« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月30日 (水)

いつもの生活に

月曜日にお義姉さん、義妹さんを空港までお見送りし、8日間の夏休みはあっという間に終わってしまいました。火曜から仕事復帰するも、現実にアジャストするので精一杯という感じですね。仕事も山積みでひーこら言ってますが、ま、焦らずリハビリに努めることにしますです。

一方のバンバン。私達が留守にした間はかなり不調だったみたいで、お腹を壊したりごはんを戻したりしていたようです。やっぱりいつもと違う環境がストレスだったのでしょう。ごめんね、バンバン(ToT)・・・改めて姫のナイーブさを実感させられました。

でも、ご安心下さい!今はこの通りケロッとしたものです。
Pict1256
ごはんもモリモリ食べてるし、ウンも良好なかりんとうに戻りました。そして私やF氏にべったり甘える姫・・・う〜〜〜かばゆい・・・

かわいいついでにアップ写真もおまけしますね。

Pict1261_1

楽しかった夏休みの様子もぼちぼち記事にしていく予定でーす。

それにしても、もうセーターが欠かせないくらい寒いコネチカ。このまま一気に冬が来てしまうのだろうか?2人と1匹、戦々恐々としています。

| | コメント (0)

2006年8月24日 (木)

夏休み中間報告

日曜日に義妹のマリコさんが遊びに来てくれ、FYともに1週間の夏休みに突入!月曜日はNew Havenの町を案内し、火曜・水曜とマンハッタン観光を満喫してきました。

そして明日(もう日付では今日ですね)からはバンクーバーにお住まいのお義姉さんも合流して、4人でボストン・ケープコッドなど回って来る予定です。3泊4日の小旅行、週末のお天気が少し気がかりですが、安全と健康に気をつけて、楽しんで来ようと思ってまーす!

ちなみにバンバンは、今のところマリコさんにまだちょっと警戒しているみたいです。今晩は少し足元にすりすりしかけたんですけどねー。あと一歩!というところで小旅行に出てしまうのが惜しいところです。

留守中のお世話はまたまたF氏の先輩Nさんにお願いして、いざボストン!今日までの写真などもあわせて、また来週以降ご報告しますね~。

| | コメント (0)

2006年8月21日 (月)

違いのわかるオンナ

皆様のお陰で、最近とみに日本製品が充実している我が家。この土曜日には、今度は私の高知の実家から救援物資が送られて来ました!

これまたEMSで3泊4日コース。はやいはやい!

ダラスにいた頃も、よくこの手の救援物資を送ってもらってたのですが、911の後、食べ物は送れないということになってしばらく寂しい思いをしていました。いつだかJさんにお菓子やらネコ缶やらを送ったら全部没収されたことがありましたね。いつの間にかまた食べ物オーケーになったみたいで、本当に嬉しい限り。こないだのテロ未遂騒ぎでまた規制が強化されるんじゃないかと心配してただけに、大丈夫の様子、ホッとしました。

ちなみに、今回送ってくれた品々はこちら。
Pict0738_1
叔母の家がお米農家なので、そこで毎年もらっている新米のお裾分けと、おせんべいやらドリップコーヒーやら。さすが私達のニーズを十二分に把握してくれてる内容です。

川根茶というのは、お茶の名産地、静岡県川根町にお住まいの姉のお友達がこれまた毎年送ってくれるものです。

Pict0734_1 かつお節も半ば恒例化して来ましたね〜。って、もちろんバンバン用です!早速姫に見せてみたのですが、袋だけじゃ駄目とのことで・・・(笑)

それでは、姫、只今お持ちしますっ!

するともうお皿を見上げる目の色が違う!!!

ああ〜、いい香りニャ!早く食べたいニャ〜!

それではどうぞ♪とサーブしたところ、こちらのようにハフハフと、それはおいしそうにお召し上がりになりました(クリックするとムービーが見られます)。

もっともっと!とせがむので、もう少しだけ・・♪

更にもっともっと!と言うのですが、それは駄目ニャと、また夜までのお楽しみにとっておきました。

しかし、さすが姫ったら、本場高知のかつお節は本当に好きみたいです。
違いのわかるオンナ、バンビーナ嬢。
あ、でも、かつお節、人間にもちょっとわけてね(^_-)

| | コメント (4)

2006年8月20日 (日)

男は香るか?

今から1ヶ月前ぐらいでしょうか。Kくんご夫妻が「おみやげ何がいい?」と訊いて来てくれました。

有り難くリクエストさせて頂いたのがこちら。

Pict0722_1

・お笑いのビデオかDVD
・今日本で評判の「白いカレー」
・そしてこれも噂の「オトコ香る。」ガム

ネタを仕入れて来たのはいずれもF氏ですが、特に私は「オトコ香る。」ガムが異常に気になっておりまして。

あまりの人気に一時販売休止になっていたというこのガム。入手は困難を極め、私達も一時は諦めかけたのですが、Kくんご夫妻は出発ギリギリまで粘り強く探してくれて(ありがたや〜♪)、、、結局浅草のちょっとさびれた(笑)コンビニでゲットして下さったそうです。

Pict0716_1

バンバンは全く興味なし子ですが(汗)、早速実験!!!













木曜日マンハッタンに向かう電車の中で、F氏に1粒食べてもらいました(オンナですが、私も実験)。

ふむふむ、普通においしいガムですね。ちょっとイチゴのような甘酸っぱい味。ガムの味自体は割とすぐに薄まってしまう気がします。

途中ちょっと休んだりして、3時間後ヤンキースタジアムに到着!
汗もいい感じにかいて来た頃、、、

ん???確かに甘いバラの香りがする?

Tシャツをパタパタ扇いでみたところ、その香りは強くなる気がします。

香水のように強烈ではないですが、少なくとも汗臭さは全く感じられず、芳香作用の前に防臭効果も期待できるのではないかと。

てことで、

やっぱり、オトコは香りましたねっ!

ちなみに、香りの成分はゲラニオール。経口摂取後、ほとんど分解されずに汗とともに出て来るんだそうです。1〜2時間後がピークらしいので、次はもうちょっと遅めに食べて実験してみますね。

(オトコ香る。ガムの前には、女性向けの「フンワリカ」というフレグランスガムが発売、人気を博していたんだそうです。開発秘話はこちらこちら。この手の話、好きですねえ〜。ツボにはまりまくりです!)

PS;DVDは、ダウンタウン好きのF氏にと、「人志松本のすべらない話」をゲットして来て下さいました。こちらも昨日早速拝見しましたよ!めちゃめちゃ笑ったぁ〜!やっぱりお笑いは日本だな、って思いました。ホワイトカレーも後日作成してみまっす!(担当はF氏?)

| | コメント (0)

2006年8月19日 (土)

ようこそ!そしておめでとう!

