« 救援物資〜冬の陣〜 | トップページ | 東海岸が熱い! »

2006年11月30日 (木)

ジュリ姐さんの孫達

Yの実家(高知)のお義兄さんから、仔猫生まれたよ、と写真が送られて来ました。どれもほんとかわいくって、ニヤニヤせずには見られない写真達。4枚一気にご覧下さい〜♪
061101_0211 061101_0061 061101_0081 061101_0171

心配そうに見に来てるのがお母さんのスミレちゃんです。
今何歳だっけ?7歳ぐらい?
狩りもケンカも得意な肝っ玉母さんです。

しかし、どの子もほんと小さくて丸っこくて、仔猫の魅力に溢れてますね!
ミケ模様の子がいとこんちに里子に出されたそうですが(さすがミケの人気は絶大!)、あとの二匹もきっと近所かうちで飼うことになるのでしょう。って、一体うちには何匹いるんだぁ〜???多分人間よりも多いのは確実ですね。まあ、田舎で出入り自由にしてるので、実際そんなにたくさん飼ってる気もしないんですけどね。

ちなみにこのスミレちゃんの更にお母さん(仔猫たちにとってはおばあちゃん)にあたるのが、以前紹介した頭突きネコのジュリちゃん。彼女もまた、狩りとケンカの得意な、体つきもまるでオスのようにがっちりしたネコでしたね。とても賢くて、私が年に2−3回帰省するだけでも、ちゃんと覚えていてお帰り踊りを披露してくれましたよ〜(一方、家族以外は、いくら私より頻繁にやって来る人〜親戚とか〜でも、警戒してちっとも寄って来ませんでした)。

あと、ジュリと言えば電話に出るネコ!
ある日叔母が電話をかけて来た時のこと。カチャと受話器がはずれたので「もしもし?」と言うと、返事が「ニャァ〜?」だったそうなんですよね(その後の会話はもちろん続かず・・・汗)。その瞬間には誰も居合わせなかったのですが、音に気づいてやって来た家族が、電話のそばにいるジュリを目撃したそうで、犯人(ニャン)ジュリに認定となった次第・・・。

もひとつ、ジュリと言えば人見知りするネコ!
うちのお義兄さん(姉の旦那さん)は、婿養子としてうちの実家に嫁いで来てくれたのですが、当初、アパートを借りて家族とは別居してた時期があったんです(つまり姉が一旦家を出る形)。で、時折夫婦で実家にご飯食べに来たりしてたのですが、ジュリ姐さんがお義兄さんをものすごく警戒してしまって・・・(苦)やって来るやいなや、矢のような勢いで逃げ出す始末。帰った後も玄関先で靴があるかどうか念入りにチェックしたり、姉が一人で来るだけの時も、「もう一人一緒に来やしないか?」って顔して、しばらく玄関で張り込みしてましたからね。それはもう、執念深かったですよ〜(笑)。

それからしばらくして、祖父が体調を崩したのをきっかけに姉夫婦が実家に戻って来てくれたのですが、困ったのがお義兄さんとジュリ姐さんの関係!お義兄さんはもちろんとても友好的にジュリに接してくれてるのに、姐さんなっかなか心を開こうとしないんですよね〜。あの手この手の懐柔策に出て、やっとの思いて手なずけるまでに、数ヶ月はかかったんじゃないでしょうか?お陰で姐さんは、一体何切れのお刺身をお義兄さんからもらったことでしょう?(さては姐さん、それすらも見越していたのか?)

そんなこんなで、今や伝説と化しているジュリ姐さん。彼女が亡くなった翌年に、私はダラスでバンバンに出会ったわけですが、器量良しなところやガタイのでかさ、そしてちょっと気むずかしい性格まで、なんだかジュリに似てる気がしてなりませんでした。

Jさんが教えてくれた「ふわふわのくに」の話みたいですね。

一方のバンバン姫。手作りご飯ももりもり食べて、元気一杯!昨日久しぶり(4日ぶり)にネコゲロ発見したのですが、毛玉メインだったので、そんなに心配はしてませんよ〜。バンウンも5日連続絶好調のかりんとうですし、なんだか毛づやもよくなって来た気がしたりして。

人間のIBD患者さんの療養食レシピも参考にしながら、手作りニャンコご飯(名付けてプロジェクトTNG!?)、どんどん頑張って行きますです!p(^o^)q

|

« 救援物資〜冬の陣〜 | トップページ | 東海岸が熱い! »

コメント

まあ!かわいい子猫でございますね。
当家に最近住み付いた子猫に瓜二つです。さぞや走り回って騒がしいことでしょう。
ただ、当家には別の猫も子猫を生んでおり、ご近所様の倉庫をねぐらにしています。
おそらく現在、13匹位当方の食客が居ると思われます。バンバンカレンダーに対抗すべく、月ごとに写真を変える当家オリジナル、にゃにゃんカレンダー(非売品)が居間に飾られています。
ジュリ姐さんの名前の由来は、しっぽが「J」型に曲がっていたためでしょうか。
新生児にも名前をと、担当者は頭痛の種。良い案があれば教えてちょうだい。

PS 師走となり大夫寒くなってきましたが、猫もホットカーペットが大好きな様子。
彼女たちは、年賀葉書を書く気もないので気楽なものです。私も書かなくてはと、その前に売らなくてはと・・・・、日本全国何処でも売りますが・・・じゃまたね。

投稿: リバーサイドのアキニ | 2006年11月30日 (木) 15時19分

アキ二兄さん、コメントありがとうございます!
しかし・・・今、13匹ですか!?すごいですね。人間の2倍以上!(驚)
にゃにゃん(にゃんにゃん?)カレンダーなんてのもあるんですね。そりゃぁ13匹もいれば作り甲斐もある!?(笑)複製版をコネチカに1部お送り頂くのは可能でしょうか?

ジュリ姐さんの名前は確かにJが由来だった気がします。実際は、Jの真っ直ぐなはずの所でもちょっとだけ曲がってたんですよね。シッポの形だけ見て、ジュリ姐さんを見分ける自信ありましたよ〜!(^_^)v

チビ達の名前も考えるだけで一苦労ですよね〜。性別にもよりますが、ジュリとスミレをとって「ジュース」とか「リミ」とか「リレー」とか、、、どうでしょう?

年賀葉書もご苦労様です。
もし良ければリンク貼りますよ〜♪でも、アキ二兄さんのお手柄にするには一体どうすればいいのでしょう?

投稿: 飼い主Y | 2006年12月 1日 (金) 10時27分

超超かわいい~~子猫ちゃん!見たかったな~~!子猫がうまれるなんて、久しく経験していないですもの!美しいもの、猫と馬。肯けます。ただ人間の女性は・・・いろいろですね!?(特に我が家の2女性は。ウヒッ。)ばんばん姫のお腹の調子。よい状態が続いてくれますように!

投稿: ikuko | 2006年12月 1日 (金) 20時13分

仔猫、私も久しく見てないので、アドレナリン急上昇しちゃいました!ネコと馬。馬も本当にきれいな動物ですよね〜。きっと、馬刺しを食べると言ったらこっちの人に仰天されるんでしょうけど・・・(汗)。

バンバンのお腹は引き続き絶好調です!ご飯でこんなに変わるのか、と正直驚きを隠せませんが、飼い猫の食事というのはなかなか野生の通りにいかず、難しいですよね。ノンちゃんピッチちゃんもおいしいご飯をいっぱいおねだりして、ますます健やかでありますように!

投稿: 飼い主Y | 2006年12月 1日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 救援物資〜冬の陣〜 | トップページ | 東海岸が熱い! »