« ポキ星人さんとは | トップページ | アメリカでおいしいコーヒー »

2006年5月30日 (火)

まだまだ続いちゃったりするわけで

クダンの「肉球問題」、もはやネコ部の公式プロジェクトとして研究続行中であるわけですが、先日、テキサスのJさんよりこんな研究成果が発表されました。

「肉球の個猫差についての考察」

●被験者
海空陸陽ちゃんの4ニャンs

●実験方法
(1)ニャンsを抱き上げ、ぶらりんとした手のひらをひっくり返して観察。
(2)爪切りをしながら肉球を観察。
(3)その他カメラを持ってニャンsを追いかけ、ひたすら手のひらの隠し撮りをする。

(飼い主Yより補足の質問)
ちなみにニャンsっておとなしく爪を切らせてくれますか?うちは爪生やしっぱなしなのですが、たまに自分で「フガー」と噛んで爪を引っこ抜いているみたいです。ボールペンのキャップみたいに抜けた爪を発見した時はオドロキでしたよ〜!・・・おまけにこれを裸足で踏むと激しくイタイ・・・

●結果
52806_001 (Figure 1)写真のグレー(ほとんど黒)は空ちゃんの右手。しかし空ちゃん、絨毯みたいなきれいな毛っけですね!






52806_024 (Figure 2)ピアノの上のグレー/白は陽ちゃんの右手。ピアノに映る陽ちゃん肉球のミラーイメージが素晴らすぃぃぃ〜♪



Umi_100503_resize (Figure 3)そして海ちゃんの左手(ぐぐっと拡大してください)。しかしこのコロリンコぶり、まさに決定的瞬間ですね。撮影後の感動が伝わって来るようです!


ちなみに陸ちゃんの肉球は(自慢の)ロン毛に埋まって確認できなかったとか。ということで、data not shown

●考察
しかしあれですね〜、こんなに個猫差があったとは!
色の違いぐらいは認識していたつもりだったのですが、各球の大きさやプニプニ感もホント各猫各様なんですね。

で、まず思ったのが、総じて皆さん肉球(指部分)が大きいこと。
特に手根球のデカさといったら!!!海ちゃん最強でしょうか?
更に海ちゃんは親指の肉球も大きいですよね。ピンクの肉球がポッテリギューっと集まってる様は、バンバンのポツポツ小振りなそれらとは随分趣を異にします。手根球の位置自体も、バンバンに比べたら少し上方(根元側)に位置しているでしょうか。

ちなみに、週末観察していて更なる発見!
バンバンの場合、手根球より更に上方に、肉球ではない、ちょっとふっくらした構造物があるんですよ〜!更にそこからちょっと長めの毛っけが生えていて、とても思わせぶりなんです。でも、何だかよくわからない

この「ちょっとふっくら構造物」皆さんのニャンsにもありますでしょうか?

更なる研究活動は次号へと続きます・・・(?)


★Supplemental Figure 1
Umi_120603 Jさん:
「あるときデスクに座っていたら、海が部屋の入り口で
首をかしげて座っていたんです。ちょこんと。
かわいかったので、同じ方向に首をかしげて
「どうしたの?」と言ったら、さらにかしげるんです。
で、とうとう身体ごとひっくり返ってしまって、
それを大笑いしたら、それ以来ひっくり返った姿勢で
こっちを伺っているようになりました。
私が喜んだのがわかったのでしょうか。」

(ここから飼い主Y)
「お目々クリクリひっクリ返り」海ちゃん!ものすんごくかわいいですぅ〜〜〜!
徐々に首をかしげて、という様子、想像してると私まで首が曲がってひっくり返りそう。。。そのひょうきんさといい、茶トラの色柄といい、何となく「What's Michael?」を彷彿とさせますネ♪(私の愛読書です!)

★Suppplemental Figures 2
52906_008 52906_006さらにJさんちのバックヤードでお花が咲き始めたそうです。う〜んビューティホー♪しかしバラはまだしも、アサガオって・・・!(@_@)さっすがテキサス!!!ちなみにアサガオってアメリカに自生してるものなのですか?

|

« ポキ星人さんとは | トップページ | アメリカでおいしいコーヒー »

コメント

いやぁ、アサガオ、自生してませんよ。
じつはweekend gardenerだったり・・・。
種を買いに行って(WalMartだけど)、4月のはじめごろから小さいポットで発芽させて、最近バックヤードに移植しました。
この青いのはヘブンリーブルーという種類です。
バラは3,4年前に一株2ドルだか3ドルだかで、メールオーダーのバーゲンで買いました。
このテキサスの乾燥した無駄に暑い夏を乗り切れるものだろうかと思いましたが、さすがに夏の花、半年ぐらいずーっと花を付けますよ。
あとは、なす、インゲン、リーフレタス、しそ、キャットニップなどが育っています(うーん、今年は食い物が多い)。
ウチの土地はclayで(また出た)、石もゴロゴロしていて何も育たないので、主にプランターで。
大量にいい土を入れて、スプリンクラーも付けて、庭の大改造をしたいのですが、なかなか先立つものが。

爪切りですが、どうにかなだめながらでも切らせてくれるのは、陽だけです。
あとは、肉球ぷにぷにの続きで爪切りだと気づく前に1本だけとか。
10本(後ろ足は切らない。走るからか、手の爪ほどシャープにならないから)完結する頃には(どれを切ったか忘れたりもするわけですが)最初のが伸びてたり。

「What's Michael?」は、読んだことがなくて、ぜひ読みたいと思っています。
「動物のお医者さん」はしっかり日本から持ってきて、もはやどのせりふを言われてもそれに対するせりふが言えます(自慢にならん)。
これくらい熱心に教科書を読んだら・・・と言われそうなので、親には言えません。
チョビがネコという設定だったら、絵も描けるようになっていたかもしれません(うそ)。
ネコ本の買出しに日本へ帰りたい(あほ)。

投稿: J | 2006年5月30日 (火) 21時37分

アサガオ、さすがに自生はしてないんですね。でも、種売ってるんだ〜。今度WalMart行ったら見てみようっと。ヘブンリーブルー、素敵な名前ですね♪

キャットニップも育成されてるんですね〜。うちのPETCOで買って来るキャットニップは、なぜかあまり長持ちせず、しばらくしたら新しいのに買い換えたりしています。でもこれって大きい鉢植えに植え替えたらちゃんと継代(?)できるのかもしれませんね。

ちなみになすって日本的な小振りなやつですか?
きゅうり、しそなども家庭菜園向きだって聞いていて、ちょっと興味があったのですが、、、いいですよね〜、おうちで野菜栽培!

爪切りはやはり至難の業なのですね。
う〜ん、うちのB嬢は絶対無理な気がするぅ〜。
それでも3月に獣医さんに行った際切ってもらったのですが、しばらく爪研ぎのかかりが悪く、バンバン的には若干物足りない様子でした(X線検査で麻酔された時に切られたみたいです。Awake時のネコパンチ威力削減の意味で切ったと言っていました。なんと言っても獣医さんに繰り出す姫のパンチはただものじゃないですからね〜・・・汗)。

What's Michael、実家に全巻あります。
ああ〜また読みたい!(持って来るんだった!)
動物のお医者さんもいいですよね。関西弁のニャンコ(ミケちゃんでしたっけ?)の教育指導にいつもウケていました。

投稿: 飼い主Y | 2006年5月31日 (水) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポキ星人さんとは | トップページ | アメリカでおいしいコーヒー »