夏休みお客様シリーズ第1弾!16日、17日とF氏の高校の時の同級生、Kくんご夫妻が遊びに来てくれました。

前後でマンハッタン観光も満喫されたお二人。間の2日を私達と会うためにさいてくれたようです。去年の9月に銀座で飲んで以来ですね〜。あの時は私達の壮行会と称して他の仲間も一緒に集まってくれたのですが、あれからもう1年近いとは!時間の流れを感じさせないのは、長い付き合いならではなのでしょうね。

16日はお二人にNew Havenまで電車で来てもらって、駅でピックアップ。そのままうちの職場やダウンタウンを案内しました。そのうち、今回は図書館が結構面白かったですね〜。こちらは古くて貴重な本ばかり集めたBeinecke Rare Book and Manuscript Library。少々の火災では燃えないように(地震も?って、元々ないけど対策しているのかな?)、四方が壁で閉ざされていたり、更に蔵書は特別な強化ガラスで仕切られていたり。ちなみにこの壁は、フレーム以外は総大理石でできていて、内側から見ると日光が透けて黄金色に輝きとっても幻想的な雰囲気です。この日は世界で初めてタイプされた聖書の展示がありました(ドイツ製)。あと、かの有名な?ヴォイニッチ・マニュスクリプトもここにあるそうですよ。

Pict0699 Pict0702















お次はSterling Memorial Library。まあ総合図書館のようなものですね。さっきのRare Book Libraryとも一般市民にも開放されています。ものすごく大きな建物なのですが、生憎前の広場が工事中になっていて、外観の写真を撮ることができませんでした(あまりに大きいので、ある程度距離を引かないとカメラに入らない)。ここには700万冊超の蔵書が納められていて、世界で第6位なんだそう。中には世界各国の新聞を読めるコーナーもあって、1週間遅れですが朝日や日経も読めます。どっひゃ〜、知らなんだ!

Pict0709 Pict0708 Pict0706 Pict0703

その後は、New Havenの少しはずれ、East Rockという断崖絶壁に登って街を一望。お客様がいらした時はこちらにお連れするのがうちの定番コースなのですが、この日はとても空気が澄んでいて、普段はうっすらとしているロングアイランドもよく見えました(写真は実は別の日に撮ったもので、クリアーさはいまいちですが)。Kくんご夫妻は「こんなに海が近いんだ!」と驚いてらっしゃいましたね。時間があったら海の方にもお連れしたかったのですが、それはまた次回のお楽しみ。ということで、おもむろに我が家に移動して夕食ですPict0399Pict0397_2


この機会にと掃除を頑張った我が家。お客様用にお布団を新調したりと気合い十分だったのですが、いきなりここでトラブル発生!な、なんと!家に着いたらゲストルーム(普段は書斎として使っている)から

ポタッ、ポタッ

という音が!慌てて見に行くと、ぬわ〜んと、天井から水漏れしてるではあーりませんか!!!

いつもお昼間はここで寝ているバンバンも、机の下で避難態勢。普段ならお客様が来ると慌ててクローゼットに逃げ込む姫も、水漏れの方が怖くて動けないみたいです。

ええ〜!なんでこんな日に限って!

マーフィーの法則は本当だわ、などと感心しながら(何を悠長な!>自分)F氏が即アパートのオフィスに連絡。メンテナンスを24時間サービスでやってくれてて、今までも何回かお世話になったことがあるので、勝手知ったる状態ですね。いつものアンチャンが15分後には来てくれました(腕にはすごい入れ墨だけど、とても気さくでいい人です)。

アンチャン曰く、上の階のエアコンの故障が原因のようで、今そっちを直して来たから、あと2時間ぐらいで水は止まるだろう。水が早く抜けきるように天井に穴を開けるけど、これは後日ペイントし直しに来るから、とのことです(左が「穴」の証拠写真!右が少し引いた絵ですが、手前の方に小さい穴があるの、おわかり頂けますでしょうか?)。

Pict0727_1 Pict0723_1

一連の騒動を一緒に見守ってくれてたKくんご夫妻。予期せぬトラブルにも大らかに対応して頂いて助かりました!

ともかく直って良かったね。僕たちはこのままで全然大丈夫だから。

と、まだ若干ポタポタなってるゲストルーム(もちろん床にはバケツ+新聞紙のナイスなデコレーションが施されたまま・・・)で一晩過ごして下さって。ちなみにバンバンは夜までの間にちゃっかりクローゼットに移動してましたね。でも、Kくんの奥様がとてもネコ好きな方みたいで(ご本人もまるでネコのようにしなやかで美しい素敵な方です!)、頭とかあごとかなでなでして下さるのに幸せそうに身を任せる場面もあった姫。このかなり珍しい展開にF氏は焼き餅を焼いていたかもしれません(なんと言っても彼の時は初対面で速攻流しの下に隠れましたからね〜 汗)。

Pict0712 ちなみに今回の夕食のテーマは「おうちで海鮮BBQ」
ホットプレートを使って、車エビ、サーモン、ホタテ、エビなどをお野菜とともに焼きまくりました。日曜日にワイナリーで買って来たワインも、シャルドネとカベルネソービニヨンが空きましたね。ワインにうるさいKくんも「飲みやすいね」とクピクピおいしそうに飲んでくれました。

寝る頃にはもう2時くらいになっていたでしょうか。
翌朝一番、eikoさんちのおーちゃんの無事を確認してホッとしつつ、電車で4人、マンハッタンに向かいました。そう、目的はもちろん!?ヤンキース戦です。

1ヶ月前に行った時は「来月なら松井さんも復活してるかもね」と淡い期待を抱いていたのですが、なんだかんだで彼の復帰はまだまだ先のようです(ToT)。しかもこの日の対戦相手はボルチモアオリオールズ。あまり有名ではないですよね。そんなわけで、松井さんいない、相手チームはマイナー、しかもデーゲームで暑い、そんな過酷な試合条件でしたが、Kくんご夫妻は

メジャーリーグ見るの初めてだから、楽しいよ!

と言ってくれて。その言葉にまたまた救われる私達。

しかーし神はまだ我々に試練を与えます。

というのも、試合はなんと2対12のボロ負け。。。
序盤はヤンキースがホームラン攻勢でリードする場面もあって結構盛り上がったのですが、中盤からはかなり「見てらんない」展開に・・・。暑さも半端じゃなくなって来たので、まいっか〜と、試合終了前に球場を後にしてしまいました。

ああーーー、また負けた・・・

と凹むF氏。それでもKくんご夫妻は

こんな駄目ぶりもそうそう見れるもんじゃないから面白かったよ

と、またまた有り難いお言葉!

