視して20時間くらいは平気で寝続ける。食べたいときに好きなだけ食べ、食べるものがなくなると誰かが持ってきてくれるまでじっとしている。

他人をあごで使うのに、人の命令には絶対に従わない。スポーツが嫌い、旅行が嫌い、家でごろごろしているのがいちばん幸せ。きまぐれ、わがまま、人づきあいが苦手。こわがりで見知らぬ人が近寄ってくると、逃げるかシャーシャー言って威嚇する。なのに、ちょっとは人から注目されたい、かまってほしい。

た、確かに!猫と漫画家はそっくりですね。というか、漫画家じゃなくても、あなたも私も、こんな性格って多少なりとも持ってますよね?

で、更にここからが白眉なのですが、

ここまで一緒だと、違いは全身に毛が生えているかいないか、くらいのことではないかと思えてくる。しかし、ここで最大の違いに気づいた。どんなにわがまま勝手でも、
「猫はかわいい」
特に寝顔。幸せ頭に二匹でくっついている寝姿を見ると、
「この子たちのためなら死ねる」
とまで思ってしまうのはなぜか。

そうです!!!
猫はなんと言ってもかわいい!!!
何をしててもかわいい!!!
赤ちゃん猫でもお年寄り猫でもかわいい!!!

生まれてから死ぬまで、ずーっと猫は我々のlittle fur babyなんですよね。
これは本当に、漫画家?いやいや、我々人間と猫をset apartする大きな違いの一つではないでしょうか。

 

Chu2w__1と、随分鼻息荒くなったところで、次の話題。
こちらは漫画で、原田梨花さんによる「うちの猫」

原田さんちの銀ちゃんは、現在20歳と5ヶ月。金目銀目のいわゆるオッドアイちゃんです。

8月に2キロ弱まで体重を落とし、持ち直しても2.2キロな銀ちゃん。

ひょんなことからジャージー牛乳を飲み始めました。

毎日ごくごく。

ご飯を食べずとも、ジャージーは飲みまくります。
その量は1日約400ml!

そして10月、獣医さんで体重測定したところ、、、

ぬわんと、2.84キロに!!!

ジャージー牛乳だけで600グラムも太った銀ちゃん。
これはまさに奇跡、ですね。

バンバンもジャージー飲まないかなあ?
(ちなみに普通の牛乳はお好きでないバン子姫です)

| | コメント (2)

2007年2月 3日 (土)

お薬再挑戦

Pict2496 このところ、またバンバンの下痢P子が再発しています。

日曜日には6回連続、最後は少し血便だったりして、、、(泣)幸い嘔吐はないのですが、その後も間欠的に下痢Pは続いていています。

Pict2501元々体重の減少が心配だった私達。先週末に主治医のM先生と相談して、今一度、本格的な薬物療法に取り組んでみることにしました。

私としては、ステロイド(predonisolone)を試してみたかったのですが、M先生は、「私が自分の猫にするなら」と前置きしつつ、「ステロイドの前にflagylを試してみては?」とのこと。

Flagylは11月に調子を崩した時にも処方してもらったのですが、ふがいない飼い主のせいでまともに投与できてなく、効果があるかどうかわからないんですよね。

#flagylは液体で処方してもらってるのですが、とても苦い(多分臭いも相当くちゃい?)らしく、ご飯に混ぜても「プイッ」って感じで全くdisguiseできなかったんです。強制的にシリンジで飲ます方法もあったのですが、そうこうしているうちに軟便が落ち着いたので、結局そのままになってました。

MildなIBDはflagylでコントロールできることが多いので、いきなりステロイドを始める前に、今一度flagylの効果の有無を確認しておきましょう、との趣旨です。

ということで、今回はご飯に混ぜてdisguiseするんじゃなく、シリンジでえいやっ!をすることに。。。

とは言っても、皆さんご存知のように(?)バンバンは大人しくシリンジえいやっ!をさせてくれるようなお猫様ではございません。

M先生にコツを教えてもらったのですが、何分私達も初めてなもので、予習通りにはいかず。。。

1回目は敢えなく失敗。。。

投薬は出来ないはバンバンに嫌われるわで、FYともに激しく凹んでました。

が、ここでへこたれちゃいかん!
バンバンの健康のためには何が何でもやらねばならぬ!
(FY心の叫び)

いろいろ試した結果、私がバンバンを抱っこし、F氏にえいやっ!をやってもらうとうまくいくことが分かってきました(逆だと身長差のせいかうまくいかないんですよね)。でも、ちょっとでも抵抗されると不発に終わるので、抱っこして1−2秒、チャンスは1回のみの真剣勝負です。

シリンジの先にバンバンの好きなバターを塗っておくとか(一瞬「ん?何ニャ?」と油断してくれるので、その隙にえいやっ!)、投薬の後はかつお節食べ放題の大サービスとか、とにかくいろいろ工夫してますよ〜。

無事投薬成功したら、give me five!で感動のハイタッチ・・・毎日がスポ根ドラマ状態の我が家です。

しかし、、、今日で投薬3日目になりましたが、バンバンの下痢P子はまだ治まってません。M先生には以下のように指示されてますので、

If there is no improvement within 2-4 weeks then we can try the prednisolone. We will base her response on her weight, consistency of her stool, and vomiting. 

もう少しじっくり様子を見ないといけないのかもしれません。

うぅぅぅ、とにかく、早くバンバンのお腹落ち着いて欲しいです!!!

写真とおまけのムービーはどちらも数日前に撮ったものです。下痢P子でも見た目は元気一杯!それがせめてもの救いですね。

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »