« 安全祈願と必殺すり抜け術 | トップページ | ボストンでみっけ! »

2006年9月 7日 (木)

満喫ボストン

改めまして、24日はボストン観光です!

かく言う私はボストンは3回目。
前2回はいずれもポキ星人先生と一緒でしたが、1回目は仕事メイン、2回目は飛行機の乗り継ぎで半日滞在したのみ
------
パリからダラスに帰る便を格安でとったところ、ボストンで15時間ぐらい待たされる日程になりまして。それならと、当時ボストン在住だったポキ星人先生に「会えませんか?」と図々しくも打診したんですよね。先生には半ば呆れられながらも(?)ご快諾頂き、なんとその半日でお宅まで押しかけ、おいしいディナーとサミュエルアダムスをご馳走になり、更には子供部屋のベッドで寝かせてもらい、翌朝にはまた空港まで送ってもらうという、非常に迷惑千万な客を演じてしまったのでした。
------

そんなわけでボストンを自力で観光するのは初めてなんです。

ニューヨークでの反省を生かそうと?行きの車でガイドブック熟読。
そして勝手に考えた作戦がこちら。

1.フリーダムトレイルを歩く!
2.クラムチャウダーを食べる!
3.高いところに登る!

今日はこれで攻めたいと思います。

ボストンと言えばボストン茶会事件。アメリカ独立戦争の舞台になった所であります。フリーダムトレイルは、独立戦争にまつわる史跡を辿る観光ルート。歩道の上に描かれている赤い線(というか、赤煉瓦で線を作ってある)をたどっていくと、自然と独立戦争の勉強ができちゃうというわけ。

全部行ってると大変なので、適宜ショートカットで行きますよ〜。

Pict0901 路面電車のような不思議な地下鉄に乗って、まずはスタート地点、ボストン・コモンに到着!大きな公園ですが、平日の昼間だったこともあって、ネクタイ姿のサラリーマンも目立ちました。オフィスの近くにこんな公園があるといいですね。




Pict0900 パークストリート教会の脇に地下鉄の絵がペイントされたもーもー発見。







Pict0902 Pict0903 マサチューセッツ州州庁舎
(早口言葉になりますね)とケネディの銅像。ダラス経験者の私達はどうしてもJFKに敏感になってしまいます。

Pict0910 Pict0912 Pict0905 Pict0911 少し脱線して、ボストンの高級住宅街、ビーコンヒルにも足を伸ばしました。ジョージア様式の古い建物、ガス灯、石畳の坂道、どれをとっても素敵ですね。私は見逃しましたが豪邸内で働くお手伝いさんの姿も。窓辺の植物もとても素敵でした。


Pict0915 トレイルに戻ってこちらはグラナリー墓地。ジョン・ハンコック(初代コモンウェルス知事)、ポール・リビア(独立戦争で活躍)、サミュエル・アダムス(いわずもがなのあの人ですね)、更にはマザーグースのモデルと言われたグースさんのお墓があるらしいです。時代衣装に身を包んだガイドさんが熱心に説明していました。


Pict0920 キングス・チャペル、ベンジャミン・フランクリンの銅像、オールドコーナー書店などを流しまして、こちら、マサチューセッツ州”旧”州庁舎。こちらも早口言葉でどうぞ(^^) 背後に高層ビルがいろんな角度でひしめいていて、お陰で方向感覚狂いますよ〜。











Pict0930 Pict0928 ボストン虐殺地跡、クインシー・マーケットを越えて、この日の第二の目的地、クラムチャウダーで有名なお店にたどり着きました。ユニオン・オイスター・ハウスというこのお店、なんと創業180年だそうですよ!小さなボックス席に座り、ああ、昔の人は小柄だったのね、などと思いながら頂くクラムチャウダーは、あっさりして、どこか懐かしい味がしました。付け合わせ?のバターケーキ(これが結構甘くてどっしり)とビール(サムのシーズナル)で満腹です。


Pict0931 ここからは一気にチャールズリバーを渡りますよ〜。この日の第三の目標、高いところバンカーヒル記念塔に登りに行きます。えっさえっさと坂を登ると、じゃじゃーん!立派ですね〜。ただ、残念なことに工事中で中には入れませんでした。フェンス越しの観光客が他にも何組かいましたね。ちなみにこちら、独立戦争の主な戦いのひとつであるバンカーヒルの戦いを記念して建てられたんだそうです。この手の記念塔としてはアメリカで最初にできたものだとか。やっぱボストンは歴史がありますね〜。



Pict0934 フリーダムトレイルの締めとして、USSコンスティテューション号を見に行きました(無料で船内が見られます)。こちらの船、独立戦争とは直接関係なさそうですが、世界最古のフリゲート艦(小型駆逐艦)で、木造であるにもかかわらず、現在まで無敗の戦歴を誇るんだそうです。このUSSってなんじゃらほい?と思ってガイドのお姉さんに訊いたところ、「United States Ship」だそう。なーんだ、意外と単純なのね。

Pict0948 ちなみにこのコンスティテューション号、ここでの展示が始まったのは30年前だそうですが、潮の浸食を防ぐために船体の向きを変えなくてはならず、年に1回、独立記念日にクルーズに出るそうで、その光景は独立記念日のボストン名物となってるんだとか。ポキ星人先生もかつてご覧になったことあるのかなあ?(写真は船の上から見るボストンのダウンタウン)

そんなこんなでフリーダムトレイルほぼ制覇!

Pict0956歩き疲れたので、ここからは水上バスに乗って帰ることに。ちなみにこちらも地下鉄の1日乗車券で乗れました。自動改札ではないので「ビーーー!!!」は免れましたけどね。ふっふっふ♪




夜はホテルの近くにある、Prudential Towerに登って最上階のラウンジ「Top of the Hub」でお食事。これで第三の目的も達成することができましたよ!夜景もきれいで、いろいろ中身の濃い話ができましたね。とても思い出深い、多分一生忘れられない夜でした。

|

« 安全祈願と必殺すり抜け術 | トップページ | ボストンでみっけ! »

コメント

塔にも登ったんですね!
私も1年目に両親とボストンへ行き、母親と登りました。
父親は・・・下でお留守番。
結構、キツいですよね?あの塔。
実は・・・私はもう塔の場所に辿り着いた時、ヘロヘロにつかれてたのですが、
母親が登る気満々だったので・・・さすがに母親一人だけ登らせるわけにも行かず・・・笑

ボストンは、中華街でロブスターを食べると安くてめちゃめちゃ美味しいんですよ!

投稿: SAKURA-MOCHI | 2006年9月12日 (火) 11時11分

Sもちさんはご両親とボストン行ったんですね。
ロングアイランドからずっと車で行ったの?

バンカーヒル記念塔は、結局工事中で登れませんでした。ぐすん。私もふもとまでで既に疲れていたので、あれから更に塔に登っていたらエライことになっていたかも?(汗)お母様は逞しいねえ!

中華街でのロブスターは思いも寄りませんでした!
次回是非行ってみたいです!

投稿: 飼い主Y | 2006年9月12日 (火) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 安全祈願と必殺すり抜け術 | トップページ | ボストンでみっけ! »