そうですね、何事もものは考えようですよね。

Kくんご夫妻はは多分、私達に気を遣ってくれてるのもあるかと思いますが、それ以前に自然とそういう前向きな考え方ができる人なんだろうなあと、改めてお二人のお人柄に深い感銘を覚えた私達だったのでした。

そして最後は残念会。私達の希望を酌んでくださって、いつもの和風居酒屋で「いつもの飲み会」

ここはニューヨークって感じしないね
なんかこのまま銀座線にでも乗って帰りそう

などと話しながら、お店の前でお別れ。「じゃ、また〜!」という気さくさにかえってじーんとしちゃいました。

次はいつになるかわかりませんが、またいつ会っても時間の流れを感じさせないであろうお二人。そんなお二人の、ほんといつまでも変わらない仲の良さ、私達夫婦の目標です!


★おまけのセレブ写真

Pict0693_1 バンバン姫、新調したお布団の寝心地を真っ先に確認する、の図です。

「んもう!これはKくんご夫妻用だよ〜!」と軽く突っ込んではみたものの、姫は「知ったこっちゃないニャ」のご様子。そしてKくんご夫妻が帰られた今、お布団はバンバン専用になってしまいそうな勢い・・・やばいです!


★今日のおめでとう!
今日19日は、FY共通の友人(後輩)Sさんの結婚式の日です!日本時間ではもう昨日ですね。私達夫婦を引き合わせてくれ、結婚するまでの間もその後も、ずっと変わらず私達を応援してくれてるSさん。Sさんの彼(旦那さん)もとても素敵な方で(しかもネコ部員!)、F氏も一緒に楽しく飲んだのはとてもいい思い出ですね。

とにかく素直で前向きで思いやりにあふれたSさん、とても真面目で包容力豊か、でもちょっとお茶目なところもある旦那さん。本当にお似合いのお二人がこの日を迎えるのはずっと前から確信していたのですが、お式に伺えず残念無念。。。でも、さっきSさんからメールが来て、結婚式、大成功のうちに終わったそうです!私達からの電報も代表で読んで下さったみたいで、そのせいかどうか?お式に参列した私の恩師の先生からも「すごい良かったよ!」と感動のメールを頂戴しました(先生からメールをもらうこと自体久しぶりでしたので、その感動ぶりは推して知るべし)。

ああ!Sさん&旦那さん、本当に本当に良かったですね!!!
遠い日本におめでとう!!!
いつか再会できる日を楽しみにしつつ、お二人の末永いお幸せをお祈りしています。

| | コメント (0)

2006年8月18日 (金)

カリフォルニアのかほり♪

先週末、バークレー在住のAちゃんから、7月に生まれたばかりのお嬢さんの写真が届きました!

出産祝いのお返しにと、こんなにたくさんのスイーツ&お茶セットまで。
Pict0624

Aちゃんは、私が日本にいる間も、誕生日などによく、アメリカのお菓子を(そして時にはバンバンのごはんまで!)贈ってくれてたのですが、スイーツに詳しい彼女が薦めてくれるものは、それはいつもいつもおいしい発見に満ちているのです。


Pict0625_1今回の品々もおしゃれなものばかり。バークレーのチョコレート屋さん(Scharffen Berger)のチョコと、Peet'sというのもカリフォルニア発祥のお茶屋さんだそうです。Peet'sは東海岸にもあるそうですが、ワタクシ、初耳でした!パッケージがいつもながらに美しく梱包されているのにも「おお〜、さすがAちゃん!」と、深い感動に包まれた私。

チョコを早速味見させて頂きましたよ〜。

私は「いちじくのチョコレート」が気に入りました!
そしてF氏は「ビタースイートチョコレート」のネーミングに反応。

甘苦いってどういうこと?

と考え込んでましたね。でも、食べてみたら本当に「甘苦」だったそうです!私も後日検証してみねば!

お嬢さんの写真もかぶりつきで拝見しましたが、なんともはや聡明なお顔立ち!Aちゃん、そして旦那さんのEくんお二人ともによく似てますね。

色白でほんわかしたムードがとてもお似合いのお二人。その姿をお嬢さんに重ねながら、F氏と二人、おしゃれな西海岸のかほりに酔いしれた一夜でした(チョコ好きバンバンも興味津々でしたよ!)。


★今日の祈り
心配していたeikoさんちのおーちゃん、水曜日に緑内障の手術を受け、無事成功したそうです!17歳の高齢に加え、IBDや糖尿病も抱える病気のデパートおーちゃん。でも、手術を無事乗りきることができて本当に良かった!引き続き、一家で熱く応援してますよ〜!東海岸老猫仲間(と勝手に命名)、マグノリアさんちのSugarちゃんきむさんちのチャーチちゃんも、どうかもっともっと元気回復されますよう!年少組(?)のバンバンも、先輩達を目標に頑張ります!

Pict0464_2

| | コメント (4)

2006年8月15日 (火)

ワイナリー探訪

気温はもう秋ですが(-_-;)、暦の上ではまだ夏。

夏休みであり、日本はお盆でもあり。

明日あさってと東京からF氏のお友達ご夫妻がやって来ます。そして来週はF氏の妹さんお姉さんもいらっしゃることに!

そんなわけであれこれおもてなしの方法を考えている私達。まずは明日来てくれるお友達がワイン好きだということで、この日曜日、近くのワイナリーに買い出しに行って来ました。

いつだかF氏のスーツを買いに行った(でも結局なかった)クリントンアウトレットモールのすぐそば。森の中の住宅地を抜けるとじゃじゃーん!いきなり広がるぶどう畑。
Pict0644Pict0636  








コネチカは、これでも結構ワイン作り頑張っているみたいです。時期こそ短いですが夏はそこそこ暑いですし、ぶどうも種類を選べばよく育つのかも。今回訪れたワイナリーのおじさんは、もっぱらシャルドネのみ自家栽培していると言っていました(カベルネソービニヨンも少し)。他の種類のぶどうはお隣ニューヨーク州ロングアイランドで栽培したものを取り寄せ、加工しているそうです。

Pict0638 しかしあれですね、シャルドネってこんな形してるんですね。ヨロヨロっとした細い木の上にXZ平面状につるが伸びていて(この面が南を向いているものと思われます)、実があるのはその下端のみ。高知の実家にあった巨峰(?)はこう、まるで屋根のような形で生い茂っていましたが、それとは全く様相を異にします。


Pict0634ああ麗しの緑の粒よ。小粒なシャルドネちゃんは収穫までまだもう少し時間がかかりそうですね。







テイスティングルームの様子がこちら。入り口付近には過去の受賞作品の展示もありました。
Pict0628Pict0629 Pict0630 Pict0631



























Pict0666 ひとしきりテイスティング(無料)を満喫した後、購入したのがこの3本。樽熟成、オークの香りも豊かなシャルドネ、カベルネソービニヨン、あとはドライな味がF氏お気に入りのピノブランです。さてさて、お友達ご夫妻のお眼鏡に叶うでしょうか?











