« ホリデーの締めくくりに | トップページ | 追憶のダラス »

2007年1月 9日 (火)

ネコネコ本

まだまだ続くクリスマスプレゼントシリーズ。

今回はネコネコ本特集で〜す。

Pict2158 まずはeikoさんから回覧して頂いた「猫の手帖」。略して「猫手」と言うらしいですね。ご長寿ニャンコ特集とのことで、なんと最高28歳!ひゃ〜、バンバンの2倍以上だ!と感服していた私です。ちなみに私の実家での最高記録は、私が小さい頃に生まれ、文字通り一緒に大きくなった「タマ」の18歳。女の子でしたが生まれつき不妊で、妊娠・出産を経験しなかったのが長生きの秘訣かと思っていたのですが、いやいやどっこい、この28歳の子は立派に子孫も残しているそうです。本当にすごい!

あの有名な老猫会の会長、moomamaさんちのmooちゃんも登場してました!残念ながら去年お星様になられたmooちゃんですが、仔猫時代から19歳当時のお写真まで、どれも本当にキラキラ輝いていましたね。もちろん、写真や言葉では語り尽くせないたくさんの思い出と、たくさんの優しい気持ちを与えてくれたであろうmooちゃん。天上のmooちゃんと地上のmoomamaさんは、きっと今も固い絆で結ばれてる!記事を読んでいて改めてそう思いました。

ちびちゃん・おーちゃんとeikoさんもきっとそう。。。

そしてバンバンともずっとずっと一緒だよって、改めてこのふわふわの温かい生き物をむぎゅーっと抱きしめる私です。

eikoさん、moomamaさん、本当にありがとうございました!

Pict2214_2 次にシカゴのMさんから贈って頂いた、多分世界で一番有名なネコ、ノートンくんの本全巻です。Mさんの同僚のアメリカ人の方(いつだかご紹介したsix toed catの飼い主さん)も絶賛!eikoさんやマグノリアさんも話題にされてましたね。最後の3冊目は多分ハンカチ無しには読めないと思いますが、是非、この冬じっくりノートンワールドに浸ってみたいと思っています。

Pict2312 お次はペンギンSさんより、Catsの最新号を贈って頂きました!ニャンコ盛り新年会ということで、カレンダーはついてるは、ネコ好き度診断、ニャンコすごろくなど、本当に盛りだくさん。カレンダーは今年のバンバン母子手帳(?笑)として、日々の記録を書き込んで使わせて頂いてまーす(獣医さんに診てもらう時は必ずこれを携行してます)。しかしあれですよね、猫手にしろCatsにしろ、こういうネコ雑誌って、日本の方が絶対かわいいのいっぱいありますよね〜。



Pict2313 そして最後に、遂に来た!高知の姉にお願いした(遅めの誕生日プレゼントとして 笑)手作りニャンコご飯本で〜す!ペットフード業者との対談にも戦慄を覚えましたが、それより何より、ご飯には「水が大事!」という言葉にビビビと来ましたね。野生ではネズミや鳥を食べていたネコ。その体の7割は水なわけですから、食事とはつまり栄養素と同時に水分を摂取すること。カリカリでも水をたくさん飲めば大丈夫なのかもしれませんが、いくら栄養のバランスがとれてるとはいえ、ずっとカロリーメイトを食べさせられてるようなものですもんね。それよりは、ちゃんと自然界にあるものを、なるべく自然に近い形で食べさせてあげた方がいいんだろうなあ。

Pict2329ちなみに今日のバンバン、人間が食べてたサバのみそ煮がいたく気に入ったみたいで。ちょっと塩分が気になりましたが、「少々なら大丈夫」と、親指大の切り身をほぐしてサーブしましたよ〜。やっぱ姫は和食が好きなのかな?











★今日の英会話

今日は同僚Mさん(男性)の誕生日!恒例のケーキでお祝いしたのですが、ランチ直後のサプライズパーティーだったため、みんなお腹いっぱい。やっとの思いで一切れずつ食べ、更に残った最後のピースを勧められたMさん。

No, I'm totally stuffed.

と言って断られました。
ここ、私なら「I'm totally full.」と言うところですが、このstuffedって、お腹一杯なのを表現する男性的言葉遣いなんですね。日本語にしたら「ハラ一杯」というところでしょうか。

更にその後、Mさんにちょっと込み入った仕事の説明をしてた時のこと。

あーやってこーやって、大変でしょう?

それに対して、Mさんが一言。

Oh, that's a pain in the butt.

