« あんこでBon Voyage! | トップページ | 盆暮れ正月 »

2006年4月25日 (火)

「陸の」チキン

F氏は無事フロリダ入りしたようです。ホッ♪
暖かいけどちょっと湿気が多いそう。でも、寒いのよりは全然いいよね〜?(^^)

ということで、昨日から一人と一匹でお留守番。
車の運転気をつけること、火の元戸締まりをしっかり確認すること(実は前科一犯のワタクシ ^^;)、帰りは普段より1時間は早くすること(夕方18時には職場を出る!)などなど、注意点を励行しつつ頑張る所存です!

昨日の帰りはいつものスーパーで一人でお買い物。
メインの目的はバンバンのシーチキンをゲットすることなのですが、今回は「シー」以外に「陸の」チキン(すなわち鶏肉)も購入してみました。

というのも、ままるねこさんのサイトで読んだ、IBDの生肉療法というのがちょっと気になってたんですよね。

これはそもそもIBDの原因が食物アレルギーよるものだという仮定のもとに考案されているようですが、要するに野生のネコが元々食べていたもの(=ネズミ)に近い食事を与えようというのが趣旨のようです。でも、新鮮健康なネズミ肉を用意するのは現実的に不可能なので(職場にはSPF=specific pathogen free=なネズミがゴマンといますが)、チキンやターキー、ウサギ肉などで代用することが多いそう。

そんなわけでまずはチキンです。
と言っても飼い主の私がなんとベジタリアン。チキンやターキーなど家庭科の授業でしか触ったことがありません(つまりF氏も私のせいで家では完全フィッシュベジタリアンです)。いきなり生肉を買って調理する根性がない私は、ひとまずシーチキンの隣にあった「肉の缶詰コーナー」で無添加チキン缶(1缶2ドル!)を買ってみました。

帰宅後、早速チキンをトライ!
そしたら姫はシーチキンに勝るとも劣らぬ勢いでガッついているではありませんか!一人なので写真を撮る余裕はありませんでしたが、お代わりをおねだりするほどお気に召されたご様子です。

しめしめ。。。

実は最近久々に吐いたバンバン姫(この10日間で3回も)。お薬チェンジもあったので複合的な要因かもしれませんが、ちょっと体重も減少(12.2ポンド)。見た目は相変わらず飛んだり走ったり超元気なんですが、やはり心配。。。

ということで、z/dの処方食以外にもいろんな生肉的おやつをあげてみようかなと(ドクターにも相談しないといけませんが)。。。Jさんに教えて頂いたWildSide Salmonというのも激しく気になる今日この頃です。

Pict0265 今日のお写真;
うちの冷蔵庫に貼ってあるバンバンベストショット2003年版(多分)当時住んでた千葉の写真屋さんで作ってもらいました。飼い主バカここに極まれり〜(^^)。

|

« あんこでBon Voyage! | トップページ | 盆暮れ正月 »

コメント

右上と右下がもうあれです。今日も職場から癒されます。

投稿: ほふ | 2006年4月28日 (金) 06時56分

ほんともうあれでしょう?右下に反応されるとは、さすが筋金入りのほっふ氏です!(^^)

投稿: 飼い主Y | 2006年4月28日 (金) 23時01分

IBDだったかどうかわからないウチのニャンsですが(イヤ、4ニャンいっぺんってことは無いだろう・・・やっぱし)、カリカリをw/dにしても、他のカリカリを試してみても、血液性の粘液は治まりませんでした(もちろん抗生剤・ステロイド・駆虫薬なども処方されました)。
そうこうしているうちに陽と陸がほぼ同時に膀胱炎・結石になり、獣医さん(ちなみにIBDの診断をしたのとは違う獣医さん)に勧められて水分をなるべく取れるようにということで療法食(c/d)に缶も併用するようになりました(ちなみに獣医さんにはc/dは腸の症状には逆効果と言われました。「実はこの子達、血便が」と言ったら獣医さんは「え”~~~!」と困っていました)。
ちびニャンsだけを隔離してc/dを食べさせようと思ったのですが、いつもの場所と違うと落ち着かないのか食べてくれません。仕方が無いので「えーい、全員おんなじもんを食べれ!」とみんなにc/dのカリカリ(朝出しておく)と缶(夜「はーい、ご馳走だよ」って出す)を食べさせることに(かなり乱暴)。
ウチはそれまでカリカリだけだったのですが、それからずっと療法食をやめた今も夜は缶詰を食べさせています。そこで気付いたのですが(こらこら)、缶詰を併用するようになってから、いつの間にか血便が治まったんです。
単に治るべくして治っただけなのかもしれませんが、血便対策はかなり研究していろいろ試したのにまったく効果が無かったので、缶詰効果かなと思っています。
長々と何が言いたいかといいますと、バンバンも缶詰の療法食を試してみたらどうかしら???ということなんです。
最近どこかで(ネコ雑誌かweb)「そもそもカリカリは不自然な食事」というのを読んで、療法食だろうが何だろうが「缶詰」が良かったのかと、なんとなく勝手に納得したんですよ(生肉療法などはそれをもっと自然に近づけたものだろうと解釈しています)。
Yさんもいろいろ研究していらっしゃるので、余計なお世話かと思いましたが、4ニャンのなんかわからん腸の不具合が治った証人として・・・。

バンバンベストショットの左下、ひょっとして、「あの」傘と写ってませんか???なんかうれしいかも。

投稿: J | 2006年4月28日 (金) 23時11分

おおお〜!Jさん待ってました〜!
そうです、左下は「あの」傘です!

それはもう嬉しかったので、ベスト写真には文句なく入賞でしたよん!(^^)そして今年度はwater fountainの入賞がかなり確実視されておりますです。

「4ニャンs腸の不具合克服ミラクルストーリー」(やや長めのタイトルですが ^^)も、一度じっく〜りお聴きしたいと思っていたので、こんなに詳しく書いて頂いて本当に嬉しいです!参考になりまくりです!

「カリカリ」の功罪については確かに各所で議論されているようですね(ままるねこさんのサイトしかり)。バンバンは以前から「缶詰」をあまり食べなかったりする人(ネコ)だったので、ついつい「カリカリ」専門で与えてきていましたが、この機会に「お腹にやさしい缶詰」療法を試してみる価値大ありかもです!

改めて、Jさん&4ニャン達の貴重な体験談、本当にありがとうございました!

☆ちなみに、4ニャンsお気に入りの缶詰ブランドなどありましたら、今度教えて頂けると助かります!

投稿: 飼い主Y | 2006年4月28日 (金) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あんこでBon Voyage! | トップページ | 盆暮れ正月 »