★今日の驚き
Pict0643 Pict0633Chamard Vineyardsという名のこのワイナリー、帰った後調べてみるとなんとあのティファニーの会長によって設立されたんですって(こちらこちらに日本の輸入代理店の情報があります)。年間生産量も少なく、希少価値が高いようですね。ヤンキースの選手の中にはケース買いしてる人もいるとのこと。これを読んだらF氏も大興奮するに違いない!

#マリコさん、お義姉さんも、ご希望のワインがありましたら調達しておきますよ〜!

| | コメント (6)

2006年8月14日 (月)

ひょっとして

もう秋!?

とでも言いたくなるようなこのところの涼しさです。
昼はそこそこ暑くなるのですが、それでも80度に乗るかどうか。
朝晩は50度台まで下がるようになって、思わず「寒い!」とフリースを着込んでいる始末。

そのせいかどうか、この週末はバンバンが少し体調を崩しました。金曜には電話をかけたりして絶好調だったのに、土日はバンバン目覚ましも作動せず、ずっと寝てばかりいて。。。しかも日曜の朝にはちょっとですが血便を発見!(ToT)

どうしたのかなあ?と心配して、電子レンジで温まるタイプの毛布?を用意してあげたり、ご飯もウェットフードを中心にサーブして様子をみました。朝はバンバンが「膝に乗りたい」と言うので、1〜2時間、人間湯たんぽと化してもみたり。

そしたら・・・無事、今朝には元気盛り返しましたよ!
廊下を軽くダッシュしたり(バンダッシュと呼んでいます)、目覚ましもちゃんと稼働しました!バンウンの方も色形とも正常に戻っています。

ふぅ〜、これで一安心♪
やっぱり急に寒くなったので風邪でも引いたのかなあと思っています。

今年の冬は寒さ対策を万全にしなきゃ!
と、早くも戦々恐々として来たコネチカでした。

★今日の作品
Pict0585_1 先週末、F氏が一人で仕事に出た隙に黙々と料理に取り組んでみました。果樹園で採って来たブルーベリー(一旦冷凍したもの)を使って、ジャムとケーキを作成!ジャムは大成功だったのですが、ケーキのブルーベリーが沈んでしまって、、、食べる時はひっくり返してごまかしました(^^)

ちなみに、ジャムのレシピはこちら

ブルーベリー:200グラム
砂糖:100グラム(適当)
レモン汁:大さじ1(適当)
ブランデー:のはずがラムしかなかったのでラム(適当)

しかしこれだけで何でジャムが固まるのか疑問を持った私。こちらで調べてみると、決め手は「ペクチン+酸+砂糖」の三位一体効果のようです。わ〜、勉強になった!

| | コメント (6)

2006年8月12日 (土)

青空をバックに

いつぞやの健康診断の結果が出たので、保健センターの主治医のところに行って来ました。てことで、歩いて行く道すがら、街並みをまたパチパチ撮影。

まずは我が職場の正面玄関と、これまたお気に入りの教会。

Pict0535

Pict0543
   












よくわからないけどシマシマの建物。そして緑が気持ちいい公園。

Pict0545

Pict0555
















これもよくわからないけど同じ敷地内にあります。このところ乾燥しているので飛行機雲もきれいに見えました!

Pict0561

Pict0559_1



 










 

空を強調してみたものと、建物のズームアップ。このゴシック調の窓がお気に入り♪

Pict0560_1Pict0557   








あと、うちのphysical plant(日本語にしたら「施設管理課」とでも言うのでしょうか?)所有の車で、以前からずっと気になってたものがこれ。もう一台、「MITSUBISKI」というのもあります。バッタもんなのんか、パロってるのか、一体どっち?
Pict0565

| | コメント (0)

2006年8月11日 (金)

不審な電話

それは今朝4時頃のことでした。

リリリリリ〜ン!!!

いきなりF氏の携帯が鳴るではありませんか!

え?こんな時間に誰?

イタズラ電話か、はたまた日本の家族からの非常連絡か。
どきどきしながら電話をとったF氏。

Hello?

・・・・・・

Hello?

・・・・・・

相手は無言。ん〜、これはやはりイタ電か?
実際F氏の携帯には、イタズラではないですが、よく間違い電話がかかってきます。プリペイド携帯のせいもあるのかもしれませんが、安さの代償だと思って我慢しています。

電話を切ってしばらく考えていたF氏。

おもむろにうちの家電話をチェックに行きました。
うちはSkypeのIP電話に契約、パソコンに受話器をつないで使っています。

で、F氏が発信履歴を見てみたところ、

ななな、なんと!さっきのイタ電はうちの家電話から発信されていたことが判明!

そしてふと見ると、パソコンテーブルの脇に何食わぬ顔でたたずむ姫。

そう、イタ電をかけた犯人は・・・なんと我らがバンバン姫だったので〜す!!!

状況から判断するに、受話器(普通の電話と違って、むき出しの状態でパソコンに接続されてる)のリダイヤルボタンを押したものと思われます。

というのも夏になって以来やたら朝型な姫。毎朝4時とか5時になると、「ニャオ〜ン」と起こしにやって来ます(これをうちでは「バンバン目覚まし」と呼んでいます)。それだけでは飼い主はなかなか起きないわけですが、そこは非常に忍耐強く、かつ創造力豊かな姫。あの手この手で私達を起こしにかかります。

ある日は鏡台の上に登ったり、またある日はベッドの上から姫(と思われる物体)が降って来たこともありました(胸部を痛打された私はしばらく悶絶・・・汗)。で、最近はパソコン&電話を置いてあるテーブルに乗るという技を開発。これでほぼ間違いなく、飼い主を起こすことができるというわけ。

今朝はきっと、テーブルに登っても私達が起きなかったんでしょうね。で、更にその辺を混ぜ混ぜしているうちにリダイヤルボタンをヒットしたのではないかと。

ということで、姫、電話をかけるの巻。

こうして12歳になった姫はますますずる賢くなって行くのでありました。
(しかしこの大技が定着したら困るなぁ・・・苦笑)


★おまけの写真
ベランダでたたずむ姫の顔を見ていたら、
Pict0466 Pict0469 ぬわんと、自慢のおヒゲにゴミが!しかも左右両方。どうやら姫、ベランダのクモの巣にアタックしたみたいです(そして多分、その大部分を食べたのではないかと・・・)。ま、シルクみたいなものだから、健康に悪くはなさそうですよね。

ゴミをとってあげた後、室内でくつろぐマドモワゼルもおまけしま〜す♪心なしか、ヒゲも立派に見えますね。

Pict0485_1

Pict0486_1

 

 

| | コメント (12)

2006年8月10日 (木)

コネチカ最大の果樹園

BBQ明けの日曜日。
この日も素晴らしいお天気に恵まれました。

もったいないのでどこか行こう!と前から気になっていた果樹園に。

と言ってもこの辺りにはたくさん果樹園があるんですね〜。迷いに迷って、結局決めたのが「コネチカット最大の果樹園」と銘打つ、こちら、Lyman Orchards

Pict0463 Pict0418_1 Pict0437Pict0438_1


















でも、実はここ、うちから一番近くて便利だったりします。2〜30分のドライブで到着!ゴルフ場や結婚式場などもあったりして、いやはやデカイのなんのって。全部で2,500エーカーあるらしいです。

