« 初雪! | トップページ | Blood Diamond »

2006年12月10日 (日)

ばんご飯その後

Pict2111バンバンのお腹。手作り食に変えて以来、相変わらず好調を維持してますよ〜!

実験的に、先週の日・月と2日だけ(しかも昼間だけ)カリカリ(Solid Gold)を与えてみたのですが、テキメンに下痢Pになってしまったので(泣)、すぐさま手作りご飯オンリーに戻しました。体重はまだ現状維持だけど、嘔吐もないですし、本ニャンは夜中の大運動会など繰り広げつつ、とても元気にしています(写真は新しく買ってきた冷凍生肉に興味津々のお姫様)。





Pict2102カリカリを置いてくのはNG、でもなるべく胃を空っぽにしないように、昼間置いて行ける新種のウェットフードが欲しかっ私(いつもSolid Goldばかりじゃ姫も飽きるでしょうし、時々違う食物に胃腸を晒すことによって、アレルギー発生のリスクを軽減できるかもしれません)。マグノリアさんちのSugarちゃんご愛用?と聞いて、Nature's Varietyの缶フードを買ってみましたよ〜。チキン&ターキー、鹿、ウサギ、ラム、ダック、など、なかなかワイルドな内容となってます。1缶平均2ドルするのですが、レジのお姉さんが打ち間違えたみたいで、1缶90セントで買えちゃいました。ラッキー!

更にはeikoさんのコメントに刺激されて、同じくNature's Varietyのローフード(生肉の冷凍物)も買ってみました。
Pict2125Pict2117こちらもいろいろある中から、チキン&ターキーをお買いあげ(トップの写真にあるように、結構大きな袋です)。凍ったハンバーグみたいなのが12切れ入って23ドル。バンバンの体重だと1日半切れでいいみたいなので、コストパフォーマンス的には缶詰と同じくらい。全然悪くないですね。

Pict2104 どちらも私の手作りご飯と半々で混ぜてサーブしたのですが、特に缶フードの方、お代わりせがまれるくらいお気に召した様子でしたよ(写真はもう残り少ななチキン&ターキー缶)。濃いめの色が気になっていたバンウンの方も、普通の茶色に変わって来ましたし、本ニャンも走ったり飛んだりと大元気!あ〜やっとこれで落ち着いて来たかなあという感じです。

ちなみにこの2週間で作ったばんご飯の内容は以下の通り(4は写真がなくてすみません!)。

Pict2000 (1)お粥、鳥そぼろ(Y手作りの薄味仕立て)、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草(4:2:2:2:ほんの少し)


Pict2043(2)お粥、鯖(人間の残り)、かぼちゃ、にんじん(5:1:2:2)



Pict2041 (3)オートミール、乾燥マヒマヒ(Grandma Lucy's)、ブロッコリー、セロリ、にんじん、ビール酵母(1:3:3:1.5:1.5:ほんの少し)

(4)お粥、豚ミンチ、魚肉ソーセージ、キャベツ、にんじん、オイスターマッシュルーム、ビール酵母&人間用ビタミンサプリメント(2:4:2:0.5:0.5:1:ほんの少し)

コンセプトはずばり

「姫の弱った腸に優しくしようご飯」

高消化性、低繊維、低脂肪を心がけ、徐々にタンパク質を増やして来てます。野菜はだし汁でよく煮た後つぶしてペースト状に。でも結構面倒なので、(3)と(4)では全体をよく煮た後、ブレンダーでブーン。いずれもとろみがつく程度に水分量(時に片栗粉)を加減して、ネコ缶(Solid GoldのBlended TunaかNature's Variety。どちらも繊維は3%(湿重量比)以下)と半々で混ぜてサーブしてます。

ちなみに一番食いつきが良かったのは(3)でしたね。


Pict2120 更には、Jさん御用達?のオンラインショップで、シニア用総合サプリメントフィッシュオイルを購入!(合計20ドル)胃腸が弱ってるとビタミンの吸収不足が起きますから、その補填効果を狙いつつ、フィッシュオイルに含まれるDHA、EPAといったオメガ3系の不飽和脂肪酸は、腸の炎症を抑える作用があるとか。しかもなかなか良い香り♪手作りご飯の仕上げに入れると食いつきも良いのです〜。




そんなこんなで、手作りご飯も徐々に軌道に乗ってきた我が家。ちなみに、、、作製(メインシェフ)は私ですが、サーブはF氏が担当。おいしいとこ取りですよね(笑)

|

« 初雪! | トップページ | Blood Diamond »

コメント

飼い主Yさん、

ちょっとお久し振りでした。以前頂戴したメイルの返事を書こうと思いながらも、まだ書けてなくて申し訳ありません。

まずは、バンバンちゃんのお腹の具合がいいようで、うれしいですね♪ 寒さにも負けず、この調子を維持してほしいものです。それにしてもYさんの手作りごはん、おいしそう。 私もeikoさんがどっかに書いておられたように、自分たちのごはんを作るのにひーひー言っているくらいで、手作りねこごはんは良いとわかっているのに、できないのです。"The Cat Who'll Live Forever"の著者なんか、Norton(彼の猫)のために、いっぱい手作りごはん作って、自分はチャイニーズのテイクアウトを食べていて、彼女に"...there's something wrong here?"と言われたと書いていたくらいなのに。 飼い主Yさんにもその著者にも頭が下がります。

