« 今度は熱い! | トップページ | 血液検査再び »

2006年6月 5日 (月)

パーティータイム!

先週末、同僚のMさんKさんのお宅でポットラックパーティーが開催されました。

お二人は最近婚約したばかり。よく働きよく遊ぶ、近年まれに見る?お似合い同業者カップルです(とくにその仕事と遊びのバランスが素晴らしい!)。そんなお二人が最近新居に引っ越したからと、メンバー全員をお宅にご招待してくれました。

Pict0212Pict0213 持ち寄るのは「お国自慢もの」というテーマで、FYが作成したのがこちら。いなり寿司とちらし寿司でございますぅ〜。作り方は

1.ごはんを炊く
2.永谷園の"ちらし寿司のもと"(すし太郎)を混ぜる
3.その半量をいなり寿司に。缶詰になって売られてた皮(もちろん味付き)にちらし寿司を入れてぎゅぎゅっとやる
4.残り半量の上に錦糸卵、カニカマ、むき枝豆(ともに解凍しただけ)、永谷園について来た刻みのりをのせる

という、ひっじょーに手抜きな二品でございます。
最も手間暇かけたのは錦糸卵ぐらいかな?おほほ♪

とまれ、見た目は立派なJapanese Cuisine完成!
土砂降りの雨の中、なんとかMKさん宅にたどり着きました〜。

新居はFurnished(家具つき)の2BR。一軒家の1階をまるまる貸しているタイプのもので、とにかく広い!窓もたくさんあり、全体が木で統一された、古き良きアメリカのお家、という趣のとても素敵なお宅でした。Furnishedのアパートはこちらでは珍しくないのですが(一方ダラスではあんまりなかった)、なかなかいいものですね〜。

Pict0217Pict0216三々五々みんが集まって来たところで、宴会開始です!

こちらがみんなが持ち寄った各国料理。Kさん自慢のポークやチキンの煮込んだのもすごかったですが(F氏はここぞとばかりにパクついてました! ^^)、私に配慮してベジタリアンを用意してくれたり、ボス自らムール貝の煮込みを作ったり。Mさん手作りの春巻きや、Sさんがパイ生地から作ったというキッシュZさんクレープのデザートもおいしかったなぁ〜。ちびっ子達も大騒ぎのうちに食べまくり、あっという間に大満腹!!!

FYの作品も上々の評判でしたよ。Kさんは日本食にとても詳しいのですが、さすがにいなり寿司は見たことなかったみたいで、「INARI」の用語をちゃっかりお教えしておきました!

あ、でも、みんなにおいしいと言ってもらえたのは良かったのですが、「で、どうやって作ったの?」と質問攻めにあったのには軒並み絶句しましたね〜。「永谷園を混ぜた」とも言えず(言えば楽になっていたのに!)、「うーん(なぜか歯切れが悪い)、多分こんな感じ(なぜ多分?)」と何とか説明し、その場を切り抜けました。

一つ面白かったのは、「どうやったらこんなにご飯がstickyになるの?」と聞かれたこと。「へ?なんでと言われても、、、あ、そうか!!!これは日本のお米でね、元々stickyな品種なのです。だから普通に炊くだけでstickyになるのです。」と説明した次第で。

ふひ〜(汗ふきふき)とにかく、日本食を一からに作れるようにならねば!と、改めて思い至ったFYでした。

おまけの写真
Pict0227_2お腹もいっぱいになった後、若者?中心でボーリングに出かけました。RさんTさんの一人娘Lちゃん(5歳)も参加!でも、さすがにLちゃんにはボーリングの球は重かったみたいで。。。こう、うんしょ!と投げる(というか、落とす)のはいいものの、ガーターの途中で止まってしまうこと数度。次第にLちゃんも泣きべそかき始め、、、これはいかん!ということで、レーンの脇に小さな壁を立ててもらいました。こんなの初めて見た〜!と感心している私は時代遅れですかね?とにもかくにも壁のお陰でLちゃんのご機嫌も直り、その後彼女はスペアを2回も出して大喜びでした!一方のYも人生で2回目ぐらいのストライクを記録!F氏は3ゲーム中2度もターキーを出し、いまや「伝説の男」と化しています。

|

« 今度は熱い! | トップページ | 血液検査再び »

コメント

>「うーん(なぜか歯切れが悪い)、多分こんな感じ(なぜ多分?)

笑いました!Yねえっぽいです。
最高!!

投稿: | 2006年6月 6日 (火) 09時59分

おお、これはきっとほっふどのですね!

ああでも、アメリカ人に受ける日本食ってホント難しいのよねえ。

名シェフほふどの、何かお薦めありませんかね?

投稿: 飼い主Y | 2006年6月 6日 (火) 17時23分

こんにちは。なんか、無性においなりさんが食べたくなってきました。

昔はうすあげを自分で煮たことありましたが、あの甘くこってりした味が出せず、あげが破れたりでもう市販のものにしましたね。

ネコの毛を集めている人は初めてです。(笑)ひげとかはいましたけど。

そうそう、おーちゃんのブラザー、ちびを眠らせた時近所の獣医さん、記念にと髭をはさみで切ってくれました。ちょっとでいいのに、バスッとたくさん。ハンサム顔がくずれちゃうと嫌な思いをしたことを思い出してしまいました。

向こうにしてみれば、猫の死なんていつものことだけど思いやりがちょっと欠けているのではと思ったのでした。

投稿: eiko | 2006年6月 6日 (火) 18時17分

おおー、eikoさん!コメントありがとうございます!

おーちゃん、具合が良くなって来たみたいで本当に良かった!
17歳って本当にすごい!うちもあやかりたいです〜。
あ、でも日本の老猫サイトで26歳ちゃんをお見かけしたのにはびっくり!おーちゃんもまだまだ若いですよ〜。

シアワセな老後を過ごし、好きな人やものに囲まれながら旅立つのは、人間もネコも共通の理想ですよね。
ちびちゃんのヒゲをばっさり切られた時のショック、とてもよくわかります。
ニャンコのうわ〜っと広がる立派なヒゲは、大きな魅力の一つですものね。

そう言えば、私が子供の頃飼ってた「タロウ」というネコ、たまたまヒゲを収穫してオルゴールの中に入れてたのですが(さては私、子供の頃からその気があったのか!)、彼が若くして亡くなってすぐ、そのオルゴールも壊れてしまったのには泣けました。それからもヒゲを勉強机の透明シートに挟んでいたと思うのですが、あれも何かのきっかけでなくしてしまったなあ。。。

うぅぅぅ、それでもタロウは私の心の中にいつまでも生き続けているよ!

脱線してしまいましたが、またeikoさんのブログにも遊びに行かせて頂きますね。

おーちゃん、頑張れ!!!

投稿: 飼い主Y | 2006年6月 6日 (火) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今度は熱い! | トップページ | 血液検査再び »