ちょっとお腹も空いてたので、まずはショップの方に足を運んでみました。

Pict0408 Pict0414Pict0409Pict0412



















いや〜賑わってますね!新鮮な果物や野菜、ジャムやベーカリーなど、全部ここのオリジナルみたいです。今が旬のブルーベリーは売り切れ寸前でした。


Pict0405Pict0413 Pict0406









目玉商品らしい巨大なアップルパイと(コネチカットのベスト商品?に選ばれたこともある)、飲み物にもアップルサイダーを購入して、外のカフェテラスでパクつきました。













Pict0416_1Pict0417_1








しかしこのアップルパイはすごいですよ〜。Hi-Topというだけあって高さもすごいですが、中にはジューシーなリンゴがゴロゴロ!パイと言うよりリンゴ を食べてるって感じです。出来たてみたいでホカホカしてたのもポイント高かったですね〜。しかもこれ、ホールで買ってもたったの9ドルだから驚きです。 アップルサイダーも甘さ控えめでおいしかった!

 

これだけでもうかなり満足した我々だったのですが、やはり果樹園に来たからにはこれをやらねば!

そう、それは、PYO(pick your own)
日本で言う「フルーツ狩り」です。この時期ピーチとブルーベリーがとれるみたいですね。ピーチは始まったばかり、ブルーベリーはもう終わりかけ、だそうです。


我々の最初のターゲットはピーチ。一路、丘の上のピーチ畑を目指します(移動は当然車です)。

Pict0423 システムとしては、勝手に好きなだけとって、とった重さの分だけお勘定を支払うというもの。あと、その場で食べる分にはいくら食べてももタダのようなんです。へぇ〜なんか適当なのね。しかもここ、畑の前にゲートも何もないんですよ〜。食い逃げとか気にしないのかな?夜とか果物泥棒来ないかな?などとあれこれ心配してしまいますが、そんな細かいことはちっとも気にしないのはさすがアメリカです。

Pict0422で、肝心のピーチですが、かじってみてもまだ堅いしすっぱいし、、、まだちょっと時期が早かったみたいですね〜。それでも構わずみんなカゴに山盛りにして持って帰っていましたが、家で熟成するのを待つつもりなんでしょうか?それともジャムとかに加工しちゃうのかな?



Pict0427_1 そんな高度な技術を持ち合わせてない我々は、ピーチはまた今度!ということで、次にブルーベリーを目指しました。こちらが畑の様子です。鳥よけらしきネットがはってありますが、中は広い広い。果実も今がまさに熟れ頃です!






Pict0430 Pict0432








ひとしきり写真を撮ってから、いざPYO開始!二人ともかなり仏頂面してブルーベリーとにらめっこ。こういう時、農家の娘の血が騒ぎますねえ〜。一粒一粒、なるべく大きくて甘そうなのをつまんで行きます。



Pict0434 Pict0436









途中こんなキャラも見つけましたよ!おわかりになります?蝉の抜け殻 on ブルーベリー!成虫になった蝉も、ネットの内側に発見しました。抜け殻はこの子のものだったのかなぁ?


Pict045830分ぐらいで箱半分ずつぐらいゲット!中にはこの箱に山盛り3箱分ゲットしてたカップルもいましたが、我々は胃袋の大きさと果物加工技術の低さを考慮に入れて、ここでストップしておくことに。

でも、これでたったの2ドルちょっとでしたよ〜。お店で買うのの半額以下ですかね?もちろん、とるのと同時に味わってもいた私達。甘酸っぱくてめちゃめちゃおいしかったです!

 

★おまけの写真

Pict0452帰宅後早速バンバンにもブルーベリーを披露。自然の香りがお気に召したのか、かなり執拗にくんくん&スリスリしてました。バンバンも次は一緒に行く?なんてね♪

| | コメント (5)

2006年8月 9日 (水)

またまたBBQ

短い夏を謳歌しまくっているFYですが、先週の土曜日、今度は日本人のお友達とBBQして来ました〜。

メンバーは、大人7人、1歳児1人の合計8人。場所はLighthouse Point Parkという、New Haven市内にあるビーチ付きの公園です。市民なら使用料駐車料ともに無料。BBQは芝生エリアでやるのですが、ビーチでの水遊びも兼ねて、水着姿のままじゅーじゅーやってる人達がいっぱいいました。 他にも、ハンモックでゆらゆら揺れてるおじさんや、誰かの誕生日パーティーをやってるグループなど、みんな思い思いの形で楽しんでいます。

Pict0373

Pict0372








企画してくれたのは私の隣の部屋で働いているTさんご夫妻(いつもお世話になってます! ペコリ)。New Haven生活の大先輩であるTさんには、BBQセットを始め、火を起こすのから何から大車輪の活躍をして頂きました。ちなみに1歳児くんというのはTさんのお子ちゃまです。

ということで、焼き焼き写真を一挙ご紹介しま〜す。Pict0374 Pict0371 Pict0362

 Pict0369_2


















どれもおいしそうでしょ?(ビールもね!)

お天気にも恵まれたこの日、真っ青な空の下、開放的に食べる食事のなんとおいしいことか!アメリカ人がどうしてBBQにはまるのか、じゅわじゅわ〜っとわかる気がしました。

ちなみに、これが今回用意したモノ達リスト(次回用に、備忘録も兼ねて)。

  • 紙皿(なるべく深い方が便利です)10枚以上
  • わり箸(もしくはフォーク)10本以上(結局うちから持参した普通のナイフとフォークが活躍しました)
  • アルミのベーク皿(ホタテや野菜などを焼くのに便利。今回はバターと塩で味付け)
  • 串刺し用の木のスティック
  • ゴミ袋
  • ペーパータオル
  • ウェットティシュー
  • 車エビ 14尾
  • マス 2尾(ホントは人数分欲しかったのですが、2尾しかありませんでした) 
  • 鮭 一切れ 3パウンドくらい
  • (魚だけはスーパーではなく、専門店ーSwansonsという名前の、New Havenでは多分一番信頼できる魚屋さんーで買いました)
  • お肉(牛さん鳥さん)
  • ソーセージ
  • ピーマン
  • タマネギ
  • トウモロコシ
  • 板チョコ
  • マシュマロ
  • ウエハース
  • お酒(ビール40本とカクテル系ドリンク6本)
  • 水(大きいガロンボトル1つ)
  • ソフトドリンク(2リットル2本持って行きましたが、結局誰も飲まなかったかな)
  • チップス
  • コールタール 一袋
  • 固形燃料 一袋
  • 軍手
  • クーラーボックスwith ice 
  • 包丁まな板
  • 焼肉のたれ
  • 味付け塩コショウ
  • BBQセット(携帯用の椅子なども適宜持参)
  • すいか