そんななか、上述の本の著者も、高品質の缶フードなら自分の猫に食べさせてもいいと書いていました。 そこで私も自信をもって(?)缶フードをサーブしています♪
Nature’s Varietyの缶フードは確かに消化がいいんでしょうね。Sugarもうつくしいウンウンを披露してくれます。うちはチキン&ターキーしか試してませんが、匂いもおいしそうですし。 でも、Sugarにとってよくないのは、にんじんとか色々入っているものが胃に残るようで、空腹時に茶色い液体を吐く時に一緒に吐いています。 グリーンピーなんかは皮をとってすりつぶせばいいのですが、にんじんと黒い点々したもの(Flaxseed?)なんかはできるだけ取り除いてあげるようにしています。いつ頃からかSugarは固形物が全く食べられなくなって、パテ状の缶フード(WellnessのほうがNature’s Varietyよりやわらかいような気がする)を湯煎にして温めて、練ってムースみたいにしてあげると食べやすいみたいです。バンバンちゃんは、まだ色々と食べられるようなので、元気なうちにいっぱい美味しい美味しいしてね♪
これは私の反省なのですが、ずっと同じ物を食べさせるのは猫のお腹によくないと思いますね。そのほうがいいという獣医さんもいるようですが・・・・・

それにしても、レジのお姉さんのお陰で缶フード、1缶90セントとはラッキーでしたね。 結構この手の間違いが多いですよね。 私も少し前、レジのお兄さんが、1缶99セントの缶フードを79セントと打ち間違えラッキーしました。

今日は比較的暖かいので、さっきSugarにごはんを持って行った時、寄ってきてミャーと催促してくれました。うれしい♪

あとRaw Foodといえば、Magicですね。最近は寒すぎるようで、あまり見ませんが、もう少し前までは一日に2匹ほど「りす」か「ねずみ」を捕まえては、フレッシュな生肉を食べてました。こんなに見た目はかわいくても、猫ってやっぱり立派な肉食動物と納得していた次第です。

投稿: マグノリア | 2006年12月11日 (月) 18時25分

マグノリアさん

Sugarちゃんも、日々、美しいウンウン(この呼び方、かわいいですね!)を披露してくれてるんですね。素晴らしい!また少し暖かくなりましたし(暖冬バンザイ!)嘔吐の方も落ち着くといいですね。

Nature's Variety、うちは今のところ、鹿以外はオーケーな様子です(鹿だけ中身が異様に固かったんですけど、あれはあのロットがたまたま悪かっただけなのかな?)。でも、仰るとおり、あのグリーンピースがごろんとなってるのは消化に良くないかもしれませんね。うちも食べる前にスプーンでつぶしてあげてますが、可能なら皮もとってあげたいところです。

Wellnessは大昔にあげたことがあったのですが、その当時姫はカリカリ命で、ウェットフードに全く興味を示しませんでした。でも、私のしつこいウェットフード攻撃のお陰で、最近少し嗜好も変わって来たみたいなので、今度再挑戦してみたいです。

レジのお姉さんは、私が缶詰5個持って現れたのを見て、Nature's Varietyの中でも一番安いビーフ缶の値段(90セント)で、5つまとめて会計してしまったようです。猫にビーフは何となく不自然な感じがして買わなかったのですが(狂牛病もありますしね)、何とも嬉しいお姉さんのミスでした(平日の閉店間際に行ったのが功を奏したかな?笑)。

ちなみに生肉の方は、一日目は(だまされて?笑)食べてくれましたが、二日目からは興味なし子に・・・(苦)。Magicちゃんと違って、ずっと室内外でスポイルされて来たバンバンにはちょっと刺激が強すぎましたかねぇ?ハンティングの方は、うちの実家のネコたちも凄かったですよ。被害者は主にネズネズ。たまにスズメやトカゲ。世にも恐ろしいスプラッターな光景を何度見せつけられたことか!(笑)でもそれで思ったのですが、なんで猫缶に「ネズミ肉」が入ってないんでしょうね?猫の生態を反映した、とても理想的なご飯になると思うのですが・・・

ご飯を催促する「ミャー」、本当に嬉しいですよね。うちはこれで毎晩、F氏ともどもメロメロにノックアウトされてます(笑)。

あとそうそう!ノートンくんの三部作、今度お友達が貸してくれるそうです(ん?それともプレゼントかな?)。ハンカチを手に、冬休み、楽しみに読ませて頂こうと思っています!

投稿: 飼い主Y | 2006年12月13日 (水) 09時14分

Yさん。ネズミ肉は手間がかかるんじゃないでしょうか。毛皮もむかないでそのまま缶詰にするわけにもいかず・・・。ホントの理由はわかりませんが。
でも、どんどん増えるし、ねえ。そのうち「ウチの缶詰のネズミは、ケージ育ちではなく、野原を駆け回り、無農薬の牧草を食べて(ネズミって草食?肉食???あのエサは何からできているのだろう??)育った、オーガニックです」とかいうネコ缶(ネズミ缶?)ができたりして。

投稿: J | 2006年12月13日 (水) 12時46分

Jさん

ほんとですね。どんどん増えるし、SPFも保証済みですからね(^^;)オーガニックネズネズ、飼育してる様子を想像したらなんとも和んでしまいました。

ネズご飯と言えば、その昔私はラットちゃんのご飯を手作りしていたことがあります(研究テーマとして)。普通の飼料屋さんで粉とかを卸買い?して(全部植物性だったと記憶してます)、バフバフと混ぜるだけなんですけど、粉と油が混ざりにくいのなんのって!(笑)その都度作ってるんじゃロット差が出るかも、ということで、一度に500キロ大量調製したことがあったのですが(二人で一日がかり)、あの時はまるでペットフード屋にでもなったような気分でした。

投稿: 飼い主Y | 2006年12月14日 (木) 06時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初雪! | トップページ | Blood Diamond »