あまりに生き生きした英語で、つい私もリピートしてしまいました。「そう、pain in the buttなのよ〜」

訳したら「それは面倒くさいねえ」「大変っすね〜」という感じでしょうか。
buttをassに言い換えることもできますが、assの方がお下品ですよね。Mさんも私に気遣ってbuttの方を使ったのかも。

そうは言ってもやっぱり抵抗のあるbutt/ass。自分で使う時は無難に「It's a pain」にしときますです。

|

« ホリデーの締めくくりに | トップページ | 追憶のダラス »

コメント

げ、I'm stuffed.って男性言葉なんですか?私、使ってるかも。やっぱり言葉は同性から習わなくちゃですね。

そうそう、手づくりごはん本のペットフード業者との対談は、ちょっとショックでした。人間の口に入れることのできるものはペットフードの材料にはまわらない、というのは、私が平気でWalMartの冷凍鶏肉をにゃんsのごはんに使う根拠になっています。少なくともあのお肉、私も食べられるもの。
手づくりとカリカリ半々のウチでは、最近「ごはんちょうだい」の声にカリカリを出すと、「え?これじゃなくて、ホントのごはん」という顔をされます(手前味噌)。でも、もしあの対談がペットフードの実態だとすると、ウチのごはんの方が100倍おいしいんじゃないかと勝手に思っています。

ネコグッズって、日本の方がいろいろ有ってかわいい感じ。日本ではネコ部員ではなかったので、よくわかりませんが。そろそろ買い出しだの、お刺身を食べにだの、日本へ帰ってみたい気もしますが、にゃんsを置いて行くことを思うといまいち踏み切れません。誰かどこでもドアを早く開発して下さい。

投稿: J | 2007年1月11日 (木) 17時21分

飼い主Yさん、

バンバンちゃん、調子が戻ったようでよかったです。

ねこごはんといえば、ノートンくんの本(私が読んだ3作目)の中で、著者がノートンをホリスティックな獣医さんに連れて行ってキャットフードについてのレクチャーを受けたところ、まるでホラー映画を見るようだったと書いてました。 少しだけ抜粋すると ”Thanks to us humans, what cats mostly eat now are plastic, bone, corn syrup and things I can't even bring myself to mention." っていう感じです(さらには、”fecal matter or poisonous chemicals” とまで書いてありましたね)。

お金儲けが先行し、ペットの健康を考慮できないペットフード業界って悲しくなります。 IBDとかってペットフードの普及によるペットの現代病であるみたいなことをどこかで読みましたが、同感してしまいます。 私ももっと早くそういう事に気づいていれば、Sugarは今もっと元気だったのではないかと。 病気の話は長くなるし、先日の返事もあるので続きはメイルしますね~。

投稿: マグノリア | 2007年1月12日 (金) 02時41分

☆Jさん

英語と言えば最近好きなのが「gigantic」と「Oh, crap!」です。それぞれ「バカデカイ」「クソー!」って感じでしょうか。弓道とアーチェリーの違いを説明をしていたら「ああ、あのgiganticなbow、どっかで見たことあるー」と (巨人の弓ぐらいなイメージ?笑)。crapは女の子もガンガン使ってます。

ニャンコご飯、Jさんちはどんどん進化してますね〜。ニャンsの方から手作り要求するなんて、やっぱりみんな食べて体調が良くなったのがわかるのでしょうか。おしっこの比重やpHも改善されたようですし、こうなったらもう、4ニャン揃って30の大台を目指して頂かなくては!

思えば私の実家のニャンsも、主食はカリカリですが、人間のおこぼれのお魚や野生のネズネズ、鳥さんなど、「良質の肉」をいろいろ食べてましたね。だからみんな、外猫なのに大した病気もせず、長生きしてるのかなあ。

ネコグッズは絶対日本の方がかわいいと思います!
そう言えば、こないだニューヨークのジャパニーズマーケットで「にゃんこ学校」なる文房具シリーズを発見して、しばし硬直した私(隣で呆れるF氏 笑)。いい大人なんだから、と我慢しましたが、にゃんこ給食とかめちゃめちゃかわいかったですぅ。

☆マグノリアさん

今年初めてのバン子の下痢Pも、1度だけですぐに治まりました。土曜日すごく暖かかったのと、飼い主が深夜までマンハッタンで遊んでたせい(?寂しかったかな?)で、一時的に体調を崩したのかもしれませんね。でも、お陰様でもう大丈夫!昨晩は初めての鶏の手羽先(単に茹でただけのやつ)もおいしそうに食べてました。スープまでごくごく!そしてその後はF氏と鬼ごっこで盛り上がってました〜。

ノートン君のお話もありがとうございました。ひえ〜、fecal matterって!(怖)IBDは確かに猫(特に室内猫)の現代病という気がしますね。ジャンクフードを食べ過ぎている私達人間も同様の問題に直面する日が来るのかもしれません。

Sugarちゃんのお腹の具合は如何ですか?ご飯おいしく食べてるかな〜?お互い病気とうまく付き合いながら、おいしく楽しい幸せを噛みしめる毎日でいたいですね。

「猫の手帖」も、今日発送しまーす!お楽しみに!(^_-)

投稿: 飼い主Y | 2007年1月12日 (金) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホリデーの締めくくりに | トップページ | 追憶のダラス »