これに、白ワインやおにぎり、フルーツの差し入れがあって、もう十分過ぎる内容でした。これだけ飲み食いしても1人30ドル。この安さもBBQとかピクニックの醍醐味ですよね〜。

子守りも時々私達が担当して、Tさんご夫妻も久々に自由な時間を楽しまれたようです。これ以外にも山のように赤ちゃんの写真を撮ってお送りしたら、とても喜んでもらえましたよ〜。「あれ、赤ちゃん持ちだとご自身でも写真いっぱい撮ってるんじゃないですか?」と訊いたところ、夫婦二人だけだとそんな余裕がなかったり、カメラもいつ壊されるかわからないとかで、案外自分達では写真は撮らないそうですね。あと、前日の買い出しもTさんの奥様と私で行ったのですが、子連れの買い物はホント大変だなあと思ったことです(一人じゃ絶対無理!)。

ということで、Tさんご夫妻に感謝感謝!
寒くなる前にまたやりましょう!とのことで、今から楽しみにしてまぁ〜す!


★今日の感心
お腹いっぱいになった後は、フリスビーで軽く腹ごなし。。。のつもりが!!!最初FYの2人でえっちらおっちらやってたのですが、「一緒にやっていい?」と、近くにいた子供達がどんどん加わり始め、、、最後には7〜8人まで人口増大しちゃってました。もちろん、みんな知らない人ばかり。全く見ず知らずの人同士でも、単にフリスビー好きだからって理由でどんどん輪が広がって行くのは、さすがアメリカだなあと感心しきりでした。

★感心その2
Pict0378 Oさんという方が差し入れてくれたこれ!ブラックコーラですって〜!皆さん飲んだことありますか?おっかなびっくり飲んでみた我々の感想・・・

「これはカルーアのノンアルコール版だ!」

かき氷とかにかけても意外とイケルかもしれませんね。

| | コメント (2)

2006年8月 8日 (火)

12歳!!!

今日はバンバンの誕生日で〜す!

今日で12歳!!!

12年前の今日(かどうかは不確かですが、バンバンなので8月8日ってことにしてあります)、灼熱のダラスで生まれた姫。お母さんとも兄弟達とも生き別れ、干からびそうになってるところを、心あるご夫妻に拾ってもらって、本当に良かったね。

そして最初の飼い主さん(Sさんご夫婦)に愛された3年間。

次の飼い主さん(Iさん)との二人暮らしを謳歌した3年間。

その後、ご縁あって私に出会い、日本生活も経験し、F氏に出会い、そしてまたこうしてアメリカでの日々を満喫しているバンバン。

あなたの最初の6年間を私は知らないけど、きっときっと、皆さんに愛され、多くの温かい思い出を共有していたに違いありません。その6年間を支えてくれた皆さんに感謝!そして何より、

バンバン、生まれて来てくれて本当にありがとう!

そんなわけで今日は、姫がまだ0歳児だった頃のお写真を一挙公開しちゃいま〜す!最初の飼い主さんに頂いたもので、写真の写真で若干見にくいかもしれませんが、ご容赦下さいね。


Pa160010 Pa160012 Pa160013 Pa160018



















































































★今日の告白
写真をつぶさにご覧下さった方はおわかりかと思いますが、バンバン、最初は「バンビーナ」と呼ばれていたんです!イタリア語で「女の子」という意味。ところが、Sさんご夫妻にその後赤ちゃんが誕生しまして、その子が「バンビーナ」って発音できずに、「バンバン」となって以来、姫の名は「バンバン」に定着したというわけ。更にですね、代々受け継がれたノートブックを見ると、ごく初期は「みーちゃん」と呼ばれていた形跡もあったりして、、、「ん〜、さすがにみーちゃんという柄ではないかも・・・」などと各飼い主さんと語り合ったものです。

ちなみに、「バンバン」が定着した今でも、家での呼び方はいろいろに変化していまーす。

バンディー(これが今一番多いかな?)
バンディーちゃん
バンちゃん
バン
おバンの方
シマシマちゃん

などなど、、、あとはもう恥ずかしくて言えませんが(^^)、eikoさんちのおーちゃんのように、ネコの名前というのはいろいろに変遷するものですよね。

| | コメント (7)

2006年8月 7日 (月)

So Sweet Sugarちゃん

今日は久々、新しいお友達ニャンコのご紹介!

よくコメントを寄せて下さるのでもう皆さんご存知でしょう、マグノリアさんちのSugarちゃんで〜す。
Feb0501
















バンバン似のキジトラ模様が素敵ですね♪お目々も口元もキリっとして、なんとも聡明なお顔立ち。そのかわいい口元から、今にも何か語りかけて来そうな雰囲気すらあります。

バンバンよりもずっとお姉さんとのことですが、ちょっと前まで、ネズミを追ってワイルドに野山を駆けめぐっていたんだとか。バンバンは狩りのセンスはいまひとつ(いや、いま三つぐらい・・・)ですが、Sugarちゃんとは食べ物の好みやIBDの症状もそっくりで、今後是非「センパイ」と呼んで仲良くさせて頂きたいですっ。

そんなSugarちゃんの名付け親はマグノリアさんの旦那さん。

She's so sweet!

だからだという話ですが、ふむふむ納得!
こんなsweetな眼差しで見つめられたら、誰でもイチコロノックアウトですよ〜。

でもほんとは、Grateful Deadという古いバンドの歌のタイトル "Sugar Magnolia" からとったというお話も。だからマグノリアさんなんですね〜。旦那さんのセンスの良さにも脱帽です!

そんな素敵なご主人達に恵まれた"Sweet Sugar”ちゃん。やんちゃな妹分Magicちゃんも一緒の温かい暮らし、これからもずっと応援させて下さいね〜。

★今日の音源
"Sugar Magnolia"を聴いてみたいというアナタ!こちらのリンクから、これとかこれをクリックすると、70年代の彼らの渋い演奏が聴けますよん。

| | コメント (2)

2006年8月 5日 (土)

kindness of touch

昨日たまたまこんな詩を見つけました。
ALS(筋萎縮性側索硬化症)で闘病生活10年を迎えるある女性の作品です。

RESOLVED

I refuse to die
I choose to defy
Prognosis (poor)
I will see
Daughters
    Graduate
    Marry
    Grandchildren
I refuse to die
I choose to defy
Prognosis (guarded)
I must
    Love
    Help
    Work
    Dream
    Eat chocolate every day
I refuse to die
I choose to survive
Prognosis (good)
---

