« ある仮説 | トップページ | ロングアイランド1日目 »

2006年9月28日 (木)

Sもちさんを訪ねて

よく日本の家族や友達に「コネチカってどこなの?」と聞かれます。
また、「ニューヨークとボストンとどっちが近いの?」との質問も多いですね。

ということで、改めてご紹介(地図はGoogle Mapを元に作成しました)。
Newengland

コネチカット州、私達の住んでるNew Haven(実際はHamdenという郊外の町)は、ニューヨーク(マンハッタン)の右上の海岸沿い。ボストンよりマンハッタンの方が近いです。また、南側に横たわる、文字通り「ロングアイランド」と呼ばれる長い半島と顔を向き合わせています。

Pict0021 この半島、写真の通り、天気が良い日はこちら側からも肉眼でもしっかり見ることができるのですが、コネチカではなくニューヨーク州の一部なんですね。ここに私の大学時代の後輩、SAKURA-MOCHIさん(通称Sもちさん)がお住まい。実は私がこのブログを始めたのも彼女に影響を受けたからなんですよね。そのSもちさんがこの10月一杯で日本に帰国することになったと聞いて、それなら!と先週末、Sもちさんを訪ねて初めてロングアイランドに足を踏み入れました。

交通手段は車とフェリー。
実は去年のクリスマス、Sもちさんとシカゴにお住まいのMさんがうちに遊びに来てくれたのですが、その時Sもちさんが使ったルートをそのまま逆走しました(ちなみにお二人は記念すべきうちでの初のお泊まりゲストでした!その時の様子はSもちさんのサイト〜こちらこちら〜をどうぞ♪)。

Smochisan1
うちから港(Bridgeport)まで高速で30分。
そこからフェリーで75分。
ロングアイランド側の港(Port Jefferson)からSもちさんちまでは車で10分。
お代は片道2人車込みで58ドル。いやいや、ホント気軽に来れるもんですね。

Pict1395 Sもちさんちは一軒家の地下を借りるタイプのアパート。緑溢れる閑静な住宅地で治安はとても良さそうです。上に住む大家さんもとても良い方なんだとか。大きな裏庭もついてるし、そこにはなんと、こんなにかわいいワンコまで。お名前をアーキュリーくん。結構なおじいちゃんだそうですが、そのせいか、とても気だての良い、人なつっこい子でした(写真ではちょっとダレダレてますね 笑)。





Pict1398 お宅に上がるとSもちさんが素敵なランチを用意してくれてました。
そーめん・チャンプルー、フィッシュ・ケーキに、茄子のみそ煮。どれも激旨!!!そば茶も香ばしくておいしかったで〜す。




Pict1399メニューカードもつけてくれて、、、細やかなお心配りにめちゃめちゃ感動しましたぁ〜♪





お料理のとても上手なSもちさん。作り方を教えてもらうと、意外とシンプルなんですよね〜。やっぱりお料理が上手な人って、簡単お手軽においしいものが作れるもんなんだな、と感心しきりでした。薦めてもらった小型のブレンダー、うちでも近々ゲットしようかな?

午後からはSもちさんの運転でお出かけ♪
感動の旅行記は次回に続きます。

|

« ある仮説 | トップページ | ロングアイランド1日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ある仮説 | トップページ | ロングアイランド1日目 »