« まだまだ続いちゃったりするわけで | トップページ | ブラッシング »

2006年5月31日 (水)

アメリカでおいしいコーヒー

なんてものは実質存在しないのでは、、、とお思いの方々!

うちの職場は例外です。
本当にあるんですよ〜!アメリカなのにおいしいコーヒー!

その理由は、うちにはヨーロッパ人が多いこと(彼らは例外なく、コーヒーの味には一家言持っています)。そして彼らが、800ドルもはたいてイタリア製のエスプレッソメーカーを取り寄せてくれたから!なんですね〜。

な〜んだ、じゃあ「アメリカのコーヒー」じゃないじゃん!と突っ込まれるかもしれませんが、どうかそこは大目に見てやって下さいませ。

とにもかくにもおいしいコーヒーの作り方です。

Pict0093 まずこちらが主役のエスプレッソメーカー。
色と形から「バットマン」と呼んでいるのですが、このバットマンの口部分?に、紙パックに入ったコーヒー(「エスプレッソポッド」と言います。これもイタリアからの輸入物)を挟み、ボタンを押します。すると立ちどころに、下のノズルから熱々のコーヒーが出て来るんですね〜。

ちなみに、バットマンの左上方部にもノズルがありますが、これはスチーマーミルクを泡立ててカプチーノを作ることができます。これがまた夢のようにおいしいお味で。。。うーん、うっとり。。。

Pict0096 Pict0097 コーヒー豆の種類もいろいろありますが、うちの人気はアラビカとブラジル。アラビカはしっかりした味わいの中にどことなくアロマな香りが漂い、ブラジルはとってもビターでチョコレートによく合います。私はどっちかというとブラジルの方が好きかな。朝ブラジルを飲んで目を覚まし、午後アラビカでホッとする、というのがパターンです。ポッドの形状も写真に撮ってみたのでご覧下さいね。

おまけのお話;
最近うちの同僚達に好評だったお菓子がこちら、ロッテの「紗々 ゴールド」。

06_0508_3この金箔は受けましたね〜。「これって毒じゃないの?」「私は食べずにとっておく!」などなど、みんないいリアクションしてくれました!

Ka_pjpそして今日もふと気づくとカバヤのジューシーグミ発見!生まれも育ちもコネチカの、うちで唯一のpureコネチカッター(とは言わないと思いますが)Mさんが差し入れてくれたそうです。私はライチを頂いたのですが、「中にコラーゲンやらビタミンCやらが入ってるんだよ」と(彼らは日本語読めないので)教えてあげると「へ〜!なんて健康的!」と感心してくれました。

てな感じで、うちでは根強い人気のJapanese Candies。
もっとこっちで販売路線拡大すればいいのに、と思ってるのはきっと私だけではないですよね?(^^)

|

« まだまだ続いちゃったりするわけで | トップページ | ブラッシング »

コメント

う、それはアメリカのコーヒーではありません(なんちて)。
いいですねえ。
ヨーロッパから来る人はみんな「あれはコーヒーではない」と言います。激しく同意です。
どうしたらあそこまでまずくなるのか、不思議だったんですよ。ウチで使っている豆は、普通のスーパーで買ってくるものなのに、職場のコーヒーとは味が違うから。
少し前に胃の調子を悪くして、ウチで飲む時に使う粉を少し減らしたんです(そういうときはコーヒーを飲むなという御忠告は有り難く頂戴いたしますが、コーヒーは止められません)。
ある時、許容濃度の限界を超えたようで、あの味になりました。
「おお!薄いだけでこんなにまずくなるんだ」と大発見でした。
それなのに「スターバックスのコーヒーは濃すぎるよね」という意見も聞きますし(あれは許されるぎりぎりの濃度(薄さ)だと思うのですが)。
私の職場での贅沢は、持ってきたインスタントコーヒーを飲むことです(とほほ)。

NYが近いと、なにやら日本のものが流通しているようですね。うらやましいです。NYには紀伊国屋(本屋のほう)もあるんでしょう?

昨日、私の使っているiMacをアップグレードしてもらって(10.1から10.2.8へ)ブラウザがサファリになったので、どうやら職場から書き込めるようです(こらこら)。
でも動作が激しく重くなり、しょっちゅうフリーズするようになったんですが・・・。このG3、結構古いと思うんですが・・・。

投稿: J | 2006年6月 1日 (木) 18時30分

あ、そういえば。
飴だったかグミだったか、袋に「Fat Free」と書いてあって、脱力したことがあります。
まあ、そりゃファットフリーだけど、死ぬほどお砂糖が入ってますけど。
「アメリカ人はアホや」と思う瞬間の一つでした(いろいろある)。

投稿: J | 2006年6月 1日 (木) 18時37分

今日はJさんから、「コーヒーの日米差についての考察」研究成果が発表されました!

薄めたらまずくなるの、確かにそれは大発見ですねーーー!でも、きっと真似はしませんです(^^)あとそうそう、スタバですら、日米で大きな濃度差がありますよね!

インスタントコーヒーはアメリカには存在しないと思っていたのですが、密かにあるんですね〜。これまたオドロキ!でも、職場に持ってく以外にも(^^)お菓子作りにも使えたり、結構重宝ですよね?

マンハッタンに紀伊国屋ありますよ〜。1階2階とあって、中にはカフェも併設されてます(日本的おいしいコーヒーが飲めるかは未確認)でも、本の値段は日本の2倍ですけどね〜(^^;)近くにBOOK OFFもあるので、我々はもっぱら古本専門です。あとそういえば、スーパーに行くとフロントラインみたいなフリーペーパー置いてありますよね(ダラスだとKomartなど)。あれもこちらではやたらいろんな種類が発行されてて、なんと日刊のスポーツ新聞みたいなやつまであります。

サファリだと日本語で書き込みできて、他のじゃできなかったんですか?そう言えば私のブログもサファリでは文字の色とか変えられなくて、今はもっぱらFirefoxを使っています。

Fat Free系もやたらと横行していますよね。でも、一昨日のグミのコラーゲンも「これってどうせ消化されてアミノ酸になっちゃうんじゃないの?」と突っ込まれ、「うーん、確かにそうかも・・・」まあ、砂糖だけのグミよりかは100倍ましだと思いますけどネ(^^)

投稿: 飼い主Y | 2006年6月 2日 (金) 05時54分

グロサリーの野菜コーナーで
「ブロッコリー、ファットフリー!」
っての見たことあります。

植物にだってFatはあるでしょ、っていう生化学な突っ込みはオトナゲないので却下。

投稿: かめ | 2006年6月 2日 (金) 13時22分

な、なんですかそれ!!!

さすがファットを語らせたら右に出る者のいないかめさん。ちなみにかめってファットフリーではないのですか?(ブラックですみません!)

投稿: 飼い主Y | 2006年6月 2日 (金) 16時40分

Fat Freeではありませんが"Phat" Freeです。

投稿: かめ | 2006年6月 3日 (土) 13時24分

"Phat"思わずぐぐっちゃいました!

って、これスラングのあれですよね?他にも何やらバンドの名前など出て来て、危うくヤラれる(何に?)ところでした(^^)

お友達リンクも張らせて頂きました〜!
今後ともハリケーンに負けずますます楽しい南部情報をお届け下さいね!

投稿: 飼い主Y | 2006年6月 4日 (日) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだまだ続いちゃったりするわけで | トップページ | ブラッシング »