TOUCH

I sleep alone now
Not by choice but by disease
The nurse sits in the far corner
Records my vital signs
Pulse, 78
Breaths per minute, 8
Not dead yet
A gray cat remains faithful
Curled at my feet
Or stretched long on my body
His furry warmth comforts me
Through gnawing nightmares
And the loneliness of 3 a.m.
He knows without knowing
The kindness of touch
---

他にもいくつかあったのですが、この2つがお気に入り♪
生きることの素晴らしさ、命の大切さを痛感させられる名作だと思います。

He knows without knowing
The kindness of touch

あなたの大切な人(ネコ)も、きっとあなたにkindness of touchを与えてくれてますよ。

★今日のおまけ
200607312219 Ikukoさんちのノンちゃんピッチちゃんのkindness of touchの図。小旅行に行かれた後、お宅に戻って来たらこの甘えようだったそうです。うぅぅぅ、かわいい!!!

| | コメント (2)

2006年8月 3日 (木)

日本の味セレクション

昨日日本のお友達Iさんご夫妻から大きな小包が届きました。

去年の10月待望の第一子が誕生され、お祝いにベビー用品をお贈りしたののお礼だそうです。ひゃ〜〜〜恐縮!どうもありがとうございます!m(_ _)m

ちなみに10月30日に渡米した私。ホントは10月初旬が予定日だったIさんご夫妻ですが、結局のびのびになって、確か私(&バンバン)が空を飛んでる頃に生まれたんじゃなかったかしら?

9月にお会いした際、まだ奥様のお腹はパンパンでしたね。
酒豪の奥様に一滴も飲めない旦那さん、という組み合わせは仲間内では非常に有名なのですが(^^)、その奥様が

「こないだちょこっとだけ飲んだら、それまでジタバタしてたお腹の子が、いきなりじっと動かなくなって。。。多分酔っぱらったんじゃないかと思うんですけど。。。」

と笑っていたのを思い出します。

ここから我々は、赤ちゃんはきっと旦那さん似に違いない!と予測したわけですが、出産直後に頂いた写真を見ると、もう、お父さんソックリ!!!今回も9ヶ月になった赤ちゃんの写真が同封されていましたが、柔和な笑顔はお父さんそのもの!女の子はお父さんに似ると言いますが(私もそうだなあ)、Iさんちもその路線まっしぐらですね。

そんなお嬢さんの写真に癒されつつ、小包を開けて行くと、、、出るわ出るわ!「これあるといいな♪」的グッズがてんこもりです。

以前アメリカに赴任されてたIさんならではの、さすがのセレクションですね。バンバンのフードまでおまけして下さってて、もう嬉し涙ちょちょぎれてしまいました。

全部一気には難しかったので、小グループに分けて写真撮影しましたよ〜。

Pict03001いろいろインスタント食品と、バンバンへのウェットフードたち。乾麺は特にF氏に受けてましたね。思えばこっち来てまだラーメン1回しか作ったことないかも。週末のお手軽ブランチに食べてみよう!ふじっ子の塩昆布も渋いですね。




Pict0315インスタント2グループ目。お茶漬けもいいですね〜!かに玉、ペペロンチーノの元など、ささっと一品できて助かります。



 

 

Pict0304_1Pict0311いろいろあられ。「夏」というとてもイナセな包装紙に包まれていました。私の好きなチーズやナッツのトッピングなど、他にもすごい種類です。どれから食べるか迷うぅぅぅ〜。


Pict0302 加賀麩のお吸い物(最中みたいなやつに穴を開けて、付属の出汁と共にお湯を注いで作るんだそうです。石川出身のF氏的にはたまらない一品)






Pict0301京都のお茶(緑茶とほうじ茶を一つずつ頂きました。学生時代を京都で過ごしたF氏、実はIさんご夫妻も京都です。なんか嬉しい偶然♪)








Pict0326Pict0344 Pict0346 Pict0360 カーペットで伸びていたバンバンに、「Iさんからだよ〜」とキャットフードを見せてみました。

興味あるんだかないんだか(袋が開いた瞬間とても興味が湧くんだとは思いますが)Iさんにも見せたくて、調子に乗ってたくさん写真撮っちゃいましたよ〜。

★今日の遺伝学
ちなみに、なぜ女の子がお父さんに似るのか、似てない子はどうして似てないのか?こちらのサイトに詳しい説明がありました。ふむふむなるほど。背丈とハゲの項目は特に気になりますね♪あと、Iさんちの事例でいくと、下戸遺伝子も優性遺伝するのかな?

| | コメント (4)

2006年8月 2日 (水)

かわいがりのメンタリティーとは

このブログを始めてから、いろんなペット飼い(当然ネコが中心になりますが)の方達とお話する機会が増えました。旧知の方であったり新しく知り合った方だったり、いろいろですが、どの方も本当に愛情深い、澄んだ心の持ち主だなあと感心する今日この頃。皆さんのお陰で、私の心も日々癒されてますよ〜。

もちろん、ペット飼いでなくても、愛情深い、澄んだ心の持ち主はたくさんいらっしゃると思いますが、ここはネコ部通信。敢えて今日は、ペット飼い(「ペットかわいがり」と呼ばせて頂きます)のメンタリティーについて、私なりに考察してみようと思います。

ここでは議論を簡単にするため、「かわいがるもの」の比較対象として、「人間の赤ちゃん」を例に挙げさせて頂きますね。私自身、大人になってからまだ「人間の赤ちゃん」と一緒に住んだことがないので、若干誤解などあるやもしれませんが、そこはどうかご容赦を。

で、ペットをかわいがる理由、ですが、これはまず

見た目にかわいい(愛らしい)

のが大前提にあると思います。ヘビとか蜘蛛をペットにしてる人もいますが、種類はこの際何でも良いです。飼い主本人が、「愛らしい」「ぎゅーっとハグしたい」と思っていれば、それが「かわいいと思う」ということなのでしょう。

そして第二に

世話を焼かせる

これもペットをかわいいと思わせる大きな要素だと思います。世話を焼く間に情も湧きますしね。でもこれら2点は人間の赤ちゃんでもほぼ同じです。

では、ペットと人間の赤ちゃんを区別する最大のポイントは何かというと、

ペットは寿命が短い(=飼い主はいずれペットを看取らねばならない)

ということではないかと思うのです。

他にも、教育責任や言語能力の有無などいろいろ違いはありますが、これはもうちょっと成長した人間の子供との比較になってしまうので、ここでは置いておくとして。

とにかく私的には、ペットをかわいがる究極のメンタリティーというのは、彼らの命の短さやはかなさというものに、最終的には依拠するものだと思っています。

人間の赤ちゃんは、普通に行けば自分よりも長生きするはずですよね。もちろん、小さい頃は熱を出したり心配も多いと思いますが、普通に小さい赤ん坊を「ああかわいい♪」とあやしている瞬間、将来を夢見たり希望を抱いたりこそすれ、その子の「老い」や「最期」を想像する人はほとんどいないと思います。

しかし、ペットは、「ああかわいい♪」と、そのふさふさの毛皮を撫でている瞬間にも、「この幸せはそう遠くない将来に必ず終焉する」、その厳しい現実が脳裏をふっとよぎります。例えその子が仔猫で、老いや病気とは全く無縁そうに見えても、10年20年先のことを全く想像だにしない飼い主はいないでしょう。

だからこそ、はかない命だとわかっているからこそ、その命がより愛おしく思えるのです。私はこれが、ペットかわいがりのメンタリティーを、とても深いところから支持しているのだと思います。

そんなこんなで、私がバンバンの毛っけを集めているのも、彼女の命をはかなく感じるからこそ。単に「やばい」趣味の持ち主ってわけではありませんのでね〜(って、一体どんなオチなんだか・・・)。


★今日の名言
わーい、今日はJさんの誕生日!おめでとうございますっ!
何か言葉のプレゼントもしたいなあと名言集を探していたら、こんなの見つけちゃいました。ジェイムズ・ヘリオットという、イギリスの獣医さん兼作家が著した言葉です。

If having a soul means being able to feel love and loyalty and gratitude, then animals are better off than a lot of humans.

(和訳)
魂とは何か。
もしそれが
愛と忠誠と感謝の気持ちを感じること
そのものだとするならば
ほとんどの人間よりも
動物たちのほうがずっとすぐれた魂を持っている。

人間も動物も根本にある魂は同じだと思います。ただ人間は大人になるにつれ、根本を忘れがちなだけ・・・それを思い出させてくれる動物の無垢な魂。これもまた、私達がペットに引きつけられる大きな魅力の一つですよね。

★今日のかわいがり写真
Pict0208 Pict0214_1 「恥ずかしいにゃ〜」あるいは「まぶしいにゃ〜」状態の姫。手の下からのぞく口元もソーキュート!!!

| | コメント (4)

2006年8月 1日 (火)

オールデーパーティー

昨日はボス邸で昼夜2部構成の大パーティーが開催されました。

New Havenから車で3〜40分。郊外の大きな森の中にその素敵なお宅はありました。

Pict0263 Pict0264 しっかーし、ここ、庭が広い〜!敷地は全部で2エーカー(2,500坪)。バックヤードはもう森と一体化していて、今にも鹿やタヌキが出て来そうです。ここなら子供達ものびのび遊べるでしょうね〜。あ〜、ホントアメリカの田舎暮らしはいいなあ。

昔ジョークで

「アメリカの家に住み、
イギリスの給料をもらい、
中国の料理を食べ、
日本人の妻を持つ」

のが最高の幸せだ、みたいなのがありましたが、後半3つは置いておいても(?)1つ目は確かに!と断言したくなります。

ちびっ子達ともドタバタじゃれあいながら、宴は昼前からスタート。
みんな夏休みということもあって、ご家族やお友達も同伴してました。学生のFさんは、今日が最後のお出まし。なんとご両親を連れて来てました。ニュージャージーの実家からFさんの引っ越しを手伝いにいらしたんだそうです。お二人とも台湾のご出身。日本にも5回行ったことがあるとかで、温泉と懐石料理が好きだと仰っていました。おお、私もその2つは大好きです!

で、まずはランチの部
Pict0252_3 チーズやクラッカー、プロシューット、中国人JGさんが持って来てくれた豚肉の炒めたの(ベジタリアンYは後半二つはNGですが)などをつまみながら、ワインをクピクピ。客人も思い思いに参加してメインディッシュを調理するのが、ボスの”オレ流”おもてなしです。


Pict0258_1 Pict0262 メインはこちら。ムール貝のガーリックスープ煮とエビ&カニ肉&ホタテ貝柱のトマトソース煮。前者は貝殻を手で持って、スープごと身をワイルドにむさぼり食い、後者はパスタを絡めて頂きます。どちらもガーリックがよく効いてて、激旨!冷えた白ワインがよく合いました〜♪

★ここで仕入れた豆知識
にんにくを調理した後、手についたにんにく臭を落とす裏技!それは、包丁とか何か金属製のものを水道の蛇口にかざして、その下で手を洗うというもの。ボスの一番上の息子Mくんが教えてくれました。お口の消臭にも使えるかどうかはわかりませんが・・・今度実験してみようっと。

お腹も一杯になったところで、いきなり体育の時間
Pict0266 Pict0272 近くのビーチ(一応state parkになってます)に全員で繰り出しました。ちゃっかり水着持参で来てた人もいて、思い思いに泳いだり、フリスビーやビーチサッカーに興じたり、パラソルの下でのんびりゴロゴロしたり。私は写真部&ちびっ子のお世話&サッカーなどしてましたね。しかしこのビーチ、平日の真っ昼間だというのにたくさん人がいてびっくりでした。みんな短い夏を謳歌してますね〜。

そして夕方7時から、メインの夜の部スタートです。
F氏もここから合流。
お昼あんなに満腹になっていた我々も、体育のお陰ですっかり腹ぺこに。そしてここでボス自慢のBBQ登場!でっかい骨付きビーフに、チキン、あと私のためにツナとかコッドフィッシュなど魚も用意してくれました。焼き方もミディアムからウェルダンまで各種類ベイク。

Pict0288 そして1時間後に焼き上がった肉達がこちらです。

じゃじゃ〜ん!
そのバカデカさと言ったらありません!

男性陣は2つずつサーブされてましたが、F氏も最後の方はいっぱいいっぱいになっていましたね。ちなみに、ここからアルコールは赤ワインにシフト。ボスが「これが一番おいしいポートワインだ!」と言って出してくれたトニーポートは、なぜかオーストラリア製でしたが、これが本場ポルトガルよりおいしいんだとか(ポルトガル人Sさんは大ブーイング 笑)。見た目醤油のようで度肝を抜かれましたが、確かにとても芳醇でめちゃおいしかったですぅ〜。

Pict0296 締めには、フルーツと奥様Sさんお手製のチョコレートケーキを頂きました。アメリカのケーキって大概砂糖ジャリジャリでおいしくないですが、ハンドメイドのケーキってどこで頂いてもおいしいですね。Sさんのケーキも上品な甘さでとっても美味!別腹で速攻ペロリって感じでした。

Pict0219_1 最後はみんなで記念撮影。今日で最後のFさんともみんなでハグをしてお別れしました。Fさん、テネシーに行ってもどうか変わらず元気で頑張って下さい!あと、約束した写真もいっぱいお送りしますよ〜ん。

#バンバンのも下さいと言ってくれたので、早速お言葉に甘えて♪例えばこんなのとか如何でしょう?(かわいい〜♪)


★今日の補足
上のジョーク、Y流に改変してみました。

「好きな場所・家に住み、
給料安くてもやりがいのある仕事をし、
何でもいいから自分達で作った手料理を食べ、

そしてかわいいペットを飼う」

これが何よりの幸福ですよね〜!

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »